福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イノシシ被害

この辺りではイノシシの被害が増加しています。
収穫間際のカボチャ、トウモロコシ、ジャガイモ等を喰い尽くし、田んぼに入って泥遊びをして稲を倒してしまうなど、営農を継続する気力を奪ってしまいます。
近隣では、田畑に電気柵を巡らし侵入を防いでいますので、当園近所でも目撃、被害情報が多発しています。
有害鳥獣駆除隊が出動していますが、高齢化で十分な数が確保できておらず、増殖するイノシシに対応できていないのが実情です。

先日、知り合いの方がイノシシを仕留めました。山中を数キロ追跡し、2発で仕留めたとのこと。
e0168764_06521672.jpg
一発目は肩をかすめ二発目が致命傷。写真は体内から取り出された弾ですが、散弾では弾かれるので、ライフルドスラッグ弾を使います。
解体中、体内より、仕留めた本人が知らない散弾が出てきました。
体表のゴワゴワした毛とその下の分厚皮と脂肪があるので、散弾ではダメなのでしょうね。

電気柵で「自分」の領土を守るだけではダメなので、積極的な駆除に打って出るべきですが、猟銃の新規免許はほとんど交付されず、自衛隊の出動もダメな状況ですので、中山間地域農業は、踏んだ蹴ったりです。
里山の再生なくして中山間地域農業の再生なしなのですが、対策は先送りされるばかり。
10年後どうなるかは明白です。


[PR]
by sekikonko88 | 2015-01-29 07:04 | 農業 | Comments(0)

山の資源(イノシシ)

中山間地域は、平らな所少なく、交通の便も悪く、農業をするにも、生活するにも条件が良くない所とされています。条件不利地なんても言われていますし。
高い山がある訳でなし、大きな川がある訳でなし、観光名所がある訳でなし・・・中山間地域の中は、中途半端の中とも言えなくもないですが、住んでみると中庸の中なんだと思っています。

中山間地域にある里山は資源の宝庫です。
古老に尋ねると、先人が如何に里山を有効に活かしていたかが分かります。
私も、山の落葉・腐葉土、カヤ等を集め農業に活かしていますし、山菜、柿の類も頂いています。

狩猟免許を持っていない私が手が出せない資源と言えば、イノシシですね。
現在、摂取自粛となっているイノシシですが、近隣での耕作が放棄されていることもあり増殖中で、農産物への被害は甚大です。

先日、近所で撃たれたイノシシが手に入りました。
技術継承のため(それ以上に美味しいため)に解体作業を習いました。
100kgの大物です。寒さ厳しいこの時期はとても美味しいそうです。
解体終了後、試食。火を囲んで肉を食べるといのは、太古の記憶が呼び覚まされるのか何とも良い感じです。
e0168764_06032086.jpg
解体写真はショッキングなので掲載しません。
綺麗に解体できました。
禁断の果実?自然の恵み?言いようは様々ですね。
とは言え、ビニールに類を野焼きしているような人が、放射能おっねーから食べね・・・という
感覚には少々理解しがたいところがあります。




[PR]
by sekikonko88 | 2015-01-29 06:08 | 農業 | Comments(0)

心ならずも

人に雇われず人を雇わず人に煩わされず、全てを自給自足して物に煩わされず自由闊達に生きること・・・。憧れの生き方ですね。
憧れを持ちつつ、中々そうならないのが現実です。

震災以後、ノリでワイン製造の会社を設立し、成り行きで、業務や人様を監督する役割を担うことになってしまっています。

事業計画の策定、補助事業の段取り、果ては給与・労務管理まで、興味のないことでも作業せねばなりません。また、自主性、人様の能力を尊重しているので、指示を出したり、口出しをしたくないタチですが、思い通り人様が動き、事が進むわけでないので、言いたくないことも言わねばなりません。

新しい事に向き合い、人様の中で働くことは、様々な学びがあり、とても楽しいですが、本丸ではないな・・・と覚めた目で見ています。

心ならずも、このような状況におかれていますが、これも何かのご縁。まずは、課せられた役割と思って本業の傍らにはなりますが、しっかりしていきたいと思います。

(農家は定年はないですが)定年後ですかね?自由に生きられるのは。
ならば、自由に生きることは無理でも、少なくとも状況に応じて自在に生きられるようにしたいものですね。
頑張ろう福島!


[PR]
by sekikonko88 | 2015-01-19 00:00 | 生活 | Comments(0)
阪神淡路大震災から20年とのこと。
20年と言えば遠い昔の事のようですが、記憶としては鮮明に残っています。

あの時は、協力隊平成6年3次隊の隊員候補生として駒ヶ根訓練所にいました。
1~3月の厳冬期の入所ですが、6時のジョギングの免除はなしで、起きようとした時に揺れを感じました。お勤めを終え食堂に行ってビックリ。
黒煙が上がる街、倒壊しているビルや高速道路・・・、まるで映画のような映像がテレビで放映されていました。
日課の合間に情報が少しずつ入ってきて事の大きさを実感しました。候補生の中には出身者もいますし、そもそも協力隊を志願するような人達なのでいてもたってもいられない雰囲気でした。
訓練を中止して現地にボランティアに行くべきだと主張する者まで現れました。(結局、行くなら候補生を辞して行けと言われ実現しませんでしたが)
被災地でないに拘わらず、何とも言えない緊迫感だったのを覚えています。
(あの年は、3月にサリン事件があるなど世相が暗かったですね)

あれから20年ですね。大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、大震災の事をしっかりと心に刻みたいと思います。
そして、自分達もしっかりと立ち直って行きたいと思います。


私にとって、あの年は人生の大きな転換点だったと思います。
その時の選択が良かったか悪かったか・・・。
歴史に「もし」があるわけでなく、今こうして生きているのだから、良い選択だったのど思っています。

[PR]
by sekikonko88 | 2015-01-18 11:24 | 生活 | Comments(0)

正しいのはどちら?

風刺、批評された位で人様の命を奪うとは、狂気の沙汰としか言い様がありません。
言いたいこと、主張をぶつけ合ってこそ、社会は発展するというもの。
寛容さを失った人間、組織に未来はありませんね。
宗教とはそもそも寛容なものなのではないでしょうか?

頭に来つつニュースを見ていたら、現場の映像が流れてきました。
人々が「Je suis charlie」と書かれたボードを持って立っていて、「私はcharlie」と字幕が出ていました。

この場合、suisはetre(英語のbe)の活用と捉え(私はcharlie)るのではなく、suivre(英語のfollow等)の活用と捉え「私はcharlieに添う」と訳するのではないかな・・・?と思いました。
協力隊員としてテュニジアにいた程度のサバイバルフレンチスピーカーでは良く分かりません。
さて、正しいのはどちら?

同日午後、保育園に行っていた下の子が高熱(39度)を出し、お迎え。
診察の結果、A型インフルエンザ。
早速、タミフルを処方されました。子供の異常行動が報告されている薬ですね。
心配ですが医者と子供の治癒力を信じて飲ませています。
さて、正しいのはどちら?

無知故に正しい答えを見出せないとは辛いところです。

※子供は翌朝には熱が下がり、絶好調で遊びまわっています。昨日のことがウソのようです。
本当にインフルエンザだったか?まさか検査ミスか?
正しいのはどちら?



[PR]
by sekikonko88 | 2015-01-10 12:47 | 生活 | Comments(0)
あけましておめでとうござます。
本年も引き続き宜しくお願いします。

年末年始と言えば帰省ラッシュですね。
当家では、年末にヨメの実家、年始に私の実家へ帰省します。
新潟方面は磐越なのでまず渋滞はなく、東京についてもUターンラッシュを避ければ渋滞に巻き込まれることありません。実家が東京で地方に住んでいると、高速では大抵、反対車線の渋滞を横目に見ながら走ることになります。一極集中を実感します。
それはさておき、新年早々東京へ帰省しました。
帰省してもすることないので、1泊2日で早々に引き上げるのですが。
帰省の折、娘の希望は赤羽公園です。
私も小さい頃ウロウロしていました。当時は、植え込みや茂みがあったり、塔があったりと身を潜めて遊ぶ所多く、子供心くすぐられましたが、子供絡みの犯罪が多い昨今、危険な死角はなくさねばならず、植え込みや茂みは一層され、塔は封鎖されとスッキリしてしまいました。

娘のお気に入りはキリンの滑り台。初めての時は怖くて滑れなかったですが、段々に慣れ、今では弟を引き連れ勇ましく滑っています。
e0168764_06361219.jpg
時計台の裏手には赤羽プールがあったのですが、今は更地になっていました。
昔、公園に屋台のおでん屋さんがいて、プール上がりに一杯引っ掛けて(当然ジュースとおでんです)いたのですけどね。
どこからか良いにおいがしてきて、さて一杯!と周りを見回しましたが、屋台は発見できず。近所の住宅からでしたか・・・残念。
e0168764_06361703.jpg




[PR]
by sekikonko88 | 2015-01-08 07:00 | 生活 | Comments(0)