福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

農地・水・環境保全向上対策

戸沢7区保全会の役員会がありました。
桑曽根地区のU字溝敷設工事(100m自力施工)と総会の準備についてが議題です。

年間80万円ほど交付を受け、地域の農地や環境を保全するための活動をしており、次世代へ農業用施設を残すことを最重要課題とし、土側溝水路へU字溝を入れたり、農道を補修したりしています。
役員のほとんどは50代半ば。農地や農業への並々ならぬ愛着を持たれていて、勤めながら休日は田んぼ作業が当たり前の方々です。
私だと儲からない田んぼにこれ程までの愛情を注げないので、役員の皆様に頭が下がると共に、農耕で生きてきた大和民族の真髄を感じ見習いたいと常々思っております。

さて、この農地・水・環境保全向上対策ですが、19~23年度の5ヵ年で取り組むはずだったのですが、ここにきて、23年度からは装いを新たにして農地・水保全管理支払交付金(H23~27年度)と形を替えるようです。
先日触れたように、環境の部分は、組み替えで有機農業等に取り組む農家へ直接、面積割りで交付され、残った部分でハードを維持せよとの趣旨らしいです。

役員の方々へ状況を説明し、新たな事業に備え、引き続き役員職を果たす覚悟を持つようにお願いしておきました。やはり、農地等は公共の財産です。荒らす訳にはいきません。一丸となって保全する方向で行きたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-10 00:52 | 農業