福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

遅すぎた春

金曜日の夕方、霜警報が発令されました。
この辺りでは、5月20日過ぎたら晩霜の心配がないと言われているので、キュウリ、インゲンともに定植を終えていました。
予想だにしなかった事態。

昔は霜に対しては、古タイヤを燃やしたそうですが、環境のため断固拒否すべきですね。
とは言え、焚き火程度では火力不足・・・・。
師匠に対策につき電話してみると、「大丈夫でね。時期的に霜はないだろう」とのこと。
とは言え、心配ですね。手間でもビニールやシートを掛けてみるか・・・。

ふと、屋敷に爺様の「ネムノキ」の話を思い出しました。
で、屋敷の爺様の所へ行き、ネムノキの芽は出ましたか?と聞くと、もう出ているとのこと。
「時代は変わったけど大丈夫だ」

なら安心ですね。覚悟を決めて対策をせずに寝ました。
翌日、肌寒かったですが、霜はありませんでした。

代々の観察、経験の蓄積の結果生まれた言い習わし。
凄いものです。
百姓として、その土地のプロになりたいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-29 23:11 | 農業 | Comments(2)

疑問が晴れました

久々にクリーンヒットです。
ネット記事にありました。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20100527/Nmn_catalog_100527039510_1.html

福島のある酒屋ではモーツアルトを聞かせた酒「蔵粋」を出していますね。

以前、埼玉熊谷にある零細蔵を見学に行った時、蔵内にクラッシク音楽が流れていました。
モーツアルト効果を狙っているのかと尋ねたところ、杜氏曰く、
自分が聞きたい音楽を流しているだけで、クラシックもあれば、ロックもあるし、流行曲の時もあるとのことでした。モーツアルト効果の有無について聞いたら、皆無とのことでした。

その方の話を聞いてからモーツアルト効果に疑問を持っていた私。
今回、ネット記事を見て疑問が晴れました!。
記事では、聞く音楽自体は問題でないと結論付けていますね。
そもそも何でモーツアルトなのか・・・・。黙ってマーラーだよマーラー。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-27 08:19 | 生活 | Comments(0)

なせばなる

例年6月に新規の募集があると担当者より教えられていたので、久々に特区室のHPをみてみました。すると、5月18日付けで新規募集が始まっていました。
6月中の募集で、地方公共団体だけでなく、企業、団体、個人でも良いとのことで、
要綱には、わざわざ、(民間企業、各種団体、個人等が提案を提出するに当たっては、地方公共団体等を経由する必要はありません。)と記載してある丁寧さです。
怠慢な行政が間に入り提案が上がって来なかったのでしょうね・・・・。

現在、特区では、ドブロク、果実酒などが認められてきていますね。
そうなれば、ビールがあっても良いもの。
ということで、ビール(60kl)か発泡酒(6kl)の下限製造要件の緩和を目指して申請してみようと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-27 08:05 | 農業 | Comments(0)

祭りの後

田植え後、初めて田圃に入り補植をしました。

植えられた苗を見て、友人の農家Y君が「これじゃ管理が大変ですよ」と一言。
「どうせ人力除草だから大丈夫だ」と私。

改めて田を見てみると、思ったより綺麗に決まっていました。
昨日の雨で、水が十分入ったので、高低差も分からず、代掻きの悪さも見えません。
やはり、田圃は見た目が綺麗でないとね・・・。

苗の束を持ち、田に入り、欠株のところ、浮き苗のところに植えなおします。
大人数で植えたため、植え方に個性がありますね。
植え込み数が多いところ、まばらなところと様々です。
低い所は当然、植わっていませんし。

今年は冷夏との予報ですが、どんな作になることやら。
教科書通り深水管理で乗り切りたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-26 07:58 | 農業 | Comments(0)

大田植え

先週末、田圃の田植えをしました。
昨年同様、町場の方々との手植えです。
大人、子供合わせて16名。

田植えの準備のため田の水を抜いたところ、
満水の時目立たなかった凸凹が現れてきて冷や汗。
4年目の田圃ですが、過去最悪の田面ですね・・・。
手植え用にガジでラインを引いたのですが、凹んだところは線が見えず。
線が見えないとことはどうしますか?と言われ、
苦し紛れに、イマジネーションを豊かにして植えて下さいと言う始末。

2年目の方もいたことから、お陰さまであっと言う間に終わりました。
やはり農作業は大人数の方が早いし楽しいですね。
皆様お疲れ様でした。


田植え翌日、屋敷の長老が電話を寄越し、早く水を入れろとアドバイス。
夕方から雨の予報なので、電気使ってまで水を入れるのものなーと思いつつ、ご指示通りポンプアップ。序でに、隣の田圃(10年前就農した加藤さんが今年より耕作)にも水を入れました。
西高内水利組合長の職責を全うされる姿に頭が下がります。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-24 07:58 | 農業 | Comments(0)

決めゼリフ

田圃で代掻きをしていると、屋敷の長老が
「それじゃダメだ。水をもっと入れろ!」とアドバイス。
私の田は道から見下ろせるので、どう作業しているか一目瞭然。
轍後、カキ残しがあちこちにあり平らにならない田圃を見るに見かねたのでしょうね。

「こういうデブタ(湿田のことです)は水を入れないとかえってダメなんだ」
とのこと。水を入れて再作業。出来は・・・。
沢山入れた水のお陰で高低差が見えなくなっているだけですね。

御歳87の長老。定年退職した息子さんのトラクタ操作ですら見てられないのですからアドバイスしたくなる気持ちは良く分かります。

我流では技術向上しないので、この手のアドバイスは何時でもウエルカムです。
来年は、田圃作業を1から教えて貰いましょうか。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-20 06:56 | 農業 | Comments(0)

舌切り雀

洗濯用の糊を食べて意地悪婆さんに舌を切られた雀の話ですね。
舌を切った事を謝る爺さんと、反省する雀。
そして、雀のお宿で貰うお土産・・・。
子供心に動物に優しく、欲たかっちゃいけないなーと思ったものです。

さて、今年の水稲の苗作りですが、4月寒かったため成長が大幅に遅れていました。
芽出しが悪くなかなか発芽せず、発芽しても寒くて伸びない状態でした。
ハウスがキュウリ・インゲン苗で一杯だったためハウス外にビニールとシートで覆いをしていたのですが、隙間から雀が多数入り込み成長の遅い苗の籾の部分をほじくり返して食べていました。
味を占めたのか執拗にやって来て、隙間を見つけては入り込んでいました。
その結果、約1/3は喰われてしまったでしょうか。
折角育てのに。意地悪でなくても雀の舌を切った婆さんの気持ち分かります。

雀は無害のように見えて結構厄介な奴です。
それなのに、あの昔話は一体何を伝えたかったのでしょうか・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-19 08:05 | 農業 | Comments(0)

投資効果

費用対効果、Cost&Benefit、なんて言葉は農家でも意識する時代になりましたね。
それだけ世知辛い世の中になったということでしょうか。

先日、新潟の実家の方々が遊びに来られ、義父が蜂箱を5つセットしていきました。
今セットして上手く分蜂させれば秋には巣から蜂蜜がゴッソリ頂ける段取りです。
蜂箱前に香りのする花を置きミツバチを惹き付けます。
初日は、香りのおかけで満員御礼。秋が楽しみになりました。
その後、チラチラみていましたが、数匹が出たり入ったりする程度。しかも、花のない箱には来ている様子なし・・・・。

昨日、用あってやって来た義父が巣箱をチェック。5箱中2箱が見込みありとのこと。現在のところ40%の成功率。さて、全て埋まって、上手く蜜が回収できるかどうか。

蜂蜜はそのまま利用するのが普通ですが、ミードを思い浮かべるのは酒好き故ですね。
因みに、会津の地酒屋が造るミードはとても美味しかったです。
http://www.aiaiaizu.com/mead/minenoyuki.html
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-17 02:06 | 農業 | Comments(0)

第1期工事2

納屋2Fを寺子屋として利用するための一期目の改装が終わり、地元の大工さんが請求書を持って来られました。
1Fにトイレ新設、2Fへの緩やかな階段新設が主なものです。
久々に大きな出費ですが、トイレ新設(配管等外工事別)だけのホームセンター見積もりの半額なので相当安く済みました。

大工さんと話していて、
一寸日数掛かって人件費オーバーだけど、それはこちらで見ますから。
折角頑張っているんだから、できることは協力しなければとのこと。
とても胸がジーンとなりました。
甘やかすと独り立ちできないですよ。次回は厳しく請求下さいと言ったら笑っていました。

話序に、1Fの土間コンクリート打について聞いてみたら、構造的に坪1万かな~とのこと。15坪はあるので、15万。

大工さんが、何をするにしても掛かるんだ。
何かしないと何も始まらないので、と私。
有機野菜を増産して稼がないといけないですね・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-13 06:26 | 農業 | Comments(0)

事前相談2

製造場を何処にするかでストップしている税務署との事前相談。
廃校の話は、見学の後トップ達で選定が進められているようですが、選定して案を市役所に提示して、市役所の対応を待っていては、何時になるやら分からないので、自宅納屋の改造ということで話を進めることにしました。

食品を製造するには、食品衛生法上の「営業許可」が必要です。ということでまずは県北保健衛生事務所食品衛生チーム。どのような施設、設備で製造するのかレイアウト図等を作って何時でも相談に来て下さいとのこと。当然、使用する水も審査の対象となります。

排水関係は市役所。生活環境課環境衛生係。市としては合併浄化槽設置「お願い」している立場なので、施設の排水についての規制はありませんとのこと。水質汚濁防止法上の特定施設でないから規制対象でないのは分かりますが、何もないと言うのは一寸心配ですね。後日要フォロー。

足元を固めて、税務署に連絡。酒税法上は、施設について問題となることはなさそうなので、他法令の要件をクリアーした上でとのこと。

許認可が複数絡む場合は要注意です。どっちが優先ということはなく、同時並行が基本。
それぞれの手続きの見込みを勘案して作業しなければなりませんね。

自宅納屋と決めたならば施設レイアウトと製造設備の検討ということになります。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-05-13 06:05 | 農業 | Comments(0)