福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2011年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

標記説明会が仙台にてありました。
NPOに案内が届き、何故か、師匠(NPOの理事長です)より行って来いとなり、事務局長と2人で行って参りました。
大抵の役所の会議や説明会は、資料だけ貰えば済む朗読会なので、気が進まないものですが、
気晴らしに行ってみました。今日は雪だったので、丁度良かったです。

大方が事業説明なので単調な話だったのですが、異業種からの農業参入事例を分析的に紹介された野村アグリプランニング&アドバイザリー(株)のプレゼンがとても参考になりました。
あの野村が農業分野とはね・・・。やはり商機ありと見ているのか。

異業種から進出して成功している共通点は、自己完結でない「連携」と「外部インフラ」の活用、「事業ビジョンを明確にする」ことと「想い・情熱」を持っている等だそうです。
自分はどうか・・・。良く検証して活かしたいと思いました。

でも、国内の農業分野では、3兆6千億円程度の算出がダブついているそうです。
そんな状況で、耕作放棄を再生利用しようと言うのですから、こうなると輸出しか捌け口はなくなってしまいますね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-28 22:38 | 農業 | Comments(0)

大熊町農政懇談会

恥を晒す覚悟で、標記会へお話に行って参りました。
正直なところ、人前でお話するのは苦手だし、何も為し得ぬ自分が何を言えるかと思うと恥ずかしい限りです。
とは言え、そのような場に行けば必ず多くの方と出会って、様々な良い刺激を受け、ご縁を頂けるので、前向きに考えるようにしています。

そういうことで、大熊町へ行って参りました。
今回は、夫婦揃ってでした。(子供2人を連れて行ったのですが、先方様のご配慮で保育士さんの保育付きでした。感謝です。上の子は嬉しさの余り大興奮だったようです)
拙い話をさせて頂いたのですが、この懇談会の面白いのは、第2部ということで、町の農業後継者3名とコーディネーターさんとによるトークショーが用意されていたことです。
そのお陰で、専業農家として真摯に取り組まれている若手の方の生のご意見に接することができてとても有意義でした。いい加減に農業している自分自身を反省して、気の引き締まる思いでした!。

懇親会で懇親を深め、浜の地酒「磐城寿」を頂きました。懇談会と併せとても有意義な一日でした。(当然ながら、自身の拙さへの反省は残るのですが・・)

農業委員会事務局のI田様、大変お疲れ様でした。また、私共をお招き頂き、誠にありがとうございました。近くて遠い浜通りでしたが、一気に近くなった感じです。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-27 22:09 | 農業 | Comments(2)
登記されていなかった納屋。何でやねん・・・。
土地家屋調査士を頼んで図面引いてもらって、登記するしかないと段取っていたところ、税務署より、固定資産課税台帳の記載内容証明書で替えられるとご指導頂き、あっけなく解決しました。素晴らしい!

早速、東和支所に行き証明書の交付を受けたのですが、序でに頂こうとした納税証明書は本庁でしかできないとのこと。またしても合併の弊害に直面。5.8kgのCO2を排出して本庁へ行って来ました。


市役所にて手続き中、上の子が据え置きのヌイグルミで遊んでいました。
他にも子供達はいるのですが、遠巻きにして見ているだけです。
私が微笑んで挨拶しても、ギコチナイ笑顔?をするばかり・・・。
東和の子供なら皆元気に挨拶するのですけどね。
知らない人には近づかないように教育されているのでしょうか。
今の子供は大人しいなんて言われますが、一寸寂しいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-25 14:48 | 生活 | Comments(0)

先進地研修

e0168764_17362554.jpg
白沢村(現本宮市)にある福舞里さんへ見学に行ってきました。
開墾した1.2haの桑畑でブドウを栽培し、生食の他、ワインを委託醸造しています。

前回の集まりから人数は増え、当日は9名集まりました。来れなかった方を含めると10数名になる模様で、期待の大きさを感じます。

合併前にパイロット事業として始まったそうです。
遊休農地を活用して、栽培、加工、交流など様々な事業に取り組まれています。
お話を伺った後、畑へ行きました。
メンバーは農家の集まりなので、現場を見る目はやはり様になっています。
植栽密度、剪定、整枝の方法等々実際的な質疑応答がありました。

戻って来て検討の場を持ち、品種の選定の他、ブドウを待たずに、先行してリンゴの可能性も検討することになりました。
当然ながら、次集まる日も決めました。

「オレは還暦過ぎたから後がないんだ」と口癖のように言われるS藤さんのお陰で、計画は滞ることなく進んでいきます。
強い思いがあれば事は進みますね。事が進むのはやはり気持ちの良いものです。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-25 14:48 | 農業 | Comments(0)

ビール考

協力隊の訓練の時、日本人ほど多様なものを食べる国民はいないと講義で聞きました。確かに、穀物や野菜の他に、海草やら山菜やら何でも食べますね。
今話題のテュニジアなんかは、毎日、ハリッサというトウガラシベースの調味料を効かせた煮物とパンが定番で、飽きないですが単調な食だったような気がします。

諸外国に比べれば多様な物を食べていた日本人ですが、明治以降世界の食べ物を自らの食文化に取り入れ、更なる多様性を築いてきたそうです。
(外国旅行されれば、日本人が如何にグルメかは分かりますよね)


そんな多様な食の国にあって、明治以降入ってきて、完全に日本の食に溶け込んだものとして、飲料だとコーヒーとビールがあると思います。
特にビールだと、消費量たるや国酒を軽く抜き去ってます。(第3のビールとやらが普及してビールそのものの消費は落ちていますが)
アルコールに弱い日本人にとって低アルのビールは合ったのでしょうか。
e0168764_180742.jpg

そんなビールですが、国内での多様性についてみると日本酒、ワインには及びませんね。
大手4社の製品がほとんどですが、余りにも日常に溶け込み過ぎてしまって、多様性はいらないのでしょうかね?
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-23 01:45 | 農業 | Comments(0)

思わぬことで・・・

準備を重ねて大丈夫だとと確信しても、思わぬことで躓くことあります。
短い半生ですが、私はそういうことが多いように思います。
詰まるところ、詰めが甘いのですね。

淡々と進めている発泡酒製造免許申請の作業。目標は月末です。
今日、法務局に行き、製造場にする土地・建物の登記事項証明書を頂こうと思ったら、
何と、ここの建物は登記されていないことが判明しました。
「その土地に本当に家はありますか?」「私住んでいるんですが・・・」
変なやりとりが窓口でありました。

実際に家が存在するのに登記簿にない・・・、死亡していないのに戸籍にある・・・
逆の現象ですが、書類上は起こりえます。

そんなことがあるんか・・・・。
固定資産税払ってるようですが?と聞くと、それとこれとは別とのこと。何と何と。

そうなると、建物を新たに登記するしかないそうです。
土地家屋調査士を頼んで、家の図面を引いて、書類をセットして法務局に登記する・・・、
未知の分野です。

とは言え、解決しないことには前に進まないので、大家さんの了解を得て作業を進めたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-22 20:51 | 農業 | Comments(0)
短い人生経験しかないですが、「頭で考えて正しい事が、現実には必ずしも正しいとは限らない」とは何時も思うことです。
ネット記事にこんなのがありました。
記事へのリンク
誠に残念ですね。
何事もルールは大切ですし、遵法精神は大切です。
ただ、杓子定規にルールを適用するのは良いのかどうか?
秩序を守る為に何かが失われています。


修善寺に川の真ん中に同じような浴場があり、ツーリングの後入った事があります。
源泉の60℃(?)。熱すぎて30秒持ちません。入ったり出たり繰り返していると、爺さんがやって来てドボン。「イヤー良い湯だ~、ホテルのは源泉って言ってるけどあれは薄めているなー。これが源泉だよ」と満足げ。外で婆様が心配そうに見ていました。
俺は江戸っ子だから熱い湯が好きなんだーと何分も入っていました。私も似非江戸っ子なので、負けずにドボン。耐えに耐え爺さんと昔話をしました。良い思い出です。

この修善寺の浴場も同じような理由で閉鎖されているとのことです。
行政の言うことは理に叶っていて分かるのですが何かが失われています。
そういうことの積み重ねが日本の活力を奪っているのかも知れませんね。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-17 00:56 | 生活 | Comments(2)
人と環境に優しい農業を標榜する者としては生活もそうありたいと思っています。
なので、天然素材、自然なものを心がけています。

育児に欠かせないオムツ。
紙にすべきか布にすべきか、それが問題だ・・・ですね。
ヨメは私よりも自然志向が強いので、できる範囲で布オムツを使っています。
でも、交換回数の多さ、洗う手間を考えると紙オムツの方が断然便利。
沢山吸収するので、交換も少なく、使用後はゴミ箱にポイ。正に消費社会の申し子。

それにしても紙オムツの吸収量の凄さには驚きます。
CMの通り、吸収していても表面はサラサラ。
流石、砂漠緑化に使われているだけはあります。

それだけに、使用後の紙オムツを貯めたゴミ袋の重いこと。分別上は燃えるゴミですが、こんなゴミを炉に入れたら効率はガタ落ちですね。
便利さのために資源を消費(浪費?)して、更に、エネルギー効率を落とす・・・、考えてみると罪悪感を感じます。
ヨメを習ってやはり布か・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-16 22:40 | 生活 | Comments(0)

果実酒特区

先日の集まりで盛り上がった果実酒特区。
取り組みたい方々を交えて打ち合わせが持たれました。

師匠の呼びかけに、希望する農家の他、リンゴ農家、桑加工の担当理事等が集い、メンバーの中には、かつて東和町役場在職中お世話になった福島市のT野さんもいらっしゃいました。
T野さんは、東和町に助役として奉職していた時に、ブドウ・山ブドウを原料にした果実酒がモノにならないかを検討されていました。
(まずはできることから行動ということで東和町の借家の庭にブドウや山ブドウを植えていました)
訳あって退任され計画は断念されましたが、その想いは心の奥底でフツフツと涌き続けていたようです。
条件が整っていなくても、行政の助けがなくても自分達で出来ることから少しづつ始めるというT野さんの行動原理、また、福島から参加される意気込みに改めて感銘を受けました。

話の中でまずは、ブドウ栽培だろうとなり、早速、来週、白沢村の福舞里という組織を訪ねることになりました。

まずは、第一歩を踏み出せました。道は遠くとも、歩みを止めず続けて行きたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-16 22:01 | 農業 | Comments(0)

雪だるま

朝起きたら凄い積雪でした。父ちゃんと雪だるま作るんだーと上の娘がはしゃいでいたので、雪掻き序でに、雪だるまを作っておきました。

暖かくなると解けてしまうので、寒いままでいて欲しいところですが、屋外作業を考えると暖かくなって欲しいもの。痛し痒しです。
でも、作っても解けてなくなるのは、諸行無常を現しているようで雪だるまの良いところなのかも知れませんね。

仕上げを娘にして貰いました。
手を真っ赤にして雪をこねていました。
e0168764_20351670.jpg


実は、今日は、娘が実母の所でお泊りの日です。明日、保育園の入園面接とのこと。
春からの引き取りに向け、お泊りの日が増えていくと思います。

夕方、児相の方が引き取りに来ました。
娘は、何が何だか分からないような感じでしたが、泣きもせず、健気にバイバイと手を振ってくれました。ママの元へ帰るとは喜ぶべきことなのですが、複雑な心境です。
走り去る車を見送りながら、この諸行無常を割り切れなく思い、切なくなりました。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-02-15 20:36 | 生活 | Comments(0)