福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フリーランスのジャーナリストが東和に2週間程滞在していました

別の切り口で被災地をみたいとのことで、前向きな取り組みに焦点を絞り取材していたようです。
その手の取材なら積極的に受け入れたいところですね。

とは言え、彼はフランス人であるため、取材等では、ヨメが英語でお手伝い。
フランス語なんぞ昔しゃべっていたんだからと、話してみましたが、日本語、フランス語、英語が混ざった摩訶不思議な言語となり断念。再勉強の必要性を痛感・・・。

東和地区以外に、飯舘村、土湯温泉等を取材し、3月11日の記事にするために、頑張っていたのですが、最終段階で、先方の編集者が「もっとダークな記事にしろ」と注文を付けたそうで、前向きな内容ではなくなったようです。(一体何のための取材なんだか)

それにしても、この編集者は被災地に何を望んでいるのでしょうかね?
ずっと俯いて、不幸を噛み締めて生活していろというのでしょうか・・・・。人の不幸は何とやらって諺があるんだって言うと、フランス語にあるとのこと。

何かしら記事にして彼は出発していきました。
e0168764_0462233.jpg

飯館村で職質を受けた彼
[PR]
by sekikonko88 | 2013-03-20 23:24 | 生活 | Comments(0)
地域の皆様により進められているワインプロジェクト。
・耕作放棄地でのブドウ栽培
・自力施工による建屋の改修
・農家自身での果実酒製造
に取り組んでいます。

ブドウについては、H25年度において、更に1,300本定植することとなっており、現在、耕作放棄地解消事業を入れて植える段取りを進めています。(市、農業会議様々です)

建屋の改修、醸造機器については、交流拠点エストレリータの隣接部分に整備を終了し、保健所の検査を終え、営業許可証を頂くばかりです。(県様々です)

製造免許についても3月15日に二本松税務署長より直々に頂くことができました。(国様々です)
東和地区で2種類目の免許。ビール、ワインとくれば、次は清酒!ですが、これは新規は無理なので、工夫が必要です。
社長が税務署長より免許を授与される瞬間を撮ろうとカメラを構えたら、SDカード未挿入で撮れず、携帯カメラと構えたら5年使用の携帯のためレンズ部分が擦りガラス状でぼやけて映らずで、写真はなしです。すみません。

当日は、確定申告の最終日で署内ザワツイテいる中、マスコミの方を引き連れて来てしまい、ご迷惑をお掛け致しました。税務署の方々のいつも変わらぬ親切な対応に心より感謝申し上げます。しっかり売って酒税を収めますのでご容赦下さいませ。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-03-17 07:44 | 農業 | Comments(0)

タミフルによる異常行動

アルコールによる異常行動にはさして驚きませんが、薬剤による異常行動となると心配になります。

娘がインフルエンザと診断され、5日分のタミフルを処方されました。
タミフルと言えば、服用した子供の異常行動が報告されている薬ですね。

5日分確実に服用するように以外は、特別な注意事項をいうわけでなく普通に処方されました。
添付された能書きによれば、異常行動は10代の子供に起きたことで幼児では問題ないとなっていました。

本当でしょうかね・・・。

服用させていると、駄々こねが異常な位激しくなりました。
そういう年頃になったと言えばそれまでですが、それにしても今までにない極端な駄々こねをします。
ショックというか発作というか心配になります。

果たして原因はなんでしょうか?
[PR]
by sekikonko88 | 2013-03-13 08:47 | 生活 | Comments(2)

忘れてなならない日

3月11日が近づいてきました。
あの日の揺れを思い出すとゾッとします。天災は恐ろしいものです。

3月11日は忘れてはならない日に間違いありませんが、それと同じ位3月10日を忘れてはいけないと思っています。
東京大空襲の日です。一般市民対する無差別爆撃、焼夷弾で焼け野が原にした事実。
1晩で10万人が亡くなったと言われています。
大量殺戮は何も核兵器だけではありません。恐ろしいことです。

3.11が天災なら3.10は人災です。
日本は、自身が行ったことを真摯に反省して、その上でアメリカの戦争犯罪を問えと学生の頃講義を受けましたが、全くその通りだと思います。

勝てば官軍で、無茶苦茶が全てがまかり通る世の中は、とても恐ろしい世の中だと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-03-10 23:03 | 生活 | Comments(0)

家宝は寝て待て・・・

ふくしま農家の夢ワイン株式会社では、昨年11月7日に製造免許申請しており、標準処理期間の4ヶ月を迎えることから、そろそろ白黒がはっきりする頃となってきました。
提出した書類について、微に入り細に入り様々な質疑応答がなされ、議論が尽くされた後で、仙台国税局による現地確認が行われました。いよいよ佳境に突入。

担当者と鑑定官室長(鑑定官:各国税局に鑑定官室があり、酒類製造の指導を行っている酒のプロ集団)が来られました。
地下室をご覧になられ、ここで貯蔵してある樽を見ながら試飲させれば・・との開業に向けたアドバイス!を頂くなど、終始和やかな雰囲気で終えることができました。

とは言え、詰めるべきことは詰めなければならないので、厳しい質問も受け胃が痛かったです。特に、クリアーできないと免許が遠のく指摘を受けた時にはクラクラしましたが、行政の柔軟な対応によりパスすることができました。担当者の機転の利いた対応に感謝!。

免許を受けられるかは神(税務署?)のみぞ知る。
できる限りの努力はしたので、後は家宝は寝て待てですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2013-03-04 08:47 | 農業 | Comments(0)