福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベネッセ

情報流出で大変な状態ですね。当家でもお世話になっています。
でも、話はそのことではありません。

娘と2人で、昔話で盛り上がっていました。
「父ちゃんの小さい時は、プリキュアなかったの?」、「ドラえもんあった?サザエさんは・・・・・」質問がどんどん出てきます。昔の番組の映像をyoutubeで見せると興味津々、じっくり見ています。
ただ、テレビや、映像は長く見せたくないので、消そうとしたら、「ベネッセしないで」と言われました?

ベネッセ??。情報漏えいじゃないよな・・・・。
良く聞いてみると、ベネッセの付録DVDの最後に、シマジロウが「ベネッセ」と言ってとのこと。なるほど。子供は凄いと思うと共に、刷り込まれているんじゃないのか?と心配になります。

子供には、違うよとも言えず、こちらも、もうベネッセだよと言うようにしています。
もう少し大きくなったら正しいことを伝えたいと思います。


[PR]
by sekikonko88 | 2014-07-13 21:54 | 生活 | Comments(0)

今年の麦は・・・

夏野菜が始まると忙しい日々が続きます。
古い話ですが、書きかけのブログを見つけましたので、加筆しアップいたします。

6月末、とある勉強会があり上京しました。その帰りの電車で、車窓より田園地帯を眺めていると麦を刈っているコンバインが散見されました。
関東ならは、5月下旬から6月上旬が収穫期と認識していたので、非常に意外な光景でした。麦の様子も決して良いとは言えない感じです(白っぽいです)。
共済新聞では、梅雨の雨により麦が大きな被害を受けたと報じていました。酷いところでは、例年の1割なのだとか。

私の近所でも、雨の影響で小麦の収穫ができずにいました。
麦の刈り取りが遅れると、茶色が抜けて白っぽい感じとなり、雨に当ろうものなら、近くで見ると黒ずんでいます。
日本の高温多湿、多雨な気候だと、麦の収穫のタイミングは本当に難しいと何時も実感しています。

当園では、今年は大麦栽培(収穫期は6月15~10日の間でしょうか)だったので、梅雨の晴れ間を見て刈ることができました。
今年は、大麦麦芽の試作をしたいと思っています。

刈り頃に雨が多かった小麦については仲間の多くは苦戦していました。
機械派の悩みとは裏腹に、機械化体系に縁遠い屋敷の爺様は、晴れ間に小麦を手刈し、丸ってハウス内に干していました。流石!。これを足踏み脱穀するというのだから、究極のエコ栽培ですね。機械は便利ですが先人に学ぶもの多いと実感しました。

[PR]
by sekikonko88 | 2014-07-07 00:04 | 農業 | Comments(0)

酒税の納付

震災の年に酒類製造免許を頂き、以来、発泡酒(農家ビール「ななくさビーヤ」)の製造・販売を行なっております。
酒類の製造・販売は共に免許制となっており、誰でも彼でも自由にできないようになっています。それ程、重要な物資だ(った)と認識し、日々、法令順守に抜かりないように努めているところです。

さて、酒税は、月末までに、前々月の酒税の納付と前月の酒税の申告が課されています。

所得税、消費税、自動車税、揮発油税・・・・様々な税金があり、日常の至るところで取られていますね。取られた分がしっかり還元されていると実感できれば良いのですが、なかなかそうでないのが現実というもの。だから、税金を納めないように、節税なんてことを考えるのが世の常。私も同感です。払わなくてよいものは払わない方が良いと。
しかしながら、不思議なもので、酒税となると払った酒税の自分への還元などは全然意識せず、少しでも多く払おうとの意識が働きます。当然、額が増えれば課税移出数量が増えたことなので、多ければ良いというのはありますが、それ以上に、自ら好んで申請して免許を受けているという点で、通常の税金よりは意識が高くなる(免許を受け営業する者としての誇り?)のでしょうね。

贅沢を言えば、零細企業者に対しては税率を下げて頂けると、助かるのですけどね。
近所のライバル会社(ア○ヒ、キ○ン)はやはり強力です。




[PR]
by sekikonko88 | 2014-07-03 07:49 | 農業 | Comments(0)