福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

道の駅に分析用に供出した小麦。
乾燥機でしっかり乾燥したので水分は15%以下です。(という事は相対的に濃度は高まることになりますね)

その分析結果が出ました。
ヨウ素ND、セシウム134+セシウム137=44Bq/kg
です。
先日、広野町の麦より630Bq/kgが検出されましたが、同日に公表された他27件(二本松の麦を含む)については規制値以下でした。

以前、当園の土壌を分析してもらいましたが、表層5cm位では3,600Bq/kg、耕起後15cm位では1,200Bq/kgでした。

これを元に吸収(移行)係数を算出すると、「0.036」です。
麦は米より高いと言われてましたが、この程度です。
米の「0.1」は安全率を掛けての数字ですが、どうも数字だけが一人歩きしているようです。

にわか評論家の論に拠らずとも土が自ずと答えを出してくれますね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-28 20:50 | 農業 | Comments(2)

家庭訪問

小学校の頃、年一回ほど家庭訪問がありましたね。
粗相がないようにと掃除をしていた母を想い出します。

下の子(上の子は実母の元に帰ったのでこの表現は適切でないです・・・)の特別養子縁組に向けて手続き中です。先日、家庭裁判所へ行き調査官殿によるヒアリングがあり、その後、家庭訪問がありました。

約束の時間に、テレビで家宅捜査の時、書類を運び出すのに使う銀塗りのスモーク窓のバンがやって着ました。運転手付きです。

調査官殿単身で家庭訪問に来られました。

更なる詳細な聞き取り、今後の進め方の説明があり、子供との写真撮影を終え終了しました。
これまた無事終了と言って良いでしょうね・・・。

跡継ぎ欲しさに手続きしている訳でないので、結果には拘りませんが、今後の子育てを考えると実子である方が子供にとっては良いのでしっかりと進めていきたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-27 21:05 | 生活 | Comments(7)

出ました・・・・

国道349号線を南下すると、赤茶けた田んぼがありました。
出ましたね。イモチ病です。
久々にみました。
先日の低温でモチにでたようです。知人を訪ねたら、「長らく出てなかったから何も対策してなかった、これから農薬散布に出んだ」とのこと。
風通しと適切な施肥が確保されていればならないと思っていたら、低温でもなるのですね。

出たと言えば、家畜由来、植物由来の堆肥の、施用・生産・流通の自粛が出ました。
有機農業にとって地域の有機資源循環は大切なことなので早急な対応が求められますが、堆肥の基準を策定することとしているので待つしかないですね。

さてどうなることやら。
とは言え、原因が分かっているので、3.11以降の物を数字で抑えて良いものを流せばすむこと。しっかりとした方針を打ち出して欲しいものです。

出たと言えば、(表現は一寸違いますが)日曜日に、オーガニックふくしま安達の有機農産物の初出荷でした。東和地区3名の生産者により有機キュウリ、インゲン、トマトが出荷されました。少ない量でのスタートですが、地道に続けたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-27 20:49 | 農業 | Comments(2)
今年4月に、JAみちのく安達管内で組織された、有機農産物生産農家のグループです。
有機農業に取り組んでも出荷の際、運送や決済が個人では負担になるものです。
そこで、そもそもの専門組織である農協に、運送と決済をお願いし、有機専門の卸さんに届けていただくことにしました。

有機農産物を出荷し易くなれば有機農業に取り組む農家が増えるのではないか?そうすれば地域が有機農業の産地になるのではないか?と甘い気持ちでいます。
それはどうあれ、このルートができれば、東和地区に就農した場合、1)通常のJA系統出荷(慣行栽培規格)、2)NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会の産直ルートと直売(特別栽培規格)、3)オーガニックふくしま安達(有機農産物規格)というモノに応じた3つの出荷先ができ選択肢が増えるので、自分のスタイル、スキルに合わせた出荷が可能となるのではないしょうか。最終的に農家の実入りが増えれば良いだけのことです。

そのオーガニックふくしま安達の出荷が明後日から始まります。
JAみちのく安達さんの全面的な協力を受け、JA規格の名入りの段ボールが今日届きました。
後は出荷するのみ。関係者・機関のご尽力によりここまで漕ぎ着けたのでしっかり出して実績を残したいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-22 21:03 | 農業 | Comments(0)

納屋の改装工事始まる

納屋を発泡酒の製造場とすべく改装を近所の大工さんにお願いしていました。
在来工法を心得、製材から自社で行っている心強い大工さんです。

しかしながら、震災により仮設住宅の仕事が入り、予定通り工事に入ることができずにいました。
なかなか着工しないのを屋敷の爺様が心配して、知り合いに頼んで自力施工すると良いんだと話を持ち掛けてきました。確かに図面は出来ているし、近所の方々は器用なので土木・建築作業はお手の物ですから、急ぐならその方が良いかも知れません。自力施工で安くなるし。

とは言え、図面引きからお願いしている以上、約束を反故にする訳にいかず、どうすべか・・と悩んでいる内に農繁期に突入しそのままにしていました。

ラジオでは仮設が人気がなく民間賃貸物件の借り上げで対応するようなニュースが流れていました。それを受けてか、大工さんから人を手配できるので明日から入りますと連絡がありました。

8月の予定だったので片づけが完璧でなかったのですが、こちらで片付けますから・・とのこと。昨日より入り、配管し、砕石を入れて、今日にはコンクリート打設を完了。
流石プロ。農作業も大事ですが製造場整備も急がねばなりません。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-22 20:40 | 農業 | Comments(0)

家庭裁判所にて・・・

家庭裁判所に生まれて初めて行きました
家裁というと、相続や離婚の調停というイメージがありますね。
でも、今回出向いたのは、里子の特別養子縁組のためです。

調査官殿による、事件(何故か「事件」と表記されています)や自分達の生い立ちや今の生活について詳細な聞き取りが行われました。
黙秘をすることなく正直にお話し、家庭訪問日を決め1時間半程度でお開きになりました。

生まれて初めての家裁・・・。聞き取りではは大したことなかったのですが、とても疲れました。あそこを職場にしている方々はさぞかし疲れるのでしょうね。

今回の件は問題になるような事がないので、皆様のお力添えを頂いてと進めて行きたいと思います。

それにしても、家裁玄関に据付の自動販売機で売られている缶飲料の安いこと。
貧乏性(貧乏だろ)の私はそれでも買いませんでしたが、安いのは誰かが負担しているのでしょうか?謎ですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-20 21:21 | 生活 | Comments(0)
今年度2回目の林野小作組合の作業がありました。
林道等の草刈りで、7区の組合員は川俣との境の山が担当でした。

休憩時間中、隣接する川俣町山木屋地区へ行ってみました。
言うまでもなく計画的避難区域で地域住民の方々は避難されています。

締め切られた家々、雑草溢れる道路、田植えされず雑草の生える田圃・・・。
人の営みが感じられない光景に、とても悲しくなりました。
申し訳ないですが「ああはなりたくないね・・・」と言うのが皆様の本音です。

でも、もしかしたら、これが日本の山村の20年30年後の姿ではないでしょうか?
過疎・高齢化により農村の人口が減り、TPP等による零細農家の離農が進めば、事情は違えど住まず、耕さずとなり、同じことです。

「そうならないように頑張らないとね」と断言する方々がいるのがせめてもの救いです。
私もそう思います。

荒れた田圃を見た時の寂しさ、心の痛み・・・忘れずにいたいと思いました。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-17 23:51 | 農業 | Comments(12)

汗も色々

暑い日が続きますね。皆様熱中症にはご注意下さいませ。

炎天下の中でキュウリの整枝作業や草むしりをしていると滝のように汗をかきます。
余りの暑さに汗はダラダラ、頭はズキズキですが、それはそれで気持ちが良いものです。

先日、古巣に行ってきました。
霞ヶ関は官庁街ですが、物凄い日差しと蒸し暑さです。地下鉄から地上にでるとムシムシさに気持ち悪くなります。
庁舎内に入ると冷房が効いているのやら効いてないのやら・・・。更にムシムシしていて汗ダクダクに。キレの悪い汗。
この人達は良くこんなところで仕事しているな・・・・と感心します。

古巣に勉強会で、以前お世話になった方々を前にお話をしました。
知った顔がいると調子が狂うものです。額には脂汗が滲んできます。
これまた嫌な汗です。

その後、六本木の地ビール専門店でビールを頂き、今までかいた汗が吹き飛んでいきました。
飲酒による爽快な汗!これですね。
汗も色々です。色々な汗を楽しめた1日でした。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-17 20:42 | 農業 | Comments(0)

希望を持ち続けること

大熊町の先達が一時帰宅の帰り当家に寄られました。
原発に対しては人一倍情報を集め、学ばれている方で、私達はそのアドバイスを参考に原発事故以降の対応に当ってきました。

東大の先生達と町内の放射線量、放射性物質の分布等を調べ、2~3μSv平均なのが、ところにより数値が極端に上がるスーパーホットスポットがあり、マダラ状に飛散していることが分かってきたそうです。しかしながら、調査の中でプルトニウム、ストロンチウムが検出されておらず、帰還の可能性がみえてきたことを生き生きと語られていました。

「戻りたいです」と何度も言われてました。
やはり生まれ育ったところが良いに決まっています。
「現在の科学では若い人達は無理でも、汚染マップを作ってリスクを管理できれば老人は住んで土地を守ることができるのだから、帰れるよう道筋をつけたいと思います」
「セシウムが半減期を迎える何十年後に若い人達が帰って来れる様に我々が土地を守らないと・・・・。帰れる人を帰すのが私の残された使命です」

熱く語られる先達に、私はジーンと来ました。
希望を捨てずに生き続けることの大切さ。望みが早く叶うよう祈るばかりです。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-10 21:51 | 生活 | Comments(0)

免許を受ける

先月に仙台国税局の現地調査を終え、最終的な判定待ちだった酒類の製造免許申請ですが、7日に無事免許が交付されました。

二本松税務署長より直々に免状を頂きました。まるで卒業証書を貰うようです。
証書と違ってA4の普通用紙なのでありがたみ感じないのですが・・・。

税務署長殿より、「地域の活性化のために、大変ですけど頑張って下さい」とのお言葉。
失礼ながら国税庁・税務署は税金を取ることしか興味ないと思っていて、構えていた私ですので、感激しました。
儲かる事業ではないですが、少しでも多く酒税を収めるよう頑張るしかないですね。

それにしても、ありがたいお言葉といい、3月3日申請に対し文書番号1111号、7月7日交付で返すこといい、なかなか味のあることをしますねぇ・・・。
付き合ってみないと分からないものです。

書類上のことは簡単な事で、試練はこれから始まります。
施設・機器の整備を始めたいと想います。

次はワイン特区でいきますから・・とお伝えしておきました。皆様宜しくお願いします。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-07-09 23:25 | 農業 | Comments(6)