福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

このリンゴを見よ

先日の達人農家さんよりリンゴが送られてきました。
12月収穫で味が悪くなってるけど感想を教えてくれとのこと。
綺麗に並べられた立派なリンゴ達。
見るからに旨そうですね。
e0168764_22313711.jpg


早速、頂きました。
蜜がしっかり入っていて甘味、旨味、酸味共に文句なし。噛むほどに滋味を感じます。
測ってみたら糖度は17度もありました。

達人の土作りや剪定へのコダワリの結晶ですね。
また、広葉樹のチップ等植物性の堆肥での土作りの無限の可能性を感じます。


福島の果物は放射能が心配(実際測るとNDです)と避けられて来ましたが、こんな美味しいものを食べない手はありませんね・・・。
「一度しかない人生、二つとない命」なんて言っていた方おられますが、正にそう思います。楽しめる時に楽しんでおかねばなりません。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-28 22:33 | 農業 | Comments(0)
農水省の「絆事業」の一環で、農業の6次産業化の先進地での視察研修を開催し、オーガニックふくしま安達の9名が参加しました。
今後は生産のみならず、加工、流通・販売、交流まで視野に入れて活動したいと皆様思っているようです。

三重県の伊賀市にあります。
様々紹介されていますのでここでは記載しませんが、言うなれば農業のテーマパークですね。十数町歩の敷地に、飲食店、加工場、パン、菓子、ビール製造場、体験農場、直売所、宿泊施設・・とてんこ盛りです。直営レストランを含めると年商50億なのだとか。
e0168764_755512.jpg

先方の役員の方から説明を受けました。
設立から今に至る経緯、今後の展開等々刺激的な話でした。特に、先方のマーケティングの真髄である「○○○た○○」は、開眼する思いでした。頭の中でモヤモヤしていたものが晴れました。
これは企業秘密ですね・・・。

ここは会社形式で取り組んでいますが、私は、東和地域の場合、会社組織でなくて、地域内の様々な取組みをする農家をネットワーク化した連合体で事に当たる方がこの地域に合っているような気がします。さて、現実にはどうなるのか?
この研修でタネは蒔かれました。後は環境を整え伸びていけるようにするだけですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-28 07:56 | 農業 | Comments(0)

三国鋏製作所

またしても職人に出会いました。
東和果実酒研究会で青森のシードル製造場を視察した帰り道、メンバーのリンゴ農家さんより寄って欲しいと頼まれたのが三国鋏製作所でした。
剪定に使う鋏の砥ぎと新たなオーダーをしたいとのこと。

工場を想像していたら、老職人が営む鍛冶場でした。
e0168764_7155474.jpg

昭和のテイストですね。
もう作り直しでできない機械類と手業による手づくり。
e0168764_7174561.jpg


全国から注文が入ってくるそうです。
オーダー表を見ると、手形が印刷されていたり、使い方、仕様について細かく書き込まれていたりと使い手もかなりの職人なのが分ります。
リンゴ農家さんも暫し、鋏職人さんと話し込みオーダーをしていました。
e0168764_720348.jpg


作り手と使い手の拘りが共鳴していますね。憧れますね!。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-28 07:24 | 農業 | Comments(0)

名峰岩木山

神々しく美しい山。
果実酒研究会の青森研修の帰路、日中に拝むことができました。

e0168764_23513113.jpg

黒石ICから入った高速で撮ったものです。
e0168764_23522533.jpg

道の駅「サンフェスタいしかわ」から撮ったものです。

東北道から岩手山も見え立派と感じましたが、岩木山の方に惹かれるのは何故でしょうか?

そういえば、以前、三内丸山遺跡を訪ねた時に、縄文人度チェックする機械があり、私は完全に縄文人と判定されたのを覚えています。
もしかしたら、縄文時代に、あの辺りに住んでいたのかも知れないですね・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-22 23:55 | 生活 | Comments(0)

久々の日本ほうれん草

所用あり道の駅に行ったら、会議か何かでY瀬君がいたので雑談。
出荷で余った日本ほうれん草を道の駅の直売所で売ったところ2/3が1日で売れたとのこと。
彼は、安売りはしないという確固たる方針を持っており、他より高い150円の商売ですが、品質を評価されたのですね。
彼のポリシーに敬意を表します。

有機農家として昨年より独立し、トマト、ミニトマト、ほうれん草をハウスで栽培し、格付け出荷しています。
将来有望で頼もしい限り。

雑談している内にも、日本ほうれん草は売れていたので、私も1束購入。
「有機農園やなせ」と有機JASの表示が眩しい。
道の駅でも有機農産物が増えていくことを願うばかり。

早速、晩御飯に頂きました。
やはり、美味しいですね。
エグミが少ないからほうれん草嫌いの子供も食べられると思います。
皆様も是非どうぞ。

※先日、果実酒特区の件放送されるとお伝えしましたが、日がずれて22日となりました。
ふくしまスーパーJチャンネルの18:20~40の間のどこかで出ます。
訂正してお詫び致します。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-20 21:03 | 農業 | Comments(0)

宇都宮にて・・・

宇都宮で久々に学友と酒飲みがありました。
正直言って上品な飲み手ではありませんが、人生全力投球されている方々ばかりなので、とても楽しい時間を過ごせます。今回も、仕事の事、人生の事、様々なネタで大いに盛り上がりました。
毎回会場にさせて頂いている「正善」のマスタースミマセンです。学生時代からの客ということで大目に見てくださいませ・・・。

お約束の通りの段取りをこなし飲み会を終了し、翌朝は宿でノンビリ(やはり、40歳ともなると日付変更線を越えた酒飲みは応えます。7時までベットでゴロゴロ)していたのですが、余りにの好天に耐えられず帰り支度。
同じく投宿していた皆様勝手に帰り失礼しました。でも太陽を見ると百姓本能がムクムク動き出してしまい、余韻を味わうなんて事ができなくなります。

車中ではムンムン暑い位だったので、帰って屋外作業だべーと思い、寄り道せず直帰。
でも、帰ったら寒空の下、残雪残る東和でした。
当然、作業はできませんでした。農業だけで見ると、やはり活動の制約はありますね。

帰った日の夜に開催された戸沢7区保全会の3役会で聞くと、今日は-9度まで下がったのだとか。だからボイラーからの配管が凍ったのですね・・・。
やはり、この地域なりのあり方を考えねばなりません。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-19 21:15 | 農業 | Comments(0)
40代となり「無常迅速」なんて言葉を実感しています。
ボサボサしていたら死ぬだけ・・・急がないと。

気が付けば既に2月半ば。
明日明後日はモクモクファームで作業できないので本日中締め切りが多かったです。
①協働モデル事業の申し込み(採択なら超ラッキー・・・)
②税務署への期限延長申出(県税部、市役所へ証明書取り)
③6次化創業塾の宿題提出
④来週のシードル研修案内の配布
⑤果実酒研究会サポート事業の準備
⑥ビール瓶調達と澱引き(これが本業ですね・・・)
⑦山神講の屋敷内への連絡

⑤については、今日再度建屋を会長と見て改修の段取りを考えました。
会長も「急がないと」と言っています。
序でにKFBの取材も受けました。こられたレポーターの方はシードル大好きでワイナリー楽しみにしています!とのこと。
会長のインタビューを聞いていて、分かりやすく納得しました。やはりやらねばならないのだなーと実感した次第。
因みに、放送はKFBの夕方のニュース番組の特集(?)の部分とのこと。21日放送予定です。
興味ある方はご覧下さい。
明日(もう今日)から三重・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-15 18:24 | 生活 | Comments(0)

優良可・・・

学生の頃、試験の時は、いつも優秀な中国人留学生のT君の横に陣取り何とかパスしていた不良学生の私。
高校までは、5か10段階の通信簿だったですが、大学は何故か「優良可不可」でしたね。
成績証明書なんて見たら散々でした・・・。「可」ばかり。

「期限付免許者が製造する酒類の品質審査」が1月18日に仙台国税局にて開催されました。
私が頂いているのは製造免許は1年の期限付免許で、毎年更新しなければなりません。
更新の条件が品質審査をパスすることとなっています。

造り始めたばかりですが、出さない訳にはいかないので、500ml×6本出品しました。
(ビールは喉越しも大事なので3L必要とのこと。喉越しとなると、審査する人も大変ですね。)
清酒の審査は何となく知っていますが、ビールはどのように審査されるのやら?

「優、良、可、要注意、不可」で評価されるのですが、今回出品分は運良く「優」を頂けました。せめて「良」はと思っていたので、少々意外。
とは言え、この手の審査は、旨い、不味いというのではなく、製造上、品質管理上問題により悪さが出ていないかを見るものなので、私のような障りなき無個性人間が造れば、クセないものとなり、大した心象を残さずパスしたのだと思います。
とりあえず、来季に繋げたので頑張りたいと思います。目指せ永久免許、既得権!
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-14 16:06 | 農業 | Comments(0)

出会い考・・・

世間では、「婚活」なんて言葉が流行っていて、合コンネタが尽きないですね。
福島には「福コン」と言う企画があります。第3回目は男女3,000人の参加を目指すなんてブチ上げていましたが実際はどうだったでしょうか?
そこまで行くと、出会いのためというよりは、飲食店のためという感じはしなくないですけどね。

東和に来ている新規就農者達はほぼ独身で、その手のコンパに出ようとの話がチラホラ聞こえてきます。
とは言え、福コンに参加した若手の話では、参加料が安いのに目を付けて完全に「女子会」気分で来ている女性が多かったのだとか。それはダメだろう・・・。
学生の頃の合コンと言えば、誰かしらの伝で集まっていた少人数のメンバーだったので、そのような事なかったですが、大人数だとその手の輩が現れるから厄介ですね。

世知辛い世相の中、仕事尽くしの生活にあって出会いの機会は減っているのかも知れません。
どうすれば良いのか・・。

ま、急がば回れで、「婚活」「合コン」に行くのではなく、自分の好きなことにまい進して、その中での出会いを目指すのが良いかも知れないですね。
なので、東和地区で、農業体験の一環で農コンを開催したいと思っています。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-14 15:55 | 生活 | Comments(0)

できる人間の共通項

昨日は水パイプが目的ではなく、農家さんを訪ねるのが目的でした。
飯坂の果樹農家さんです。
モモ、ブドウ、リンゴを栽培されています。
無化学肥料、無除草剤で「有機栽培志向」とのこと。

お話を聞いていて正直なところ、「できる人間は事象を数字で捉え曖昧なところがないな」と思いました。これは農業に拘わらず共通して思うことです。
堆肥の切り返しのタイミングの温度から出荷する果実の糖度等々全てを数字で押さえています。因みに、出荷品は糖度12度以上で、それ以下は全てハネ物で加工に回すそうです。
その徹底振りは立派!
職人の世界というと何となくファジーな感じがしますが、それは見た目であって本当のところは数字だと思います。肌で感じたものを数字に変換し対応できるのが職人であって、良い加減ではないのだと思います。

「78の爺さんだから」と謙遜されていますが、今もって新しい技術を吸収しようとし、変わった農法をされている方を訪ねていきます。(あの木村さんも訪ねたのだとか)
そして、凄いのは、自分の経験で全てを断じるのではなく、客観的に評価して受け入れるところですね。自我ではなく純粋科学に生きているのかも知れません。

世の中には凄い方がいらっしゃいます。もっともっと凄い方にお会いしたいものです。


誤解恐れず言えば私は有機農業をしていますが、化学肥料も化学農薬も否定していません。
技術を追求する中で当然ありえるし、食料の安定供給を確保する上でまだまだ必要だと思っています。また、農法はその人の生き方なので、農法で優劣を付けたくないと思っています。
今回も、「有機志向」だからと軽く見るつもりはサラサラないですし、逆のその農業に向き合う真摯な姿に感銘を受けました。農業の奥深さを感じます。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-02-09 20:54 | 農業 | Comments(2)