「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

初めてのこと

気が付けばもう一週間経ってました。
先週、21、22日と葛飾区にある葛西第2中の生徒が民泊に来られました。

本来は、福島市内の農家で受け入れるのですが、大人数だったので、東和地区でも10軒の農家が受け入れました。何故か、我が家も組み込まれ、折角の機会だったので女子生徒3名を受け入れました。
ほぼ24時間の滞在で、農作業を体験するのが主な目的です。

キュウリの通路にカヤを敷いたり、インゲンの葉欠きをしてもらいましたが、時間的に一寸不可全燃焼だったかなと、申し訳なく思い最後の締めに、脱穀のお手伝いをしてもらいました。私が機械に入れる係で生徒さんには麦束の運び屋をしてもらいました。相当数あったので申し訳なかったですが、手引きに「みっちり使って下さい」とあったので心を鬼にして(本当かよ)全てやりました。部活よりきつかったそうです。感想文に何て書かれることやら・・・。
e0168764_22391648.jpg


初めての事なので、どのような農作業体験をさせるのが良いのか?、自由放任が良いのか?機械的に使う方が良いのか?反省点沢山ありました。皆様の意見を聞いて来年に繋ぎたいと思いました。

もう一つ初めての事ありました。夜、暇したので、皆で田圃に蛍を見に行きました。まさか、家の下の田圃にいるとは思ってなかったので、蛍が飛んだ時は驚きました。ここに来て初めて見る蛍。とても綺麗でした。
生徒達も蛍や夜空を楽しんでくれたのでとても良かったでした。

農業・農村の楽しむためにも、この手の企画はどんどん進めて欲しいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-28 22:41 | 農業 | Comments(2)

生物調査のはずが2

e0168764_22153853.jpg今日の民報に生物調査の事が出ていたようです。
当然、写真は子供が鱒を掴み捕ったのでした・・・・。

ま、それはさておき、生物調査終了後は、真昼間から反省会でした。
生物調査よりも反省会への意気込みを感じました(失礼!)。

会場を片付けつつ、鱒をさばき、火を起し、素早い段取りで反省会をセットします。
日頃から、何かと反省会の多い田舎ですので、皆様慣れたものです。

竹を使って一寸趣向を凝らし、田園を風景を見ながらビールを飲むとは何とも贅沢な一時でした。
役員の皆様お疲れ様でした。e0168764_22151625.jpg
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-28 22:15 | 農業 | Comments(0)

心のゆとり

夏野菜の収穫が始まり忙しくなる時季です。
収穫・選別・出荷、管理作業の他、家の周囲の草刈り等々作業が重なり体力的にも厳しいものがあるのですが、それ以上に、計画通りに進まず精神的にストレスが溜まるものです。

至らぬ私なんぞは、疲労とストレスに翻弄されて我を失いがちです。そうなるとヨメの些細なミスに異常に反応したり、思いやりに欠けた言葉を投げかけてしまいます。
冷静なつもりでもそうじゃないんですね・・・・。
そう感じたら、思い切って気分転換するのが良いものです。

小麦の脱穀が終わっていて滝根町にある佐藤製麺へ持ち込もうと思っていたので、思い切って半日オフにしました。

滝根に行く序でに、船引にある「レガメ」で昼食。小洒落たお店です。ベーグルが美味しかったです。詳しくは、http://r.tabelog.com/fukushima/A0702/A070203/7006661/

佐藤製麺さんで、100kg製麺を委託しました。
余り精麦せず味わい深いウドンに仕上げます。今年の出来は如何に?

旨いもの食べて、違う景色を見てよい気分転換になります。
労働は美徳ですが、追い込み過ぎてはいけないですね・・・・反省。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-27 22:11 | 農業 | Comments(0)

生物調査のはずが

集落で取り組んでいる「農地・水・環境保全向上対策事業」。
事業の一環として、地域の子供達を対象とした生物調査を行っています。

山際の流れる昔懐かしの土側溝の用水路には、ツブガイやサワガニ等の様々な生物が生息しています。
昔と違って、子供達がそういう場所で遊ぶことが少なく(皆無?)なり、実地で生き物を知ることがなくなっているようです。子供達に身の回りにある自然を知ってもらいたいと始まりました。
e0168764_0422444.jpg

用水路の周辺を歩き、生き物を観察し、最後に余興で鱒の掴み捕りをしてもらう段取りです。
折角なので、地元新聞社に情報提供し取材に来て頂いたのですが、終了間際に来られ、子供が鱒を掴み挙げた写真を撮って帰られました・・・・。
表題と写真のミスマッチ。どんな記事になるのでしょうかね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-26 00:42 | 農業 | Comments(0)

格上げ・・・

有機栽培のインゲンがなり始め出荷を始めたところです。

出荷は主に有機専門のバイヤーさんなのですが、太すぎたり、長すぎたり、形が悪いものは農協へC品で出荷しています。

欲たかって多めに植えたため、取り切れずに大きくなったものが多数あり早々と農協のお世話になっているところです。
「伸びすぎちゃって・・・へへへ」と私。「早く取んなきゃダメなんだ」と検品の担当者。

今年はインゲンの調子が良くなく、集荷場には例年の半分も出ていません。

今日も同じくC品の出荷に行ったら、検品担当者より、目揃い会で検品したところ、規格よりも一寸長いがスジ良く勿体無いから、早取りを心がけAL、B品で出してくれ言われました。
今日持って行った分もBに格上げされました。

微妙な選別が面倒で全部C品にしてました。以後気を付けます。としか返事のしようがないですねぇ・・・。


農業で一番苦手なのが選別です。苦痛ですらあります。
ある方が、折角なった野菜を人間の都合で選別するのは可愛そうと仰っていましたが、分かる気がします。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-21 21:59 | 農業 | Comments(0)

山に入る

山を使えるようになれば百姓として一人前だと師匠が言っていました。
確かに、昔は、里山の資源を生活、農業生産に取り込んだ循環型農業でしたからね。
畑仕事で精一杯の私ですが山にも目を向けたいところです。

私が住んでいる戸沢地区には、財産区、分集林等の山があります。
先日、戸沢7区保全会(農地・水・環境保全向上対策事業を行っています)の会長より、林野小作組合への入会のお誘いがありました。
この小作組合は、北戸沢の行政区が関係していて学校山を管理しているそうです。

早速、入会して作業に加わりました。年6回程度作業を行って、下草刈りや林道を整備します。昔は財産を守る重要な作業でしたが、今では環境保全といったところでしょうか。

山を歩いていると、山葡萄やマメダンゴ等々普段お目にかかれない資源を発見します。
まさに、お宝の山ですね。もっと勉強しなければならないと思いました。

さて、この小作組合。新規加入は昭和16年以来とのこと。
当時の加入金は1円だったそうです。
山が富の源だった時代に思いを馳せました。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-20 23:23 | 農業 | Comments(0)

真犯人は・・・

刑事コロンボや古畑任三郎なんかは始めから犯人が分かっているので安心して視ていられますが、犯人が最後に分かる推理ものはドキドキするものですね。
最後のどんでん返しで、「真犯人はお前だ」何てなると心臓がドキドキします。

さて、当園のキュウリですが、一回目定植分を収穫中です。
そこそこ成っているのですが、実に注射痕のようなものが沢山あり、形は良いのですが、半分位は捨てることなります。

低温と多雨のため、斑点細菌やら何とか菌の病気かなと思い、調べて見ても同定できず、一体何だろうと悩む日が続いていました。

昨日、キュウリ作業をしていると、何とカメムシがキュウリに張り付き、口から針を出しキュウリを吸っていました。真犯人はお前か・・・。キュウリ吸って旨いのかね。

丁度、普及所の方が来られたので実を見てもらうとカメムシの吸った痕とのこと。
山に近い畑だとカメムシが出やすいそうです。
病気なら土作りで何とでも対応可能ですが、害虫となると難しいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-14 09:19 | 農業 | Comments(0)

表示のこと

道の駅にお米を出してみました。
小さい袋に入れて、ヨメが描いた絵を付けて出してみました。
e0168764_8262563.jpg

陳列するには農産物表示をしなければならないのですが、ルールに従うと何も表示できないことになります。
今回、出したのは、平成21年産コシヒカリなのですが、米穀検査を受けていないので、表示できるのは、「精米」「精米年月日 ×月×日」「未検査米」「国内産」だけ。
悪徳業者のインチキから消費者を守るためのルールだと思いますが、農協出荷せず米穀検査を受けていない零細農家にとっては厳しいですね。

また、未検査というと本来すべきことをまだしていないようでとても嫌ですね。
どうせなら、自分の意思で検査をしないことを表明するために無検査としたいところです。

昔、日本酒に級別制度(特、1、2級のランク分け)があった時、良い酒でも級別鑑査を受けず酒税の安い2級で販売する地方蔵が沢山あったそうです。宮城の蔵では、わざわざ「無鑑査」なんて名称で売っていましたね。

どうあれ、消費者、生産者、流通業者の3方良しの表示制度にして欲しいものです。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-10 07:35 | 農業 | Comments(3)

特区提案

「特区、地域再生集中受付」ということで提案の募集がありました。

現在、検討しているビール(酒税法上は発泡酒)製造計画を具体化するために提案しました。

遊休農地でムギを栽培し、里山からカラハナソウを採取し、それを原料にビールを造るというもの。言うなれば「遊休農地解消・里山保全特区」ですね。

既に、果実酒、リキュールの特区があるのだから、ダメと言われる理由がないように思えますが、さて、国税庁はどうでてくるか。
9月までに一定の結論を出すそうです。所期の結論出た場合でも、各種法令の改正が必要なので順調に行って、来秋だとか。

ま、百姓の思考のスパンは長いので、焦らず待ちますか。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-09 08:02 | 農業 | Comments(0)

凄い人参・・・・

インゲンが取れ始め、自家用にしては多過ぎ、出荷には少な過ぎの量になったので、道の駅に持って行きました。
陳列の準備をしていると店員さんより「凄い人参だね」と言われました。
インゲンなんだけど・・・と思っていたら、先日、頼まれて山人参を持ってきたのを思い出しました。

山に自生していて、朝鮮人参の日本版と言われています。別の名をツルニンジンとも。
健康効能は沢山あるようです。
裏山の所有者が熱心で、今回、大きい塊を持って来られたので道の駅に出品してみました。
30年ものだとか。(残念ながら写真撮り忘れました)

首都圏では100g1,000円が相場で、350gあるので3,500円で出品中です。

形といい、値段といい、確かに凄い人参です。
大物新人となるか・・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-07-07 23:00 | 農業 | Comments(0)