福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2011年 03月 ( 69 )   > この月の画像一覧

反省至極

中学校の時、理科の授業で電気を分かりやすい理解できるように、水にたとえて教えられましたね。水圧と電圧、水の流れと電流という具合に。

理解するために電気を水にたとえるまでは良かったですが、それが日常生活において電気を水と同じように使っていました。そして、気が付けば電化製品を揃え節操なく使い放ししてました。

国内発電量の半分は原子力。福島に原発あるのは知っていましたが、反対運動に参加したことないし、投票で意思表示したこともありません。
原子力は嫌ですが、今の快適な生活を失うのも嫌なので、結局、あるものはしょううがないと思い、その存在を無視し、国が推進しているのだから大丈夫だろうという他人任せの気持ちでいました。
今とても反省しています。
農業が人と環境に優しいだけではダメで、やはり、生活もそうでなければならず、昔の農村を見習い自給自足、ゼロエミッションの生活をもっと真面目に追求するべきでした。

原発問題が解決した後、喉もと過ぎれば何とやらにならないように、自分自身のライフスタイルを見直したいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-22 12:53 | 生活

対処方針

暫定規制値を越えた放射性物質が検出され農産物の出荷停止が相次ぎ、出荷自粛が行われるようになりました。
農家レベルでできる対応はしていきたいと思いますが、県単位で出荷できなくなる場合はお手上げですね。出荷できないと言う事は、農家にとって雇い止め、リストラされるようなものです。

適切に補償とすると言ってますが、一寸考えました。
タネを蒔いて収穫までに掛かる時間とエネルギーは膨大なものがあります。
それが出荷停止となり、すべて破棄となった場合は、それこそ資源の無駄遣いです。
また、それらを補償するとなると物凄い額です。福島県の農業算出は2,000億程度ですが、それを全て補償できるかどうか?(農業は生産だけでないので、関連部分を合わせると2,000億以上ですし)

で、考えたのが、出荷停止を見越して作付けを見合わせて貰い、農業できなくなった農家を災害復旧要員として雇用して被災地の復興に当らせ、出稼ぎできない高齢の方については、農地を保全するための作物の栽培や草刈り要員として雇用して地域の農地を守ってもらうような選択肢を作っておくのも良いのではないかなーと思いました。

お上はどんな策を考えているんだか。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-22 05:56 | 農業

日常を保つ

現在の私にはそれしかできないと思ってるので、今季の作をしっかり全うできるように頑張りたいと思います。

上の子供が実母の元へ帰ることが確実となったので、最後の親孝行をさせようと上京することにしました。親孝行もさることながら一時的に父親となった自分が生まれ育った赤羽を良く見せておきたいなーと勝手な想いなんですけどね。

まずは新潟の実家に預けてあるので見附を目指します。
先週新潟往復した時は、県外脱出を図る車列が多かったですが、今回は逆でした。いわき・福島ナンバーの車が数珠繋ぎとなって福島方面に走っています。こちら側の車線は寂しいものです。事態が良い方向に向かっていると判断された方が増えてきたのでしょうか。
見ていてとても安心感を覚えました。

マスコミでは県外脱出数が云々と言ってますが、戻る方々も確実にいるのも事実。
やはり、日常を保つことがベターかもしれません。
バカだと言われるかも知れませんが、変に不安がらず政府の情報を裏読みせず信じていこうと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-22 05:41 | 生活

生きる覚悟をせよ

マーラーの交響曲第2番。「復活」とも言われています。
マーラーらしい長大な曲です。演奏時間が長いこともあり(80分程度)なかなか取っ付きにくいのですが、震災前より、聴いて自分なりに理解を進めていました

表題は、最終楽章の歌詞の一部です(訳し方は色々あるので、表題の訳が正式かはわかりません)
キリスト教的な価値観の歌詞なので、難しいと感じてしまいますが、自分自身の事と思って聴くとジーンときます。

震災、原発を身近に感じ先行きの不安を感じますが、復活を謳う曲の歌詞が身に沁み、元気が出てきました。
くよくよしている場合ではないですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-21 06:31 | 生活
農作物の放射性物質の汚染に対して自分なりの自衛策を考えても県毎単位で出荷規制されてしまったらお手上げですね・・・。
当該記事です。
考え至りませんでした。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-21 05:50 | 農業

雨にも負けず

風評被害にも負けずでいきたいと思っています。
今年は、有機の認定圃場を増やす予定なので負けてはおれません。

とは言え、現実問題、各地で食品から暫定規制値を越える放射性物質が検出されているので、どう対応していくかは自分なりに考えておかないといけないですね。

原発問題が片付けば、とりあえず放射性物質の拡散はなくなるので、
まずは、農地と井戸の放射性物資による汚染の有無を確認することが手始めでしょうか。
その次として、生産物そのものについての汚染の有無。
こうなった以上、高精度のガイガーカウンターを購入して、自分で悉皆検査し、YOUTUBEで流そうかと思います。
風評被害がないように自分なりに広報に努めることは言うまでもありません。

原発はどうしようもない事ですが、何かあっても食料と水と燃料(薪・炭)があって自給していける農村の強みは何にも替えがたいものです。
今回、不自由を味わった都市住民の方々の一部でもその事に気がつき、農村、農業は大事だと思ってくれるならば、そういう方々と価値観を共有していけば風評被害は起きないと思いますので、しっかり伝えていこうと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-21 05:41 | 農業

早急な対策を

戸沢7区の総会がありました。
活動報告と新役員の選出等が行われ、現下の状況を踏まえ、総会後の懇親会は控え目に行われました。
懇親会での話題は当然、原発、震災関連。
燃料が手に入らない。
退避圏外の我々は何の補償も保護もされないから今後を考えると大変だ。
今年の作付けはできるのか?作っても風評被害で売れないのではないか?
等々のご意見が続出でした。
暑さ寒さも彼岸までで、彼岸過ぎると農業が段々に始まるので、通常の総会の懇親会では今季に向けた前向きな話題で持ちきりになるのですが、今回は不安な話ばかりでした。

農協の方の話だと、中通りの平場の中規模農家を中心に苗の注文のキャンセルが続出しているそうです。農地の被災と風評を心配してが理由とのこと。

地震で多くの農地が被災し、更に風評を心配して作らないとなると農業離れが一気に加速し、日本の食料生産が危ぶまれます。

風評を防ぐことは当たり前にしても、政府の買い上げを約束する等のはっきりした支援策を講じていかないと大変なことになるので、政府には迅速な対応をお願いしたいです。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-21 05:21 | 生活

パン尽くし

精米序でに近所を歩いてみました。
燃料不足なので車を余り見かけません。見かける車は、急加速・急ブレーキせずノロノロのエコドライブ。見ていてなかなか気持ちの良いものです。

伺った先でパンを頂きました。聞くと救援物資だそうです。
ボランティア等で避難所に出入りしていると、お礼か何かで渡されるそうです。
余り日持ちするものではないから先方も困ってしまうのでしょう。
折角の善意なので無駄にせず避難された方々、地域の方々で共有と言ったところですね。

用足しして家に戻るとパンが置いてありました。
お隣さんが、孫がボランティアに行って貰ってきて食べきれないからとのこと。
パン尽くし・・・。

ある所にあるものです。やはりマッチィングの問題ですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-20 12:51 | 生活

応急処置

安達太良を望む尾根の畑に行きました。
風当たりの強い畑なので麦の生長が今ひとつですが、着々と育っています。そして隣接する東向きの小さな畑では、消費者の方々と蒔いた小麦が順調に育っていました。ともに収穫が楽しみですが、その畑に、南北5mに渡り地割れしていました。深さは20cmはあるでしょうか。地震の強さを実感しました。

この地震を受け、家の前の小さな庭が前にずれ地割れしていました。
この家は山の斜面をL字に削った部分に建っています。裏山は竹薮なので崩れることはまずないですが、前面部分はブロックを当てているだけなので、今回の地震で一寸前にずれたようです。

屋敷の爺様に相談したところ、地割れ部分に土を入れて叩けば良いが、今は状況が状況だから春に皆で直そうとのこと。でも、雨が降ったら崩れる心配があるからシートで覆っておけと言われました。雨降って地固まるのではなく、崩れるそうです。

予報では夕方雨なので早速、ハウスビニール、ブルーシートをありったけ敷いておきました。その上に土嚢でも置くかと思ったら、この家には、家主さんが石屋勤めだったこともあり、石材がゴロゴロしています。こんな形で役に立とうとは。ありがとうございます。
どうか強い雨が降りませんように。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-20 11:10 | 生活
東和地域は、燃料が入手しにくい等問題はありますが、平穏は保たれています。
余震も日に数度ある状況ですが、落ち着いてきているような気がします。
後は原発ですね。

防災無線より、東和支所、戸沢住民センター、太田住民センター、木幡住民センターでの計測結果が定期的に放送されています。5マイクロシーベルト/時間程度の数値です。
この数値について評価する能力がないので、そんなものだろうと受け止めています。

防災無線の末尾に必ず、行政の情報を信じて「冷静な対応をお願いします」と付きます。
私が見る限り、東和地域の方々は秩序乱すことなく平穏を保っているのに、冷静でない対応とは何を指すのでしょうかね?
県外への脱出を指しているのでしょうか?
もしそうなら、脱出の必要がありませんとはっきり言って欲しいですね。


対応状況を伝えるだけでなく、解決に向けた段取りを明らかにして、今は、5合目です、これができれば8合目ですと言えば素人にも分かり易いのですが。
それがないから、もうダメで今は時間稼ぎをしているだけなんだという、まことしやかな情報が信じられてしまうのではないでしょうか?
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-20 10:48 | 生活