福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

しぶとく生きること。

田舎にいても景気の悪さを感じるようになりました。
福島県は、雇い止めの数が、全国で3位、東北で1位だとか。

福島県は、自動車関係を始め、工場が沢山進出していることから、
近所でも勤めに出ている方がいらっしゃいます。
明らかに農業より稼げるので当然ですね・・・。

ところが、今回、
経済失速の影響をモロ受けてしまったようです。
実際、雇用の継続がなくなった方の他、
社員にあっては、週3日出勤とか、1週間出て1週間休むような勤務形態に
なっている会社が出ているようです。

さて、どうなることやら。
必要ないものは売れないのだから諦めるしかないのか、
消費を刺激すべきなのか。経済のこと分からないので検討がつきません。

ただ、田舎に住むものとしては、
自給を基本据えて、外部経済への依存を最小にするよう心がけていきつつ、
モノと労働を動かして金を動かさないように心がけたいと思います。

それでは経済が活性化しないと叱られそうですが、
農村・大地を守ってきた農民のしぶとさの源はそこにこそあると思うので、
頑張っていきたいと思います。
[PR]
# by sekikonko88 | 2009-03-03 19:06 | 生活 | Comments(0)

もうすぐ春ですね~♪

先日テレビ番組で、キャンディーズのあの歌が放送されていました。
当時、小学3年生だった私ですが、とても懐かしく思い、思わずお酒が進みました。

歌はさておき、我が家の山を歩いていると
フキノトウを発見しました。

早速、摘み取り
フキミソで頂きました。
この苦味独特で美味しいですね。

春は、山菜の苦味を摂って、
寝ている冬の体を目覚めさせる
んだそうです。

自然は上手くできていますね。
私も、今日から目覚めて、春からの農業に向けて準備開始です。
[PR]
# by sekikonko88 | 2009-03-01 20:17 | 生活 | Comments(0)

奇特な友人

借金の話です。

先日、10年以上会っていない友人より電話があり、
昔、借りた借金返すと連絡がありました。

話を聞くと、確かに貸したような気がしますが、
記憶が定かでありません。
そもそも、お貸ししたのが10年以上も前の事なので、
時効が成立しているので返済の義務はないはず・・・。

でも、友人は、気にはなっていて何時か返そうと
思っていたとのこと。
そういうことなら、断るのも何だから受け取ることにしました。

後日、書留が着いてビックリ。
額が一寸大き過ぎじゃないんかい?。
でも、本人はそれで間違いないとのこと。

突っ返すのも友人の気持ちを害するし、
かと言って、覚えがないものを自分のものにするのも何だし・・・・。
真っ直ぐな友人の気持ちに沿った
スッキリする解決方法を見つけたいと思います。

それにしても、友人の立派な行動に感銘を受けました。
私も真実一路で行きたいと思いました。
[PR]
# by sekikonko88 | 2009-02-25 18:48 | 生活 | Comments(0)

山の神講

昔で言う「5人組」を今は「屋敷」と言い、
「屋敷」が幾つか集まって「行政区」となります。
行政区は、都会で言えば町内会みたいなものでしょうか。

私が住む「屋敷」は7軒で構成さています。
田舎暮らしでは、屋敷付き合いが重要です。
新参者の私にとって、屋敷の方々から教わることは多いし、
色々な面で助けて頂いております。

当屋敷には、古くからの慣わしで
2月、11月に「山ノ神講」
5月に「八十八夜」
が行われます。

山ノ神講は、
百姓仕事(山仕事)の安全を祈願するもので、
この地域では、飯館村にある「山津見神社」を
祭って行います。

先日も2月分が開催されました。
昔は、1日半掛けて色々な行事したそうですが、
今は、夜集まって男衆で酒を飲むだけです。
田舎では何かと飲む機会多いのですが、
屋敷だけで集まって飲むのはこの時だけなので、
近況の他、昔の話を色々と聞くことができて楽しいです。

因みに、山ノ神講は男だけの行事で、
女性が参加するのは、八十八夜のみとなっています。
何故かは今度聞いてみます。
[PR]
# by sekikonko88 | 2009-02-24 19:23 | 生活 | Comments(0)
先日、標記イベントがビックパレットでありました。
この手のイベントには、なかなか行く機会少ないのですが、
妻が、地球温暖化防止活動推進員ということもあり、参加しました。

内容は、
第1部<講演会>で、NGOの方のお話。
第2部<分科会>で、福島県版のフードマイレージの体験でした。

マイレージと言えば、貯めて何ぼですが、
フードの場合は、環境負荷を高めることなので、より少なくすることが求められます。

晩御飯のメニューを決め、食材毎に記されているマイレージを積み上げて算出します。
(産地から消費地までに排出されるCO2の量が出ます)
ここで少なく算出できて安心していると・・・、
買い物に行くときの店と交通手段で、更に排出量が加算されるので、
逆転劇が起こることがあります。
特に、郊外のショッピングセンター+自動車は強力です!。

食においても環境を意識するキッカケとしては良いゲームだと思いました。
しかしながら、トラックで来る国産野菜と、船便で来る輸入野菜では、
輸入物の方がCO2排出が少ないとなっていて、
「輸入品買えってか」と思ってしまったり、
生産方法(露地やハウス)や旬が考慮されてなかったりと
まだまだ、改良の余地はあるなーと思いました。

当家の場合は、食材を買いに行くことはほとんどなく、
自宅で取れた食材、近所から頂いた食材で、毎日同じようなものを食べているので
ゲームをしながら、写真を見て、あ~旨そうなイカだな~、旨そうな肉だな~
と煩悩だらけの私の頭の中は邪念で一杯でした。反省至極。
[PR]
# by sekikonko88 | 2009-02-23 18:51 | 生活 | Comments(0)