福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

親子の問答

我が家には先代より残された鷲の鉄製の置物がありました。
捨てるにはデカいし・・・と思っていたら、ワイナリー社長が数年前我が家を来訪の折、おもむろにブドウの支柱の端に載せてから、以来、ブドウの守り神となっています。
ただ、風が抜けるところなので、偶に、外れて下に落ちてしまいます。
e0168764_23390494.jpg
先日、落ちた鷲の置物を見つけた娘が、可哀想にと拾い上げ屋根の下に安置し、ムシロを掛け、口の近くにドングリと水を置いて「元気になってね」と言っていました。童話の親指姫のようですね。何と優しい純粋な心でしょう。

翌朝、鷲の置物をそっと所定の位置に戻しておきました。
登園(とうわ子供園)の折、鷲の置物を発見した我が娘(6歳)に、助けてあげたから治って元の所へ戻ったのでは?と言うと、
父ちゃんが新聞を取りに行った時に戻したんでしょう。鉄の鷲(当人はカラスと言っていますが)が自分で動くはずないもん!と冷めたリアクション。

「おもちゃの兵隊は夜動くんだよね。ミナが寝ている間に動いたんじゃないの?」と言ったら、
「そっか!」と凄く納得し、満足顔。

子供と言うのは、現実と空想の区別なく、それらを自由に行き来しているのですね。改めて感銘を受けました。




[PR]
# by sekikonko88 | 2017-04-02 23:43 | 生活 | Comments(0)

人は何で生きるのか?

ドッキリするタイトルですね。
中学生の頃、直観的に閃き、未だに明確な答えを出せずにいます。

それはさておき、本件はトルストイのものです。
6歳の長女には、絵本を卒業させトルストイの民話集を読み聞かせています。

情景を思い浮かべるようにと教えつつ、意訳、超訳しながら、分かり易いように読み聞かせていますが、いつも「分からない」と言われてしまいます。しかしながら、熱心に聞いていて、内容も覚えているので、実は理解しているのだろうなと勝手に読み進めています。

娘より「魂」って何?と聞かれ戸惑ってしまいました。
さて、何と答えようか。輪廻転生する主体だよなんていい加減なことを言えず、
外部からの刺激に反応する心と体があって、これは自分自身が認識できるもので、魂とは、普段は認識できない、もっと深いところにあるものだよと言っておきました。(実際はもっと簡単な言葉で言いましたが)
ふーんと何か思い当たるのか、何時ものように何で何でと聞き返してきませんでした。

それにしても、日々の雑事流され、本質的な問いへの回答を先延ばししている自分を反省しました。
しっかりと自分自身を見つめていきたいと思います。


[PR]
# by sekikonko88 | 2017-03-27 21:37 | 生活 | Comments(0)
近隣で多発する有害鳥獣被害。電気柵等の自衛手段の他、実施隊の方々による駆除が行われています。
その様な厳しい状況の中、自存自衛を賭け私も狩猟に携わろうと思い試験を受けることにしました。
丁度、2月は、狩猟免許試験(わな猟、第一種銃猟)と猟銃等講習会(初心者講習会)との両方が実施されることとなっていたので、折角のチャンスと思い両方受験しました。運良く両方とも受かることができました。
しかしながら、試験を受けるのは何十年振りだったこともあり、試験の前日には、ミスをして落第する夢を見たりします。
高校受験や大学受験に望む学生達も大変なんだなと改め思いました。

狩猟免許試験を受験する場合は、試験前に猟友会が実施する講習会に参加することをお勧めします。
現場での経験がないものにとって、分かり易い説明、解説がとても役に立ちます。ほとんどの方が合格されていました。

猟銃等講習会は、雪のちらつく寒い日に国体記念体育館で開催されました。
午前(法律関係)午後(銃の操作関係)に講義を受けた後に、筆記試験となります。
こちらは、事前に講習会もなく、事前独習と同日の講習のみで決まるので、今回の試験では、合格率は50%程度でした。
アメリカと違って日本は、刀狩りする程の国ですから、やはり銃を所持することに関して厳しさと責任の重さを実感しますね。

狩猟免許は取れば終わり(猟期前に登録は必要)ですが、猟銃の方は、次は、射撃教習(全然当たらない人はダメだそうで・・・)を経て、所持となるので、暫く時間が掛かります。
特別な理由がないので、まず所持できるのは猟銃(散弾銃)となります。10年経てばライフルの所持も可能となりますが、その頃まで元気なのかどうか。

それはさておき、当面は筆記試験を受ける必要がないので気持ちが楽ですが、考えてみれば公募型の補助事業の申請等は、試験のように回答がある訳でなく、合格基準があるようでない世界なので、実は、筆記試験の方がストレスなく良いものかも知れないと心密かに思っていたりします。


[PR]
# by sekikonko88 | 2017-03-21 00:07 | 生活 | Comments(0)
地方創生ということで、各自治体において似たような組織が立ち上げられ、様々な戦略が練られています。
国の旗振りの下、様々な計画を立て、頂けるお金は頂いて何でもチャレンジするのは良い事だと思います。

しかしながら、これまでの国主導の地域活性化の取り組みの結果が現在であると認識するなら、国の旗振りに従うだけなら、これまでと同じ結果になることは目に見えてますね。それとは別に、地方、地域の中に大小問わず自律的な経済の仕組みを持つことが、今後の地方の発展のために必要だと考えております。
そうでないと、中央からの補助金、助成金、仕組み的配慮(ふるさと納税もそうですね)がなくなれば終わりという代物になってしまいます。会議の場でお伝えしましたが、意を汲んで頂けますでしょうか?

そんな心配を持ちつつ、資料を拝見しましたら、「(4)農業の振興と経営の安定化」という中で、「有機農業・エコ農業の推進など中山間地域等における・・・」という記述がありました。エコ農業という概念は如何なるものか不明ですが、「有機農業」の文言まで踏み込むのは立派。(ま、県がそうですからね)安心しました。

とは言え、「農業の振興と経営の安定化」とは裏腹に、子供2人抱えて農業に勤しむ新規就農者のK林夫妻は、来季、東和子供園への入園を断られ、経営規模の縮小をするとのことです。
「東和は農業する人に厳しいところだ」と残念がってました。流石に、上品な彼なので「二本松死ね!」とは言いませんが、爺婆のいない夫婦の子供を受け入れないとは農業するなと言う事ですよね。
言っていることとやっている事が違い過ぎる・・・。

立派な戦略や計画があっても、それを動かす人間が育っていず、情報が共有されていなければ、何の意味もないことですね。まずは、些細なことですが、そういったことを積み上げていくことも重要だと思います。



[PR]
# by sekikonko88 | 2017-02-13 23:17 | 農業 | Comments(0)

狩猟免許試験

10年前、定住してきた時は、有害鳥獣の被害は限定的でしたが、今では自宅周辺でも普通にイノシシが目撃され、田んぼが荒らされる等の被害が続出するようになりました。
山の向こうの山木屋地区で営農されておらず食べ物がないからだと言われていますが、兎に角ひどい状況です。この冬は、罠に掛かったイノシシを既に3頭頂いたますし。

そんなことから、自存自衛のため私も狩猟免許(2月5日試験)と猟銃所持許可(2月19日考査)を取ることにしました。狩猟免許については、猟友会主催の狩猟講習会が事前にあり、懇切丁寧な指導により受講者の99%は本試験を合格します。

とは言え、試験は試験なので、狩猟読本と例題集を数日前から勉強しだしました。
法律は簡単ですが、動物の判別がやはり難しいですね。

試験なんて何十年振りなので、当日の朝は、何とも言えない緊張感。
(と言いつつ、前夜はゆんたで酒飲みで朝帰り。激しい頭痛・・・。)

落とす試験ではないので淡々と回答するだけで終了。
次は、いよいよ本丸の猟銃です。

経験者が、いい加減な勉強では落ちるよとアドバイスしてくれたので頑張ろうと思います。

[PR]
# by sekikonko88 | 2017-02-09 21:50 | 農業 | Comments(0)