福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

麦プロジェクト・・・

清酒こそ国酒と思っているので、焼酎には関心が向かない私。

本格焼酎そば「福島の風 出逢い」という焼酎に注意を払っていませんでした。
(焼酎にしては値が張るなとは見ていましたが・・・・)

この焼酎、沢山の方々想いと努力の結果、製品化されたもので、モンドセレクションを受賞しているそうです。(モンドセレクションはお菓子だけはありません。念のため)
折からの焼酎ブーム、地産地消ブームに乗り売れているとか。

この流れを逃すまい?ということで、近所のNPOでも、この方々と組んでオリジナル焼酎を作ることにしたそうです。その立ち上げイベントが道の駅でありました。

大麦の生産は昨秋より始まっており、地域内で8反作付けされています。
私も、ビール大麦との比較のため、2a程蒔きました。

どのような焼酎になるか楽しみにですね。
企画者によれば、ソバ・芋・麦の「焼酎3兄弟」にしたいとそうです。一寸古いよ・・・。


打ち合わせだけ参加と思って行ったら、既に懇親会の準備がされており、何とも調子が狂ってしまったので乾杯前に退散しました。
想いはとても大切ですが、まずは段取りをしっかりすることが重要ですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-18 23:58 | 農業 | Comments(0)

何でも食べる元気な子

飢え、食料難を知らずに育った私ですので、幼少の時、好き嫌いが多かったですが、親、先生から好き嫌いなく何でも食べろと教育されたお陰で、今では好き嫌いなく何でも食べられるようになっています。
偏食、グルメよりは、何でも食べる方が生きるのが簡単ですね。

e0168764_5595530.jpg
さて、先日やって来た山羊のクララですが、これがまた何でも食べます。
明るい時は、外に出しておくのですが、観察していると、豆殻、笹、杉っ葉と言った見るからに旨そうでないものは食べます。豆殻、笹は大好物のようですね。
山羊除草(特に笹)を考えていたので願ったりです。シメシメ。

でも、更によく見ていると、青い雑草があれば集中して食べるので、鶏と同じく、「乾き物」よりは「濡れ物」が好きなようです。

e0168764_6022100.jpg

小屋で孤独な時は、悲しそうに「メーメー」と鳴きますが、外に放し好き勝手させている時は、「メー」とも鳴きますが、「フンンン」何て楽しそうに鼻歌?のように鳴いています。
何を考えて生きているのでしょうかね。ヤギリンガルでもあれば面白いのですが。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-17 06:00 | 農業 | Comments(2)

ニューカマー

農業委員さんより紹介のあった山羊を連れてきました。
4ヶ月のメスです。名をクララといいます(呼んでも反応しませんが)。

迎えにいく日は、朝からドキドキしていました。
気持ちとしては養女を迎えに行くような感じでしょうかね。
仕事帰り飼い主さん宅により、連れてきました。

両親と離れるのが嫌らしく、踏ん張る、角を向けてくる等必死の抵抗をし、車に乗せたら「メーメー、メヘッヘッメヘッヘッ」と泣き続け、穏やかならぬ状況に。まるで人サライ・・・。
駅から爺さんと馬車でトコトコといった、赤毛のアンの長閑なイメージは崩れ去り、罪悪感すら感じました。
帰宅後、牛小屋に入れても、ズーッと「メーメー」泣き続けてました。まるで監禁・・・。

最近慣れたのか落ち着いてきたようですが、日中、相手してやれず寂しそうです。寂しがりやさんなのかもしれません。
もう一頭いれば良いのでしょうが、当面は我慢してもらわないと。
またしても、人間の勝手で申し訳ない限りです。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-16 05:45 | 農業 | Comments(0)

ある日突然に・・・

劇的なことも、平凡なこともある日突然に起こるものです。

車に飛び乗り、さあ出発!とキーを回せど無反応。
インジケータ類が何も光らない・・・・。
バッテリーが逝かれたようです。

昨晩は動いていたのに不思議なものですね。
ブースターケーブルを繋げどダメでした。

バッテリー屋のHPで調べると、今回の場合は、バッテリーの寿命でケーブルでもダメとのこと。3年半でした。
初めての経験に意気消沈していると、普通は2~3年で交換するとのこと。
考えてみれば、同じ車を3年半乗ったことは初めてで、今までは2年止まり。そのためバッテリー交換をしたことがなかったです。

気を取り直してホームセンターに行き適合表を見て購入しました。
これで2年持つなら安いものですね。

で、早速取り付けようとしたところ、端子の形が違っていて装着不能・・・・。
またしても初めての経験。毎日付き合う車ですが、知らないことばかりですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-15 05:59 | 生活 | Comments(0)

安らかな旅のお手伝い

「安らかな旅のお手伝い」
映画「おくりびと」で、葬儀屋さんが間違って募集広告を出していましたね。
正しくは、「安らかな旅立ちのお手伝い」だとか。

帰宅後、保全会の打ち合わせまでに時間があるので、鶏を1羽旅立たせました。
お手伝いに程遠く、自ら手を下してしまいました。
3羽目なので要領良くなっていますが、安らかだったかどうか・・・。

肉の中で、鶏肉が大好きな私。スーパーで何の気なしに購入していますが、自ら手を下すことには毎回躊躇してしまいます。
「生きるため」と思えど、鶏を喰わずとも地域で取れる米・野菜で生きていけるし・・・。

自分が卵が食べたいからと飼って、生まなくなったら、邪魔だからと潰すという勝手極まりない行動なので、鶏を旅立たせる時は、いつも自責の念に駆られます。

じゃあ卵、肉食止めますか?
んー、欧米人並みに食べるつもりはないですが、野菜中心の食生活のアクセントに、また、出汁に少量は良いのではないでしょうか?。(当然、酒飲みの時の肴にも!)

と言うことで、悩みながらも鶏は飼い続けることにします。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-14 21:23 | 農業 | Comments(0)

根回し

NPOが取り組む遊休農地(桑園)の開墾は着々と進んでいるようです。
風が吹こうが雪が降ろうが怒涛の勢いで作業しています。
私の家の周りの桑園もキレイになりました。

さて、開墾が良い感じになってきたので、次は使う心配をする番です。
農地法の決まりにより、農業委員会の許可なしに農地の売買、貸借を勝手にしてはいけないことになっています。(と言っても、相対で話をつけて無許可というのも多々あります。そういうのを闇小作と言います)
今回、開墾した農地についても、農業委員会を通すこととしています。

なので、正式に申請する前に地元農業委員さんの処へ根回しに使用予定者揃って伺いました。根回ししないと問題というわけ訳ではないですが、何かトラブルがあった時、間に入って貰うなんて事もあるので、しておかないといけないですね。
使用料等についてアドバイスを頂き無事終了。

昔と違って(言いたくはないですが)農地の価値が下がっているので、貸し借りは簡単になっていますが、何分、相手のある事なので、問題が起きないとは限りません。農業したくても、入り口でコケて就農できないのでは面白くないので、この手のことはそつなくこなしたいものですね。

それにしても、桑の根っ子は、土中を縦横に走り抜き去るのに厄介です。
人よりも桑の根回しの方が大変かも知れません。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-13 18:42 | 農業 | Comments(0)

ハイケイ

僕は元気です。の「拝啓」なら気は楽なのですが、「廃鶏」のことです。
卵を産まなくなった鶏の事を廃鶏と言います。

商業ベースで大規模にやっている卵屋にとって効率良く生んでくれないと採算が合わなくなるので、生まない鶏は正に穀潰し・・・。そう言う鶏達はどうなってしまうのでしょうかね?

私も鶏を3羽飼っていますが、内1羽が生まなくなっています。
ペットとして飼い続けられれば良いのですが、生む鶏を新規に入れるためには更新が必要です。人間の都合で殺生することに良心が痛みますが、止むを得ないですね。(未執行です)

先日、屋敷の方が廃鶏要るか?と来られたので、1羽頂きました。
丸々太った奴で、鶏小屋に入れておいたら、先住民と争いを始める始末。
でも、鶏の世界は、体のデカサで全てが決まるのか、小さい奴が小突かれ小さくなっています。人間の目からすれば納得できないところですが一応平穏が保たれたようです。

取り合えず2羽。やはり人間って残酷ですね。
菜食主義者になればクリアーできる葛藤なのでしょうが。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-10 19:32 | 農業 | Comments(2)

幼い頃・・・

寒さが急に和らぎ3月並の陽気になり、今朝は雪でなく雨がパラついていました。

ふと空を見上げると綺麗な虹が見えました。
何色見えるか目を凝らしましたが、せいぜい4色?。
幼い頃は7色見えた(見えていた)んですけどね。

そう言えば、何時の頃からか、月のウサギが見えなくなりました。
純粋な心がなくなると見えなくなるのでしょうか・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-09 22:24 | 生活 | Comments(2)

針道駆楽部新年会

こんな小さい町ですが自転車のクラブチームがあります。
その名を「針道駆楽部」と言います。総勢20名以上はいるでしょうか。
レースに参加したりツーリングを企画する等活発な活動をしています。

今日は、針道駆楽部の新年会でした。
自転車そのものの話からツイッターの話まで幅広いネタが出ました。
私自身、百姓仕事が楽しく、かつ忙しいのでご無沙汰でしたが、皆様とお話して自転車に対するモチベーションが高まった感じがします。
でも正直なところ、ライフとワークが別だったサラリーマンの時は、自転車のような趣味が必要でしたが、百姓となりライフとワークが同じになった今、趣味の必要性はなくなったと思っています。

そんな気持ちを超えて、やはり、仕事以外の外界との接点は必要だなと思い始めているところなので、今年は、レースは無理にしてもツーリングくらいは出たいと思いました。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-07 23:02 | 生活 | Comments(2)
あだち地域農業振興大会が開催されました。
農協とは余りお付き合いがないので、この手の行事はでないのが普通ですが、今回は、「新たな農業政策のポイントと今後の展望について」との演題で、本省より担当補佐が来られるとのことなので参加しました。
来られたのはI課長補佐。前職の時、同じ職種の数年次上の先輩でとてもナイスガイです。

政権が変わり公約に基づき従来の政策を大転換し打ち出された政策について裏話を交えながらの説明はとても興味深く、また、誰かしらから受けた指摘のセリフを一寸言葉のトーンを変えて再現する話方はとても面白かったです。
政権が変わり霞ヶ関では激動の最中にあるかと思いますが、どんな状況にあっても日本の農業を良くしたいと熱く真面目に働いている方々に、心よりエールを贈りました。

ところで、この所得補償制度ですが、考え方として、米作で恒常的に赤字になる部分を補填してあげるだけで、交付金そのものが農家所得になるものではないとのことです。事業名だと子供手当てのように丸々貰えるような気がしますけどね。

まあ、この制度について言いたいことは多々ありますが、ここで書く話ではないので止めておきます。パネラーとして参加されていた認定農業者会長のMさん(酪農家とのこと)の、「農家は朝から晩まで働いて、暇があれば農業を続けるためにアルバイト。それでいて経営も大変で後継者も少ないというのが実情。もっと現場を見て政策を考えて欲しい」との発言をしっかり受け止め活かしてくれればなーと思いました。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-02-06 21:02 | 農業 | Comments(0)