福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

昨年の暮れのこと

この辺りでは、冷え込み、霜が強いので露路ものは12月上旬まで獲れれば良いと思っていましたが、昨年に続き今年も今現在でもダイコンが収穫できています。こうなると往生際悪くギリギリまで作業しようとします。
昨年もそうで、30日に出荷を終え、休む間もなく新潟へ帰省。
普通に飲んで寝ていたのですが、トイレに行く夢に操られ・・・気が付けば2階の窓を乗り越えそのまま下へ転落。運良く足から落ちたので頭を打つことなく30針程度で済みました。
暫くの間、娘より「父ちゃんが屋根から落っこちた♪」と囃し立てられる始末。

医者いらずの人生だったですが、その時は、内臓損傷の可能性ありと年末年始の10日間入院生活を送りました。(当然断酒!)
義父がネットに繋ぐ道具を貸してくれたので、前年の経営分析と情報収集に充てることができ、屈辱ながらも得るものが多かった入院生活でしたが、流石に今年も同じではダメ人間なので、無理せずに過ごしたいと思います。

それにしてもあれから一年が経ちますが、自分自身に質的な成長を感じられないのは、年を取り、萎縮するばかりなのでしょうかね? 加齢に抗いもうひと踏ん張りしたいところです。



[PR]
# by sekikonko88 | 2016-12-27 00:31 | 生活 | Comments(0)

ウルトラマンレオ

レオ、レオ、レオ、レオ燃えろレオ燃えろよう~。
何処で覚えたのか子供たちが歌ってます。

「燃えたら焼け死んじゃうよね~」と突っ込んだら、長女(来年小学生の6歳)が、「本当に燃えるってことじゃなくて、本気で一生懸命するってことだよ」と冷静に諭され、大人になったなーと感銘を受けました。
歌につられて次男(3歳)が「レオー!」と変身し、父ちゃん怪獣に向かってきます。
チョップ、パンチ、ローキック・・・結構堪えるのですが、極め付けはフライングボディ・プレス。
小さいながら体重が14kgもあるので、ダメージ大きいですが成長を実感します。

長女、次男とも順調に成長しているようで何よりです。
親として今後が楽しみですね。



[PR]
# by sekikonko88 | 2016-12-19 23:29 | 生活 | Comments(0)
前職の時、上司が当時官房長官をされていた現首相に伺いを立てに行ったところ、一蹴され帰ってきました。アベボンめ~と苦笑いの上司。
ナメられたくないと考えているのか、役人の提案に必ず難癖つけるいたようです。
折角積み上げたことなのだから、然るべく理由・対案を示して欲しいところですが、何も分からず、私も吊られてアベボンめ~となってしまいます。

時を経て、あの方が首相とはねぇ・・・。しかも2回目。
上のような経験や、ラジオで聞く、誠意が感じられない話しぶりを踏まえると、ま、何とかミクスってやらの本当のところは相当怪しいものとだと分かろうものですね。

地方へアベノミクスの果実をお届けする!やら、農家所得の倍増!なんて根拠のないことを言い連ねる姿に正直不安を覚えます。今回の演説で農家所得倍増って文言ないですしね。
昨今の景況をアベノミクスで総括して良いのやら・・・今までの施策の結果でしょうに。

畑に這いつくばって、1袋100円程度の有機農産物を地道に売っている者としては、浮ついたマネーゲームで楽して稼ぎたい方々は、健全さを忘れてるのだろうと思います。
実態経済はどうでしょうか?世の風は必ずしも順風満帆ではないはず。それを一部の良い数字を取り出して、成功が如く宣う、あの方は、所詮、ボンボン(だからアベボン)。

ま、とはいえ、国民に選択の結果、あの地位にいらっしゃるのだから、日本がそういうことを望んでいるのだから良しとすべきなのでしょうね。

そんなことに振り回されず、間違いのない確かなライフスタイルを作ることこそが、次世代への責任ですね。アベボンのご発言を伺いそう再確認しました。




[PR]
# by sekikonko88 | 2016-09-28 22:27 | 生活 | Comments(0)

耕作放棄地の解消?

国内の耕作放棄地は、埼玉県の面積に相当する38.6万haとなっているそうです。
私が住んでいる中山間地域のみならず、関東平野辺りでも見かけます。
一説に、国内消費される食料を生産するためには、1,500万haの農地が必要(国内農地は約500万ha)と言われていますので、耕作放棄地の解消は大切なことと考えられます。
ただ、この算出には、家畜の飼料を生産することも入れられますので、予算獲得のための疑わしい面もありますね。実際は、コストや物流の問題で国内生産と輸入の組み合わせが現実的な施策だと思います。

国が予算消化のためもあって、耕作放棄解消の旗を振れども、国内農業生産の高コスト構造、農家ばかりにしわ寄せが行く構造の中、人口が減少に転じていることから、無理して開墾しても農家は報われない気がします。
しかも、当地のような耕作放棄地の場合、平野部と違い、機械のアクセス、水の便、日当たりが悪いなど放棄されるべくして放棄されていることがありますので、耕作放棄地の解消が一律に良いとは言えないです。

折角、公金と注ぎ込むのですから、まずは、優良農地の放棄地化を防ぐこと、できる限り集約化すること、そして、そこへやる気ある農家を貼り付けることを中心にし、それでも足りない時に、条件の悪い放棄地に手をつけるようにした方が、政策としての効果が高いと思っています。

近所でも、放棄地解消して、やはり条件が悪いから放棄されている事例は多々ありますしね・・・。

農業の衰退は土地条件が悪いとはで起きるのではなく、儲かる仕組みがないことを、りっかりと理解すべきだと思います。

役所の方々は、予算を消化し、放棄地解消○○haと言えれば、それで良いのでしょうが、その後のフォローをし、しっかりと効果を検証し、より効果のある施策として欲しいところです。

当地に来て10年目。優良農地の放棄が進んでいることを実感しますので、何かしら手を打って、次の世代に託せるようにしたいと思います。

[PR]
# by sekikonko88 | 2016-09-05 23:46 | 農業 | Comments(0)

G.mahler No10

マーラーは長大な交響曲で知られる作曲家ですね。
通信簿で音楽は1か2の私は、正直なところ音楽の専門的な事は分かりませんので、音楽については、感覚・直感で好き嫌いを判断しています。
マーラーの音楽は、人間の存在・生きるということを、旋律、楽器により上手く表現し、独特な世界観を作り出しているのでとても好きです。バッハやモーツアルト等も偉大なのでしょうが、未だに私は共感できずにいます。
マーラーも年相応(?)に様々な交響曲を作っていて、自分自身の様々な心境に応じて聞き分けることがきます。
現時点で、9番がこの世の中の音楽で一番だと思っていますが、最近は、10番の存在感が増してきました。インバルのせいですね。
彼のインタビューを聞いていて、10番の占める位置が良く分かりました。
9番の、人生・自分の存在と真摯に向き合う真剣勝負的な雰囲気から一転して、どこか他人事のような、鳥瞰的な雰囲気の曲になっているのが引っ掛かってダメでしたが、インバルの解釈を聞き、全てが晴れ渡り、理解し受け入れられるようになりました。俗世と決別し、自分と決別し、なおあり続けるもの・・・。人間存在の総決算。最終楽章の最後に全てが凝縮されていますね。様々な指揮者のものを聞きましたが、インバル指揮のものが秀でています。

生きるとは、その時その時が真剣勝負。そして執着せず潔く消えること。
自分は、日々真剣に生きているか?自分の使命を果たしているのか?
マーラーの曲を聴くに能う人間か?
マーラーの曲を聴きながら自分を奮い立たせ、反省し・・・素晴らしい作曲家ですね。



[PR]
# by sekikonko88 | 2016-05-30 00:45 | 生活 | Comments(0)