「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2011年 03月 ( 69 )   > この月の画像一覧

乾杯!

自粛ムード漂うところ不謹慎で恐縮です。

酒は1日2合飲むこと、体調が良ければ3合も良し、4合飲めれば神のご褒美と仰っていた医大の先生がいました。
小心な酒飲みの私は、好きで飲んでいる割には、何処か後ろめたく、正当化する理由が欲しいので、「酒は百薬の長」という言葉を金科玉条としてみたり、前出の言葉を聞いて安心したりしています。我ながら小心さに笑ってしまいますが正直なところです。

さて、またしても時節に叶って酒飲みを正当化する研究成果を発見しました。
当該記事です

流石ですね。こういう研究をされている方がいらっしゃるとは。
しかもビール。発泡酒計画を急がねばなりません。

でも、被爆前に摂取となると、朝酒ということになりますね・・・。
ま、それも良しとすべきですか。確か福沢諭吉も朝飲むことの効用を書いてましたし。

と言うことで派手な飲み会はダメですが、小声で乾杯しましょう。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-31 20:55 | 生活 | Comments(2)

意向確認

先日、安達普及所の方が来られ、新規参入者の営農継続について意向調査をしていきました。

今年は、有機認定圃場の面積を2倍にし、(酒屋に行かないので)作付け期間も倍で、所得4倍増計画をぶち上げているので、やる気は満々なのですが、如何せん原発が終息してくれないことには・・。

県の作付け延期要請は出ていますが、土壌分析が始まったとの情報もないし、今後についての方針が明らかになっていません。
そんな状況なので、今段階では、計画通りの作付けを行う。
今後、県の方針が示され、納得いく内容なら作付けをするが、納得いかない内容なら(補償を前提意とした栽培等)数年農業を止めて、災害復旧現場へ出稼ぎに行く旨お伝えしました。

どのような方針が打ち出されるかは分かりません、でも、今から土壌検査では何時になるか分かりませんし、抽出調査では、自分の畑は本当に大丈夫か?との不安は残ります。
もし事態が深刻なら結果はどうあれ、安全安心なものを生産して来た有機農家として、予防的に作ることを止めることも考えるべきか悩むところです。
また、1農家として、誰のためにもならない生産は絶対にしたくありません。
なので、土壌汚染や風評で作ってもダメな事が予想されるなら、潔く、農業生産はしない方が良いかと思っています。
何か土壌クリーニングできる作物を植えて、被災地に出稼ぎする方が、世のため人のためになります。
事態の推移を見守りつつ、あらゆる可能性の備えたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-30 18:11 | 農業 | Comments(4)

放射線より怖し・・・

東和地区内4箇所で行われている放射線量の計測ですが、何れも2~3マイクロシーベルトと低下してきております。この数字だけで判断して良いなら!終息に向かっていると言えますね。

県より耕起の自粛が求められているので、畑で宿根性の雑草を抜き、良く乾かし、何時でも耕起できるよう、乾いた草類を焼いています。春風に煽られ良く燃えてくれます。
畑で草を焼いていると、サイレンがなり始めました。震災の日以来の火事です。
作業を中断し出動しました。

またしも木幡地区・・・2分団の方も大変です。
到着した時には、煙は出ていましたが、既に放水が始まっており、鎮火へ向かっていました。
流石、各分団とも初動が良いですね。惚れ惚れします。

解散式を終え帰る途中、風景が気持ちくすんで見えました。良く見ると黄色いっぽい粉が舞っています。折からの強風に煽られ、杉山から大量のスギ花粉が・・・。
直ぐそこにある危機です。普段はしないマスクをしっかりしました。

この大量のスギ花粉は絶対に放射線より悪いと思います。
なるべく吸わないようにして花粉症にならないように気をつけないといけません。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-30 18:10 | 生活 | Comments(0)

先達より学ぶ

穏やかで多くを語らない、妻方の大伯父。
相手への気遣い。身のこなしは紳士そのもので、私はいつも尊敬の念を抱かずにはいられません。その大伯父は今年で御歳94歳!、私の倍以上です。

昭和13年の日支事変で召集され、満期除隊後再召集され、終戦まで戦地にいたそうです。実に7年。中国、台湾、南方へと転戦されました。復員後は仕立て屋さんとしてご活躍され、引退後は趣味、社会貢献と充実の人生を送られています。
当時の話はとても貴重なので、お話を伺いたいと思っていたのですが、当時の話をすることは自慢話になってしまうからと、終戦以降誰にも話していないとのこと。

とは言え、この先行きの分からない不確かな時代にあって、戦中・戦後を生きた方のお話を伺いたかったので厚かましくも挨拶がてら伺ってみました。
「運が良かったんですなー」と淡々と仰られます。
戦友も同級生も殆ど亡くなられ、現代の私からすれば想像もできない苦労をされたと思うのですが、その一言に凝縮されるようです。でも、お話していて、そのお言葉の重みを実感しました。やはり、折々の決断は必要ですが、最終的に運なのですね。

最後に、石原都知事の例の発言(あの発言は被災者に発したものでないでなく、今の日本に発せられたものと解されます)を支持し、テレビのバカ番組を見るに付け「こんな日本にする為だったのか?」と嘆かれていました。
後続として、恥ずかしくない生き方をしたいと心に決めました。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-29 20:45 | 生活 | Comments(2)

無期限延期

毎年4月第一日曜日に行われている、西高内水利組合の側溝掃除ですが、昨今の状況を受けて無期限延期となりました。農家の間に不安は広がっています。

新聞では、須賀川の有機農家の自殺が伝えられていました。被災後の原発事故、出荷停止を受けて福島の野菜はもうダメだと落胆していたとのこと。
当該記事です
農家の生活を奪い、命まで奪った原発事故の影響は計り知れません。
同じく有機農業を志す者として、偉大な先達を失うのは痛恨の極み。
心よりのお悔やみを申し上げると共に、この無念は1農家として必ず果たすことを心に決めました。

何としても早く終息して欲しいものです。
現場作業員頼みという体制そのものが本気度を疑います。非常事態なら、非常事態らしい対応があって然るべきだと思うのですが。


無期限延期ですが、ポンプとため池の点検はすることにし、作付けに対応できるようにしておきます。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-29 07:59 | 農業 | Comments(0)

磐越道開通

子供達を迎えに新潟に行きました。
この2週間の間に、福島-新潟間を3往復もするとは環境に優しくないですね。
反省するところですが人の輪を保つためだからやむを得ないでしょうか。

東北道、磐越道が一般車両にも開放されました。
新潟に行く場合は船引ICから乗ります。走ってみると、所々段差や何となく波打っているような所があるだけで問題なく走れます。ただ、対向車線が法面崩れに備え1車線規制している箇所があるようです。

相変わらず、福島県へ入って来る方が多く、出るほうが少なかったです。
出る人は出て後は帰って来るだけなのでしょうね。
一刻も早く、戻って普通の生活が出来るようになって欲しいものです。

途中、猪苗代サービスエリアでお土産でも買おうと思ったら、柏屋薄皮饅頭が売っていませんでした。震災により創業を停止しているとのこと。残念。
替わりに会津のお菓子が沢山売ってました。

まだまだ普通に戻れていないところ多数ある中、自分は日常を保ってきましたが、作付け延期等これから荒れてきそうです。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-28 06:17 | 生活 | Comments(0)

ものづくりの現場

下町の工場の技術力は凄いと言われていますね。
勤勉さのみならず創意工夫、改善等々により確立されて来たのだと思います。

会社を終えて就農されたO山さん。もう年金を貰って悠々自適なのですが、農業に対しては士気旺盛で、様々な作物を作り、昨年からは有機の認証も受け出荷を始めました。
(2人で「オーガニック東和」という名で細々と出しています)

O山さんと、今後について色々と話合い、状況見えないけども、計画通りで行こうとなり、農家側で出来ること(土壌分析、検出装置の購入して農産物の検査等)は全てやろうとなりました。流石、高度経済成長を支えた世代だけあります、考え方がイケイケドンドン。
こう言うノリ大好きです。負けてられっか!ですね。
で、ダメなら復興の出稼ぎに一緒に行こうとまで行ってくれました。
お陰様で元気が出ました。

O山さんは大手メーカに居たとのことですが、ものづくりの現場の褒め、日本の現場力、創意工夫は世界1なんですけどねー何でこんな事になったのかねーと残念そうでした。
言われて見るとそうですね。世界1の水準の工業国でこの失態。
緊急事態における現場力も高めて欲しいものです。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-27 12:18 | 農業 | Comments(0)

季節は巡る

山ではフキノトウが出始めました。春を感じます。
あの苦味は良いですね。採ってフキ味噌でも作りましょうか。

フキノトウ以外にも、寒い冬を耐えた植物達が伸び始めています。
ヨモギ餅に入れるヨモギ(モチクサとも言います)は、今時季の新芽を取るのだそうです。近所の婆様達は、それを冷凍保存して折々に作る草餅に混ぜるのだそうです。
私は、ヨモギは伸びると厄介な雑草と思っていたので、見つけ次第、根から引き抜き除去に勤めていましたが、先人にならい自給のため採取しないとダメですね。

その他、笹やつる性の雑草等々が、世間の状況をわきまえず、着々と人間に対し戦闘準備を整えていました。
県より放射性物質が拡散するから耕起は見合わせろとの要請出て農作業遅れるおそれありますが、こちらも負けぬよう戦闘準備を整えたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-27 12:04 | 農業 | Comments(0)

数値目標を定める

日中は晴れ雪が一気に溶け、破損したり詰まっている雨樋から溢れている箇所が多数。
前庭が地割れしているため、その部分へ水を流せないので、雨樋を直し水を脇へ逃がしました。早めの対策が必要です。

県では作付けの延期を要請しています。
当園は、標高が高いこともあり、露路ものの播種が4月下旬からなのでゆっくりしたものですが、秋が早いので夏野菜の作形を遅らせるのは露路ではキツイところはあります。
酒屋への出稼ぎを辞め秋以降の作の勉強をしようと思っていたので、今年は夏作をほどほどにして、秋以降の作物に集中するのも手かも知れないですね。
発泡酒製造免許は申請済みで、もし、順調なら7月初めに免許皆伝ですので、夏野菜は元々手が回らないと思いますし。
成り行きに任せて行きたいと思います。

それよりも、原発への反省を込めて、より自然に優しい生活を目指したいと思った以上目標を決めたいと思います。漠然とではダメなので、消費電力量の30%カット、灯油使用量30%カット位は実行していきたいと思います。
家財の処分、節電は当然ですが、ローカルエネルギーの利用の促進をしたいと思います。
地域にあるエネルギーといえば、太陽光と薪・炭が簡単です。

太陽光はまだ無理ですが、薪ストーブは早速導入することにしました。
目標数値は過去の当家の消費量等を精査して、しっかりと決めたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-26 13:18 | 生活 | Comments(0)

積もりました

昨日からの雪で外は冬景色。
e0168764_9342118.jpg

羽山は雲に隠れて見えませんが、あの山の向こうに原発があります。
県内各地で計測されている放射線量ですが、同心円的に濃度が薄くなっておらず、飯舘村、福島市が高めに出ているようです。
このことについて、福島大の先生が、阿武隈高地の中でも飯舘村周辺は標高が高いので上昇気流が起き易く、空気が流れて来易いとの分析結果を出していました。
阿武隈山地は地形が複雑で風も予報通り吹かないですからね。ここでは何時も東に向かって吹いてますし。
原子力安全委員会も同心円的に避難エリアを設定するのを見直す時期みたいなこと言ってますしね。

そう言われても、現在は20~30kmの屋内退避エリアへ自主避難が促されてます。官房長官は「社会的要請」なんて不可思議な言葉を言ってましたが、原安委は、ズバリ「放射線量が比較的高いと考えられる区域は積極的な自主避難」を助言とあります。

住民はどうすれば良いのでしょうね。自主避難ってやはり自己責任、自己負担なのでしょうか。屋内退避エリアの住民の皆様の苦悩測り知れないものがあります。
ここは原発から45km圏。次の10kmでも大丈夫。人口を考えると50km圏の避難は絶対指示、助言できないでしょうね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-26 09:36 | 生活 | Comments(0)