福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

意識を変えること

農協への出荷は、出荷伝票を添えて指定の集荷所に持って行くことなっています。
道の駅のような直売所への出荷は、納品時バーコードラベルを印刷・貼付し陳列することとなっています。
そして、両方共、売れた分が手数料引かれて口座に入金される仕組みになっています。
(直売所の場合は、売れ残りは翌日自主回収しなければならないそうです)

首都圏への販売がダメになったことを受け、昨年来、地元へ軸足を移し、地スーパーチェーン様等とのお付き合いが始まりました。
この手の方々は納品と請求は別物で、月末締めで「請求書」を作成・送付し、入金頂くシステムになっています。

通常はこれが普通なのでしょうが、農家としては驚きですし、手間が増えて面倒と思いました。
しかしながら、作りっ放し農業はダメで、売り方・売り先を意識することが重要と思っている者としては、ブツに限らず、金銭の遣り取りも同様なのだと気づかされました。
出荷して終わりでなく、責任もって、先方へ請求すること(回収)の重要さを実感しています。
(農家って、出荷してお仕舞いと思っている方多いです)

農家も経営センスを持つべきと良く言われますが、それは感覚的なこと、数字上のことだけでなく、様々なお作法を通じても培われるのだろうと思っています。

[PR]
by sekikonko88 | 2015-11-29 06:36 | 農業 | Comments(0)

昭和の由来

先日参加した産業労使秋祭り。お誘いを受け毎年出展しています。
恒例の鏡開きがあり清酒が振舞われます。日本盛の樽です。
e0168764_22411275.jpg
「百姓昭明協和萬邦」なる能書きが書いてあります。(月桂冠のHPによると「うた」というそうです)
大抵、清酒の樽には、「芳醇無比」とか「名聲布四海」なる自画自賛的な言葉があるので、珍しいですね。

調べてみると、とても深い意味がありました。
詳しくは下のリンクをどうぞ。昭和の元号の元になったとは。
http://fukushima-net.com/sites/meigen/478
とても良いお言葉です。
感銘を受けましたが、日本盛は大手なので積極的には飲みませんです。
申し訳ありません。


[PR]
by sekikonko88 | 2015-11-16 23:06 | 農業 | Comments(0)

師匠のお言葉

東和地区入植に当っては、地元の名士であるO野さんのお世話になりました。
役場時代、シーズン中は、米、野菜、オフシーズン中は、里山に入り、原木シイタケ栽培という
環境を活かした営農スタイルに感銘を受けたものです。
(東和の方々は山仕事が好きな方多いので、シーズン、オフシーズンは逆なのかも知れません)
影響、恩義共に受け、他の方にお話する時は、「師匠」と敬称しています。

以前、とあるツアーの受け入れが東和地区であり、参加者と地元住民との意見交換会がありました。
その場で、師匠が、「農業が大事だと言っている方々の多くが、農業・農村の事を理解せず、共有せずに言ってるんだ」と
仰いました。(ご発言を100%覚えている訳でないので、私に聞こえた言葉を再現)
温和な師匠にしては珍しく、痛烈で批判的なお言葉です。
どういう経緯で、このようなお言葉を発したか分かりませんが、私は、至極当然のことと思いました。

現場にいない方々が、農業・農村の再生やら復興やらと、イメージで語ったり、情に訴えたり、逆にそれに共感する例を良くみます。
関心を持って頂けることは有り難いですが、真実が見えていないのは残念な限りです。

こういうギャップというのは、どの分野でも多かれ少なかれあるもので、なかなか埋まらないものですけどね。
私自身も気を付けねばなりません。

[PR]
by sekikonko88 | 2015-11-16 22:37 | 農業 | Comments(0)