「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2010年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

先日、通販でビール酵母を購入した時に、10g入りの小さい袋10個だから、先方に、宅急便でなくメール便で送ってくれと依頼しました。

メール便は厚さ2cmまででしたが、「何とか入りました」とメールがあり、届いたブツを開けてみると、A4の紙に、重ならないように貼り付けてありました。色とりどりで綺麗な見栄えです。
無理言ってすみませんでした。
e0168764_1312278.jpg

宅急便で550円かメール便で80円か、ケチなことですが、些細な事でも無駄をなくしたいという庶民感覚ではメール便を選ぶと思います。如何ですか?。


さて、先ほど、郵便が2通来ました。
1つは先日の講演に対する御礼文、もう1つは、総合センターから来たオーガニック通信。
共に、公印のない打ち出しのものです。
郵送に拠らずともメールで済みそうな感じです・・・。

役所から届く文書の多くはメール送信可能だと常々思っています。
ケチな話ですが、そんなところから節約していけばなと思いました。

私のこの貧乏性って治らないんですよね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-30 13:12 | 農業 | Comments(0)

驚かれました。

昨日、安達支所であった中間指導確認。
会場で、別地区担当者で、東和町役場時代の上司だったI井さんと出逢いました。

雑談の後、私の田圃の話題となり、稲がしっかりと育っていることに驚いていました。
「自分の田圃に自信がなくなったら見に来て、自信をつけるんだ」と笑いながら言ってました。
田植え後1ヶ月位のヒョロヒョロな稲を見てダメだろうとズッと心配してくれていたそうです。
そんな田圃でも、ここに来て何とか実り秋を迎えています。
今年は、草取りに多くの時間を費やしたので、稲より高い草は見えないので、道から見る分にはとても見栄えが良いですしね・・・。
とは言え、無肥料なので収量は知れたものですが。

別れ際、ウチの稲刈りもしてくんねーかと言われ・・・・
バインダーで刈るだけならやりますよ!と返事しておきました。
(機械作業はとても楽で、大変なのはハセ掛けなんですよね)
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-28 07:55 | 農業 | Comments(0)

キャッシュレス

集落で取り組む農地・水・環境保全向上対策。
昨日、安達支所で「中間指導確認」があり、活動内容、出納簿、領収書等々の検査がありました。

基本的に問題なしだったのですが、領収日と口座から引き出し日とのズレが指摘されたり(その場合は立替払い領収書を介せとのこと)、総会で1人辺り500円のお茶代を計上していることが引っ掛かったり(大の大人を呼んで手ぶらは失礼なのでお茶・菓子位は良いでしょうに)と指導頂きました。
とは言え無事終了しました。残り半年淡々と作業を進めたいと思います。

帰りに納屋改装用資材をホームセンターで買ったのですが、気がつけば、ホームセンターの買い物は全てカードですね。コメリカード、カインズカード、更にはスタンドまでカードとキャッシュレスとなっています。まあ、正確には、収入が少ないからキャッシュレスという方が正しいと思いますが。

田舎暮らしで、お金を使う機会が激減しているのに、カードを使うと更に機会は減ります。現金を持ち歩かなくて良いのは気持ちの良いものですが、いつもニコニコ現金払いでなくなると、お金のありがたみを実感することがなくなるので、良し悪しですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-28 07:43 | 農業 | Comments(0)

環境に優しいグッズ

先日、インゲンの選別をしていると、ラジオからモミガラボイラーの紹介が流れてきました。
名前の通りモミガラを燃料に温水をつくるという。
モミガラが自動で供給され、燃えた後は、モミガラクンタンとなって排出される優れもの。
http://www.n-park.co.jp/hope.eco/

値段やら、燃費やら気になるところです。
ラジオでは、更に、その会社が2,3日ビッグパレットで開催の「ふくしま環境エネルギーフェア」に出展することも伝えていました。
http://ecomirai.net/
ヨメも地球温暖化防止活動推進員として案内もらっていたそうなので、現物見にいってみようと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-27 07:52 | 農業 | Comments(0)

ナチュラルハーモニー

という団体のメルマガを頂いています。
詰まるところ、この団体、自然栽培の農産物の販売業者です。

メルマガには、慣行栽培の農薬の害から有機栽培の有機質肥料の害まで様々な害が指摘されていて、読んでいて、なるほどねーと思いつつ、反面、やはり、働かずブローカー稼業で喰って行くために、無知な人の恐怖心を煽る文面になっていて、また、なるほどねーと思います。

結局は、現場を見ようがない都市住民に対して、恐怖を煽って自分達の価値観を植えつけるのが目的なんだろうなーと思ってしまいます。

慣行、有機、自然栽培と様々な流派が存在します。
当然、人と環境に優しい農業が持続的で正しいと思いたいところですが、食料安全保障の観点や農家の経営を考えると、どれが良いとは言えないし、言ってはいけないと思います。
まずは、栽培方法はどうあれ、その地で農業を続けていくことが重要です。そして地域を維持して、国土を保全すること。国の安全なくして、食の安全・安心はないと思います。それでも言うなら単なる個人のエゴ。

都市住民の食の安全・安心のために農村が従属するならば、それは今までの農業のあり方となんら変わるものではありませんからね。

様々なご意見ありますが、やはり農を実践する側からしっかりと検証しなければなりません。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-26 21:28 | 農業 | Comments(2)
冬季お世話になっていた酒屋から今年もどうか?と連絡がきましたが、今年は家の事に集中したいのでとお断りしました。
好きで始めた酒屋稼業だったので後ろ髪引かれる思いですが、10~3月の間早朝から晩までの拘束では何もできないのも事実。
また、酒屋の造りの体制も、社員を中心とし、季節工は雑用係的な位置づけになりつつあるので、今の自分にとって酒屋に行くのは、もう金にしかならないことも考慮すると、やはり潮時なんだと思います。

雇われから完全におサラバするとなると、ヨメは寺子屋を、私は地ビールを、少しづつですが形にしていかなければなりませんね。
また、来年は、県の就農支援資金の評価の年です。目標の所得に達すれば償還免除となるので、この冬は、しっかりと来季の準備をして目標もクリアーしたいとも思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-26 12:58 | 農業 | Comments(0)

お茶目

集落で取組む「農地・水・環境保全向上対策」。
週明けに、中間指導確認があります。
役員で集まって、実施した内容を確認して支出をチェックし、問題ないので、所定の様式に落としているところです。
役所で作ったシステムがあるのですが、私は、手作業派なので、日誌と写真とを一枚一枚確認しながら所定の書類を作成しています。

写真と書類が間違いないかを見ていると、こちらに向かってピースサインをする写真を発見しました。
バルブ切り替えの1シーンだったのですが、ナイスタイミング。
「隣」のオジさんです。なかなかお茶目ですねー。思わず笑ってしまいました。
e0168764_14382848.jpg

こういう気持ち忘れずにいたいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-25 14:39 | 農業 | Comments(0)
「外務省は軟弱外交を止めろー!」「やめろ~」「やめろ~」
黒塗りの街宣車から極大ボリュームで罵声が飛び交います。
一通りアジる方、段々テンション高まって何を言っているか分からなくなる方、様々な人間模様があります。

前職の時、農水省の向かいが外務省。右翼と思しき人達が外務省前に街宣車を止め連日口撃をしていたのを思い出します。
運悪く職場が道に面した部屋で、暑いから窓を開けるとウルサイし閉めると暑いしと大変でした。
役所の無駄遣いは指摘されるところですが、分かり易いところはキチンと節約されていて、冷房は予算大詰めの僅かの間しか稼動しません。(しかも、終業チャイムと同時に切れる・・・定時で帰れる人がいるかっての)

最近のニュースを受け、街宣車の方々はより一層お仕事に力が入っているんでしょうね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-25 10:35 | 生活 | Comments(0)
標記研修会でお話させて頂く機会ありました。
メンバーは土地改良区の理事長の方々。人生の、また農業の先達を前にお話するのは恥ずかしいものです。

研修会の後、土地改良団体連合会の方々と懇談するお時間ありました。
土地改良事業と言えば、M主党のO沢さんのお手打ちで予算がバッサリやられましたね。
その影響が各地に出ていて、老朽化している水利施設等の補修や新規事業ができずにいるとのことです。
都市住民からすれば直接的な影響はないし、施設が壊れようが生産性が下がろうが誰が死ぬわけでなくニュース性はないので、多くの国民の関心外。でも、今でこそ米は余っていますが、潜在的な生産力まで落とすのは将来必ず自分に返ってくることは自覚して貰わないといけないと思います。
政治主導で役人は抵抗できず、農水省の方々は単なる言いなり状態だそうです。情けなし!。
ま、政治はどうあれ、我ら中山間の民は独立独歩なので関係ないですが。

嬉しかったこと2つありました。
1.以前、道の駅の専従だった方が土改連の職員になられていたこと。元々土木系の方だったとのことなので、これで水を得た魚。あるべく姿になった感じでした。
2.後日、話を聞いて下さった某土地改良区の方から励ましのお電話を頂いたこと。自身も規模は小さいが有機農業に取り組まれていて、苦労は分かるから応援している、機会があったら会津にも遊びにきてくれとのこと。後続を思いやる気持ちにともて嬉しくなりました。

人前で話すのはとても苦手ですが、こういう機会を通じて多くの方々と知り合い、多くのことを勉強させて頂いております。
出逢い、ご縁に感謝!です。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-24 20:54 | 農業 | Comments(0)

片想いの行方・・・

特区提案している地ビール(法律上は発泡酒)の件ですが、財務省より最終的な回答を頂いていない状況です。
ラブレターなんぞは書いたことのない私ですが、財務省への再意見は形式的な文章にせず、お手紙のようにして、こちらの熱意を訴えました。
9月中に一定の結論を出すことになっているのに、今もって返事がないので、特区室に問い合わせたところ、10月上旬にはとのこと。
提案、意見、再意見での遣り取りを通して、ま、良い結果は望めないと思いますが、どうあれ、お返事が来るのを楽しみにしています。
片想いの相手から良い返事がくるかどうか・・・。

結果はどうあれ、免許は必要なので、食品衛生法の許可を得るためにどうすれば良いかを相談しに、明日にでも保健所に相談に行きたいと思っています。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-23 10:47 | 農業 | Comments(0)