「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

進化?進歩?

子供成長は見ていて飽きないですね。
子供が中耳炎になり、発熱する等不安定な状態になってしまったので、農作業を優先させるためヨメの実家に預けました。
気がつけば20日間も甘えてしまいました。

先日、帰宅させたのですが、話せる言葉が増えているのにビックリ。
しかも単に単語を発するのでなく、状態を表現しています。

ペットボトルのキャップをひねりながら、「開けないの」「開けないの」と一生懸命言っていますし、「いないね~」「いないね~」とも言っています。(残念がらいてもいなくても言っていますが)

見ていて、発育って足し算ではないんだなーと実感しています。
幾何級数的というか、爆発というか。

こちらが圧倒される日もそう遠くないですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-08-22 01:38 | 生活 | Comments(4)

会社をつくる・・・

現在進行中の東和地ワインプロジェクト。
3月に特区認定を受けた後、県の補助事業を入れ建屋整備を始め、更に、会長に奮起頂き、復興6起という10/10補助金を入れることができました。
その補助金を使って、製造を担う新組織を設立する予定です。

現在ある果実酒研究会は任意団体で、酒造免許を受けることができないので、この組織はブドウ栽培の普及のために残し、新たに製造を担う新組織を設立することとしました。
法人と言っても様々ありますが、現在のところ、最近のトレンドを受け株式会社を目指しています。

現在、登記に向け、定款の作成、出資額の決め等をしています。
皆様営利事業をして儲けるという思いがないようなので、大丈夫かなーと心配になりますが、決めたことは実行あるのみ。
「負けると分っていても戦わなければならない時がある」何てセリフを昔ドラマで聞いたことありますが、今がそうでしょうか・・・。
否、そんなことはありません。地域振興と営利を両立させたいと思います。
そうでないと、次世代に継いでいけないですからね。
事業計画なり、事業目論しっかり作りたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-08-22 01:29 | 農業 | Comments(0)

農協に思う

取引先より、キュウリ250kg、トマト200kg等の発注がありました。
通常のルートなら何ら問題ないのですが、着地が仙台。
自力で持って行くことも可能ですが、農繁期なのでキツイところです。

物流でお世話になっている農協さんに相談したところ、仙台の市場へ行く便があるから受けられるとのこと。
オーガニックふくしま東和設立以来、集荷場の開設、太田市場場外への物流、更には専用段ボール等々、農協さんの柔軟な対応に感謝しているところです。

大きな組織ですから急には変わることはできないでしょうが、農業協同組合の原点に立ち変わろうとしている姿勢は感じられます。
農協の持つ組織力、資金力、ネットーワークが地域経済に果たす役割は大きいものがありますから、農協批判をして遠ざけるよりは協調路線で、3方良しで行きたいと思います。

今回の仙台の件ですが、残念ながら先方の時間指定があったため割高ですが宅急便を使うこととなりました。しかしながら、仙台への物流の可能性があることが分りました。O内先輩のように営業マンが如くマメタク歩いて売り先でも探しましょうか。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-08-11 07:51 | 農業 | Comments(0)

交通整理が必要ですね

超農繁期に突入し、睡眠時間を削る生活を送っていますが、それはそれとして、将来のために布石は打たねばなりません。
ブログすら更新できずにいる自分にイライラする自分。なっていませんね。
現在の課題・・・・
①果実酒製造免許取得に向けた書類の整備、併せて製造会社の設立。
②ワイナリー絡みの補助金申請の段取り。
③ワイン製造の研修の段取り。
④先日、認定を受けた復興6起の手続き。(自分自身のビールです)
⑤当然、自分のビール段取り
その他の様々な雑用がありますが、それをこなせない自分にイライラしてきます。
やる気が問われますね・・・・。
将来への布石を今打たねば将来がないとの自覚を持たないといけません。反省。

無駄な反省はマイナスでしかないので、まずは出来ることを完遂させたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-08-10 22:31 | 生活 | Comments(0)

後日談

ビアフェスタ時にエスパル地下の八百屋で福島産を扱ってないことを知り憤慨していましたが、当家に来訪された方の情報では、更に、エスパルの新装オープン?契約更改?時に、福島の出入り業者が一層されたそうです。長年懇意にしていたお店が閉めたので困ったとのこと。替わりに山形、新潟のお店が入ったのだとか。
JRは何を考えているのでしょうね・・・・。
悪友が、JRのような組織は、官の悪いところ、民の悪いところを兼ね備えているので一番タチが悪いと言っていましたが、そんなところなのでしょうか。
自らの首を自ら絞め、行き着く先は、目標は何なのでしょうか?
売れりゃそれで良いではね・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-08-10 22:20 | Comments(0)