「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

県知事表敬

ふくしま農家の夢ワインでは7月よりシードルの販売を始めて、お蔭様でほぼ完売してしまいました。

ここまで至るために様々な方々にご尽力頂きました。
県からも補助金を頂いていましたので、その報告をするために、県知事への表敬訪問をしました。

申し込んでから数週間。10分の表敬訪問ができました。

社長の絶妙なトークの後、すかさず開栓。
公務中に拘わらずテイスティングして頂き、「スッキリしてるね。女性向きだ!」との評価を得ました。
(疲れたOLを癒したい我々としては願ったりの評価でした・・・)
e0168764_004740.jpg


最後に皆様で記念撮影。
e0168764_23364582.jpg


ところで、今回の表敬訪問は、製品の宣伝が目的ではなく、「完売」したことを世にお知らせしたいのが本音でした。売り出しすことはマスコミで大々的に扱って頂けますが、完売のお知らせは難しいですからね。
もっと売りたいのは山々ですが、無い袖は何とやらですので・・・
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-29 23:39 | 農業 | Comments(0)
様々なご縁により今の自分があると思っています。
自分自身で特段努力せず、様々な方々のお力添えで何となく生きてきたのですが、良かれ悪しかれ何かしらに引っ張られているように思います。
その導きと自分自身の心のにある想いとを抱き合わせて、日々を生きていますが、その先に何があるのか・・・私には分かりません。何かしらの答えや真理に到達するなら良いのですけどね。

車で、坂道を登っていると、坂の上に大きな雲が見えました。
アクセルを踏み、ぐっと加速すると、雲を見る見る近づいてきて、掴めそうな感じがしましたが、坂の頂点に達した瞬間、視界が開け、近づいたと思った雲が、彼方へ行ってしまいました。
人生ってそんなものなのでしょうね。A bout de souffle・・・。

どうあれ前進あるのみです。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-28 21:04 | 生活 | Comments(0)
震災以降の怒涛のような作業により東和地区にワイナリーが設立され、製造・販売を開始したところです。
お陰様で、羽山リンゴから作ったシードルは完売いたしました。
ビギナーズラックとはいえ、まずまずの出だしですね。

省みてみると、取り組みにはリズム、テンポが大事だと実感しています。
何処かでグズッていたら計画も頓挫してしまうものですが、このプロジェクトに関係されている方々の情熱、ご尽力のお陰で、順調にここまで来れました。

8人で設立した会社ですが、個性・能力様々なので何でもできてしまいます。
メンバーの1人が会社の看板を作成しました。
e0168764_2323135.jpg


ブドウが5つ並んでいる会社のマークですが、これはこの方の設計士をされている息子さんがデザインしました。会社の所在地である木幡地区の幡祭りで使われる五反旗からヒントを得たとのこと。

様々な方々の夢、想い、能力・・・、これらが融合して、当初考えていた以上のものが生まれて来そうです。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-26 23:27 | 農業 | Comments(0)
先日、スローフード福島の方々が、「ななくさナノブルワリー」と「ふくしま農家の夢ワイン」の製造場見学に訪れました。
ブルワリー見学の様子です。我が娘がリコーダーを鳴らし(演奏には程遠い)人気者でした。
e0168764_22373490.jpg


続いて社長の一番古いブドウ畑へ案内。
震災の年に植えたので今年で3年目で、いよいよ収穫です。
今秋に200L程度のワインにするのが目標です。
(社長はオレの葬式ワインにすると言っています。とすると半世紀近く飲めないですね)
e0168764_2242857.jpg

しっかりと成っています。楽しみです。

最後にワイナリーの製造場の見学を経て、交流会です。
e0168764_2244018.jpg

地元の方々の応援を頼み盛大に執り行われました!

東和果実酒研究会、ふくしま農家の夢ワイン㈱は連携して、ブドウ栽培、ワイン醸造を通じた消費者等との交流を推進していきたいと考えおります。
懇親会とセットのワイナリー見学は何時でも段取りますのでご相談ください!
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-26 22:48 | 農業 | Comments(0)

ライブ

音楽音痴で、消防の信号ラッパを辛うじて吹いてる私ですが、この1ヶ月の間に、2つもライブに参加してしてしまいました。
1つ目が、アースデイの時、「ちゃんよーこ」さんと決めてしまった「でんでらキャラバン」で、2つ目が、あぶくま農と暮らし塾にて開催した、成瀬秀樹さん、市川愛さんのライブです。
それぞれ、ジャンルが違う(と思う)のですが、とても楽しめました。

でんでらキャラバンは子供から大人まで楽しめました。N里君は憧れの、おおたか静流さんとツーショットできてご満悦のようでした。
e0168764_21235127.jpg


成瀬さんのライブは、AKB関係で作詞されているだけあって、歌だけでなく、裏話を織り交ぜ、とても観客をひきつけます。
成瀬さんは、前回、「サムデイを信じられるのがアーティストなんだ」と名言を言われましたが、今回は、「運、縁、恩」でした。運・縁・恩のお陰で今の自分があると謙遜されるのに感激しました。やはり、アーティストですね。
e0168764_2312684.jpg


市川愛さんの歌唱力は素晴らしく、伴奏した方々の技術も驚くばかり。大人のライブですね。
e0168764_2361463.jpg


この東和地区で全国区の方々の演奏が聞けただけでも凄いことなのですが、それ以上に、それぞれのライブで、仲里君がゆんたバンドということで三線持って、ギターの片平兄貴と共演したのとても良かったです。
e0168764_22572614.jpg

頑張れ~忍~。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-20 21:54 | 生活 | Comments(0)

キュウリ栽培

キュウリ栽培を始めて7年目。就農以来栽培しています。
今年は、発泡酒の製造・販売とのバランスやワイナリー開業を踏まえ、大幅減反し5a程度です。
案の定、ワイナリーの雑用があり畑に出る時間は制約されていますが、時間を見つけては畑に出てキュウリの管理作業をしています。
面積が少ない分、生育を確かめながら栽培できます。

就農当時は教本とおりに、脇芽はネットに誘引し2節で止め、親蔓が天辺に到達したら芯止め、小まめに追肥等々していましたが、有機栽培、自然栽培には、それなりの栽培方法があるはず・・・違和感を持っていました。
素直に伸び伸びと自然に・・・、そもそも、地這いのものをネットに誘引する自体不自然ではないか・・・自問自答のキュウリの管理作業。キュウリは中々良い答えを教えてくれませんが、現在のところ、芯止めせず、中段での脇芽の出が甘いことも考慮して、脇芽も止めずに自由放任。陽当り重視なので葉っぱは積極的に落とすという方法を取っています。
e0168764_13473142.jpg

農薬等で無理して栽培期間を引っ張らず40日間程度の収穫なら、株間さえ取っていればこの栽培方法で良いのかなーと、納得しているぐうたら百姓。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-17 13:48 | 農業 | Comments(0)

やっぱりツマが好き!

ノロケではありません。
刺身などに敷かれているあのツマです。
刺身が出たらまずツマを食べます。
私にとっては名脇役というよりは、隠れた主役ですね。

キュウリを栽培していますが、正直なところ好きではありません。
あのミズミズしさが苦手です。
畑でガブッ!は、まず無理。考えるだけで背筋がゾクッときます。
そんな私ですが、キュウリをツマにすると大量に食べられます。
(水気がなくなり食感だけになります)
冷やしウドンと混ぜて食べれば幸せですね。
取り遅れて大きくなったキュウリをツマ切り器に掛け大量生産。
素晴らしい機械です。O川君ありがとう!

収穫中、葉っぱの下で巨大化しているキュウリを発見したので、昼は、例の如く冷やしウドン。
自家栽培有機小麦のウドン、キュウリのツマ、屋敷の爺様から頂いたミョウガ、N里君からのお裾分けの八重島カマボコ(これがまた美味しい)、飯坂のラジウム。
e0168764_1335527.jpg

何とも贅沢な昼食ですね。感謝。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-08-17 13:04 | 生活 | Comments(0)