福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2010年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

隠し剣鳥刺し

美味しそうな標題です。鳥刺しときたら冷酒で。でも、個人的には、レバ刺し、馬刺しで飲りたいものです。藤沢周平さんを茶化す積もりはありません。ファンの方失礼しました。

今日はヨメの誕生日だったので、お祝いと思い鶏を1羽つぶし料理することにしました。屋敷の方から頂いた産まなくなった鶏です。当家と違って、小屋で飼われ続けたものなので肉は柔らかいはず。

我流「隠し剣」でさばき、晩餐に供しました。合掌。
いつもながら、人間って残酷だなーと思います。
(標題のように鳥刺しにはしませんでしたけど)

折角、お祝い用に供された鶏ですが、肉がとても固く歯が立ちませんでした。
固くて食べられない肉を横目に見ながら、普通の晩御飯を頂きました・・・。

明日にでも、活力鍋(圧力鍋より高圧にできる)で再調理して頂きたいと思います。
再度、合掌!
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-30 20:23 | Comments(0)

祭りの後

NPOによる桑園の開墾も無事終わり、各畑では利用の段階になってきました。
借りた畑については、数年はマメとムギで栽培と土作りをしますが、ベースとして、1)堆肥施用、2)緑肥(ヘアリーベッチ等)と粗大有機物の施用の2方法とすることにしました。
1)については、県農業総合センターと共同で当たり実証圃としました。
2)は昨日、雨降る前に播種したところです。

開墾したての畑は土が落ち着かないので、雨が降ると流れてしまいます。家の前の畑も雨のたび流されたものです。桑園だっただけあって、基本的には傾斜畑なので、雨が降ると心配です。

今日くらいの雨では大丈夫だったので安心していると屋敷の方が血相を変えてやって来ました。
開墾畑(別の方が使っています)から自分の田圃に土砂が流入してきているとこと。
私に言われても困ります、私も一介の受益者なだけなので・・・・。
とは言え、苦情を聞き、理事長へお話はお繋ぎしました。
雨が止んでから土手を作るなり対応するそうです。
屋敷の方が、こういうことは強く言わなきゃダメなんだと一言。

開墾畑脇の水利組合の水路に施工中出た土砂や桑の木が流入し、水路を塞ぎ、昨日やっと自力復旧したところだったですが、まずは苦情を言うというのも手なのですねぇ。
とは言え、相手が知り合いでは言うに言えないですよね。小心者なので。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-28 23:00 | 農業 | Comments(0)

遠い夜明け

廃校の利用についてNPOの方々が市長等有力者に直談判したところ、地域活性化に資するプランがあるなら市としても無償貸与等協力も検討したいとの答えを貰ったとのこと。
それうけ、廃校を利用したNPOのメンバーによる検討会がありました。

メンバーの中には、都市農村交流事業、桑加工等で使いたいとの希望はあるそうで、
私も地ビールで使う希望があるか尋ねられました。

使えるなら使うにこしたことはありません。
施設の有効利用ができますし、賑わいができますからね。

ただ、今回の話だと、まずプランを市に示して、市の判断に委ねることとなるので先行き不明なところはあります。

市が地元に、審査して決めるからプラン持って来いという上から物言いよりは、地域活性化の拠点として有効利用したいから、間借りしたい人いませんか?使ってくれませんか?というようなサービス精神溢れるスタイルであって欲しいものですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-28 12:55 | 農業 | Comments(2)

真昼の

開墾された桑園で根っこの片付けをしていると、防災無線のサイレンが鳴り始めました。
いざ鎌倉!という訳ではないですが、まずは作業を止めて屯所へ向かいます。
平日の日中で集まれるのはごく限られた団員だけで3人でした。

現場に到着すると、県道脇の消火栓より取水を開始している模様。火点までは遠いので途中、ポンプが中継に入りホースで繋ぎます。当班も、機関長の指示のもと、中継予定箇所にポンプとホースを展開しました。

火事は、山林火災で放水開始後暫くして鎮火し、撤収となりました。
晴れて乾いた日に焚き火をして、放置していたとのこと。一寸した油断で火災は発生します。地震雷火事親父ですね。火にはクレグレも注意したいものです。

解散式で4分団が整列すると、戸沢に新規就農し、この4月から消防団に入った2人の新人も並んでいました。地域に溶け込み活躍する姿は何とも頼もしい限りですね。
気が付けば消防4年目の私。後輩もできているのでより一層頑張らねばなりませんね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-27 08:13 | 生活 | Comments(0)

雨の日は

晴耕雨読といかないのが貧乏人の性。

1回目のキュウリの接木の前、雨天の日なら問題ないだろうと思い、埼玉県小川町にあるマイクロブルワリーの馬場さんを訪ねて来ました。

目的は、ビールを飲むためでなく(車でなければ飲みたかったですが)ビール製造設備、製造免許取得について教えを請うためです。

馬場さんの事は各種メディアで紹介されているのでここでの紹介は割愛いたしますが、気になる方はhttp://www.craft-beer.net/zkm.htmlを閲覧下さい。


製造に当たっては、施設と設備の整備が必要です。
施設については、廃校利用の可能性も捨てずに検討中ですが、設備については、何処で製造するにしろ規模については変わらないので具体的にどうするかを答えを出さなければなりません。
中古の小規模醸造機器を輸入された馬場さんのお話は大いに参考になりました。

さて、自分はどうするか?
1.国内の中古を探す
2.海外の中古を探す
3.自作する
の3案が考えられますが、機器ありきでなく、自分がどのような「物づくり」を目指すのかを良く考えてそれにあった機器の導入をしなければなりませんね。

馬場さんから指摘されたように、「何故ビールなのか?」に立ち戻り良く考えたいと思います。

馬場様、お忙しい中、要領の悪い質問を連発した私にお付き合い頂きありがとうございました。
必ずや形にしたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-24 00:56 | 農業 | Comments(2)

贅沢病

イタチに喰われた鶏っ子達。
しばらく空き家だった鶏小屋に、廃鶏が4羽やってきています。
2年飼われたので、1羽が偶に産むのみ。
でも、ペットと思い買っていますと言いたいところですが、太らせて肉にする予定。
で、頂いてきて、太らせようと米糠を喰わせたいのですが、今まで、市販の嗜好性の高い餌を食べていたためか、口にしません。私が米糠・ふすま・カキガラで飼養した鶏とは大違い。贅沢病ですね。そのため、頂いて来た時よりやせ細ってしまいました。
最近、やっと諦めたのか突くようになりましたが、肥え太るからは程遠い状態・・・。

今日、先輩宅で出た廃鶏5羽を頂いてきました。こちらは1年生。家の方針で1年更新だそうです。何とも贅沢なことです。1年生なので後1年は採卵可能。で、9羽同居か?と思いきや、手足を縛られダンボール箱に5羽入れられたいたため1羽はショック死(?)していました。引き取るまでの丸一日狭いダンボールに押し込められていた模様。一寸残酷ですね・・・。

とは言え、1年生4羽、2年生4羽とにぎやかになりましまし。
先輩は後輩をいじめるのが常なので、先輩方はいよいよ退場にしなければならないですね。
もっと残酷・・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-21 21:17 | 農業 | Comments(0)

遊休桑園の有効利用2

開墾が終わった遊休桑園。
国費で開墾した畑をヤミ小作で耕作では格好が悪いので、正式な手続きを踏んで借りることになりました。今回、借りる畑は、約1町歩(10,000m2)で地権者は3人です。

桑園を開墾して普通畑に戻したことから、借りるに当たっては、当初5年間は賃料0円で、それ以後は話し合いで決めるという方針で、各地権者を回り農業委員会へ提出する書類を作成しました。

皆様から何を作るんだ?と質問され、土作りのためにマメとムギを作るとお伝えしたら、一様に、マメは畑に良いんだ、ムギは土地を選ばず何処でも育つから良いんだと言われました。有機農業の世界では、マメ科は土を肥やす、イネ科は土を耕すと言われていますが、元々の農家の方々は教科書を読まずとも、分かっているのですね。

回る中で、皆様から、伐採したお陰で景観が良くなったと言われました。確かに、伐採により見晴らしが良くなりましたし、農業をしているという感じが伝わってきますね。
これからしっかり作付けして皆様の期待に応えていきたいと思います。

今月23日までに申請すれば来月の農業委員会で審査され許可がでることとなります。
他の申請者2名と合わせて、マスコミを呼び仰々しく申請して、遊休農地有効利用の宣伝でもしましょうか。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-20 01:49 | 農業 | Comments(4)

遊休桑園の有効利用

補正予算を受けて始まった桑園開墾事業。
近所のNPOが主体となって昨冬、地域内の桑園を開墾していました。
私も希望を出し、5反歩程度増反したところです。

無事に開墾終わり、いよいよ使う段取りとなってきたのは良いのですが、作業者がプロでなかったこともあり(冬季暇な新規就農者が活躍)、畑には桑の根がごろごろしています。
んーこんな所を20馬力程度のトラクターでロータリーを掛けたらガッタンガッタン振り回されるんだろうなと心配にしているところに、近所の方々が、「これは素人がやったんだべー。今年は畑になんねーなー」なんて言い、益々、心配になります。
でも、楽観的な師匠は、「大丈夫だ、何とかなるんでね。」と仰ります。そう言われると、心配性の私でも安心しますね。師匠の楽観的なご意見は(それが当たらない場合もあるのですが)、悲観的な私を励まします。
そのお陰で4年間やってこれたような気もしますので、気を取り直してやってみたいと思っています。まずは、マメとムギで土を変えていきたいと思っています。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-16 23:11 | 農業 | Comments(4)
と言うとドラマの話に思えますね。でも、違います。
昨日、珍しく、午前中NHK教育番組を見る時がありました。
その番組では、とある大手ハンバーガー屋の原料が何処から来るかが詳細に紹介されていました。
ハンバーグの肉はオーストラリア等、小麦はカナダ、アメリカ等、ピクルスのキュウリはトルコ、インドネシア等・・・等というのは安く安定的に確保するために世界各地から輸入するとのことなので入れました。
見ていると、海外から輸入するにあたり、如何に品質を保つために工夫されているかばかりが紹介され、最後に、日本の食は海外に支えられているんだね・・・と人形親子に総括されてガッカリしました。輸入が如何に環境に負荷を与えているかを紹介しろ!と期待していた者にとってはガッカリでした。
でも、司会者がこれから一年、皆で考えていこうと促していたので、始めはシステマチックな食、物流に触れて、段々と環境に行くのだろうと勝手に期待しているところです。
さてさてどうなるか。受信料分は期待に応えてくださいね・・・・。

ところで、子供の頃、天ぷらソバを例に出して、国内産の物は、丼と薬味のネギだけと教わりましたが、ハンバーガーに変わるところは現代風ですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-15 00:10 | 農業 | Comments(0)

FM MOT.COM//77.7MHZ

暗号のようなタイトルで済みません。
合併して「市」に昇格した本宮市。
どういう経緯かは分かりませんが、FMのローカル局が開局しており、情報発信をしております。
その局のとある番組で普通の人をゲストに招いて、その人の活動なりをインタビューするコーナーがあります。そして、出演した人が、翌週出る人を指名するリレー形式となっています。

お話会の活動の紹介で出た方が、ヨメにバトンを託し出ることに。
どう話がそれたか分かりませんが、夫婦で出ろとなり私も出てきました。
15分程度の短いコーナーです。
ラジオ局は始めてでしたが、道路に面した大きい窓が如何にもFM局って感じですし、
シドロモドロな相手でも上手く繋ぐパーソナリティーさんに感激しました。

二本松市より小さいのに、情報発信し続ける本宮市(行政ではないが)。
以前はエリアが限られていましたが、アンテナを増やし、岩代、東和のみならず松川の方まで聴けるようになったそうです。
どんなことでも、まずはやってみることが大切。
MOT.COMさん心より応援致します。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-14 22:59 | 生活 | Comments(0)