「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

堆肥の違い

ある堆肥作りの大家の話では、
農産物が腐ってくると、使った堆肥の原料の臭いになるそうです。

鶏糞を使えば、鶏糞の、牛糞を使えば牛糞のような臭いになるとのこと。
講習会の時、密封容器に入った腐敗農産物の臭いを比較しましたが、私には
違いは分かりませんでした。(ま、原料の臭い嗅いだことないので)

面白いことに、無肥料栽培の講習会で、無肥料栽培の農産物は腐敗しないとのことで、
カットして1年ピンとしている農産物を見ました。不思議なものです。

さて、ジャガイモ堀をしていて、偶に腐敗したジャガイモが出てきますが、無臭でした。
昔、師匠のところでジャガイモ掘りをしていた時、腐敗ジャガイモの強烈な
臭いを放っていたのを覚えています。
当園は、無肥料栽培(モミガラ、落ち葉は使うが)で、師匠は多分、完熟堆肥と化成肥料を使っていたはず。臭いの違いは、堆肥作りの大家の話とおりなのか・・・。

農業も、まだまだ未知の部分が多いですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-28 00:29 | 農業 | Comments(0)

連絡

昨日、冬お世話になる酒屋から、今年もよろしくと連絡がありました。
涼しくなって、キュウリの伸びが鈍くなってきて、もう秋だなと思っていた矢先の酒屋からのお誘い。

また、始まるんだなと、前年の反省点、今年の課題等を考えていると段々とワクワクしてきます。
今年はどんな造りになることやら。

後1ヶ月一寸。キュウリの収穫と2回目のインゲンが生長しているところですが、
片付けの段取りも進めないといけないですね。
枯れ上がったキュウリのトンネルを何時までも放置しているのは、やはり格好が悪いものです。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-27 07:55 | 生活 | Comments(1)

ドロトンボ

祭りに向け、消防団ラッパ隊の練習が始まっています。
練習場所は、屋内ゲートボール場です。

練習中、ふとみると、地べたにトンボが止まっていました。
近づいても動く気配なし。死んでいました。

萎れるかと思っていました、羽はピンピンしていて、
全身を支えられるくらいです。

オニヤンマでした。
仲間に聞くと、この辺りではドロトンボと言うそうです。

子供の頃、
足に糸を結びつけて、ペットのように飛ばしたとか、
尻尾を割り箸に固定して、ハネをばたつかせたとか、
楽しそうに話してくれました。

トンボには酷な仕打ちですが、
そういう遊びができたことに羨ましさを感じました。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-24 22:04 | 生活 | Comments(0)

やっぱりツマが好き

刺身がおススメのお店で、出てきた刺身よりも先に大根のツマに手をつけていました。
最近は大人になったので、上から順に食べるようにしていますが、それでも、見ていない隙に、横からツマを狙います。
活きの良いものを提供するお店の方の努力、美味しいものを食べさせたいと折角連れて行ってくれた方のご好意を踏みにじる奴・・・反省至極です。


現在、出荷用にキュウリを栽培していますが、正直なところキュウリは好きでなく、余り食べません。
畑でガブってのはかなりハードルが高いものです。

苦手と言って逃げていてはキュウリ屋として恥ずかしいので、食べる努力はしています。
その中、一番おススメの食べ方がキュウリのツマです。
取り残したキュウリを更に、大きくして、ツマ切りカッターにかけます。
それを、素麺と一緒に食べると美味しいです。これはすごくおススメです。
大根のツマが一緒なら尚良しですね。

ツマとは良く考えたものです。日本人の繊細さが良く表れています。
日本人の食文化、奥が深いですね。
e0168764_12574236.jpg

[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-23 12:59 | 生活 | Comments(2)

ジャガイモ堀り

ジャガイモを今頃掘っていると言っては笑われますね。

作業が山積していて、自給野菜の作業が後回しになっています。
何時までも掘らないと、土中で腐ってしまうので、掘ってみました。

教科書によれば、ジャガイモは栽培期間が短いため、即効性の化成肥料が必要で、遅効性の有機質肥料だけに拘らず、化成も使えとあります。

教科書に忠実であることが上達の基本ですが、
芋類は条件の悪い環境で育つものと決め込んでいるので、毎年、懲りずに、無肥料栽培をしています。
(肥料で取るのでは、土で取るを基本にしたいものですね)

当然、そんな意固地な人間に神は微笑んでくれず、毎年、苦労が報われない収穫となります。
今年もそうでした。1株に1~3個・・・・・。
プロが聞いたたら絶句ですね。

種イモの上にモミガラや落ち葉をギッシリ被せる栽培方法なので、腐っているイモは2、3個だけでした。
これらの有機物が分解されて可吸態窒素になった時、形勢が逆転する算段ですが、道は険しいみたいです。

でも、考えようによれば、種イモを半分に切って植えたものが、1~3個になるのですから、投資効果は、利息が1%程度の銀行の定期預金よりも良いことになります。
その上、味が詰まっていて美味しいのですから質・量ともに言うこと事なしですね。

やはり、神様は努力する人を助けてくれるみたいです。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-19 20:53 | 農業 | Comments(0)

ラブミーテンダー

「面白い方だから一度会ってみると良いですよ」と商工会議所の方からご紹介頂いて以来
お付き合いが始まりました。

渡利にある「テンダーマーケットMANA」の林田夫妻です。
多様なお店で私の語彙力では紹介しきれないので、詳細はHPを参照下さい。
http://www.justmystage.com/home/tender/default.html
野菜と絵本を置かせていただいております。
(とは言え、福島に行く時に、野菜持ち込むので毎日ではないですが)

芯のある優しさからくるのでしょうか、林田さん夫妻には癒されるだけでなく励まされるようです。
また、学びの場にもしたいということで様々な教室を始められることを検討される等、
問題意識、アンテナ共に高く、とても刺激を受けています。
ヨメもそこで初心者を対象とした英語を教室をする予定だそうです。

さて、テンダーと聞いて、「柔らかい」と訳し不思議な名前だなと思い
質問したところ、「優しい」とのこと。恥ずかしい限り・・・・・。
そういえば、ある総理が最後の外遊で盟友と会った時、浮かれポンチになり変な眼鏡を掛けて「♪ラブミ~テンダ~♪」って歌ってましたね。
歌から入れば「優しく」と気付くのですが、ガッツいて肉から入ってしまうと「柔らかい」となってしまいます・・・。
食い意地張っていてはダメですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-18 08:24 | 生活 | Comments(0)

踊る阿呆に見る阿呆

夏と言えば盆踊りですね。

私が住んでいる地区でも、20年位前までは盆踊りが行われていたそうですが、担い手たる若者が減ったこともあり開催されずにいました。

今年は、地区の小学校が今年度限りで閉校することもあり、閉校記念行事の一つとして盆踊りが行われました。盆踊りの最後に打ち上げられる花火の警備のため消防団員として参加しました。

校庭に組まれた櫓、笛や太鼓の音・・・・懐かしいものを感じます。
昔は、盆踊りは男女の出会う場でもあったでしょうから、あの薄暗い照明というのが大切ですね。
一寸期待して行きましたが、昔美男美女ばかりでした・・・・。

盆踊りは単調な動きなので簡単だろうと思っていましたが、見よう見まねで覚えるまで円を何週もしてしまいました。
早朝からのキュウリの収穫、日中のキュウリ管理作業と休みなく動いていたので、踊っていると、段々と頭の中がボーっとしてきて思考停止。笛と太鼓に操られているような状態で、何ともいえない恍惚感。1時間ズット踊っていました。

盆踊りの最後は、花火の打ち上げ。20発(一寸寂しいですね)打ち上がり大いに盛り上がり閉会となりました。参加された地域の方々は多くはこの小学校の卒業生。136年の歴史を閉じる学校にどのような思いを馳せたのか。

ところで、旧町内の7つの小学校が閉校・廃校となり、新しい統合小学校が来春開校されます。地域感情があるから難しいでしょうが、何処か1つにまとめれば良いのになと正直思っています。
東京でも、少子化により学校の統廃合が進んでおり、私の母校については、小学校は、周囲の学校を吸収し地域の学校となり、中学校は、隣の学校に吸収され廃校となっております。
貴重な雇用を生む公共事業なので、ムダとは言いにくいですが、国地方の借金が1千兆を越えている状況にあっては、効果・効率的な投資が求められていると思うのですが。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-17 07:55 | 生活 | Comments(0)

自給を助ける者

今年は小麦が予想より多く収穫できました。
収穫した小麦を天日で良く乾かして、製麺や製粉に回すのですが、今年は製麺屋を変えることにしました。
会津の知り合いの方から教えた頂いた滝根町の佐藤製麺さんです。

洒落たハットを被った、白髪が格好良いオジさんがやっています。
ゴトゴトゴトと製粉機が動いてました。

以前、阿武隈一帯は粉文化だと聞いたことがありますが、
佐藤製麺さんによれば、農業やめて勤め人が多くなったので麦を作る人は限られているそうです。
それに併せて製麺・製粉屋も減少しているので、佐藤製麺さんは貴重な存在です。

お話していると、川内村のDさん、二本松市のOさん等々有機農業や自給自足をされている方々が佐藤製麺さんのところへ麦を持ち込まれています。
麦は米と並ぶ大切な作物ですが、作っても製粉・製麺できなければ(麦芽は自分で作れますが)食べることができないので、佐藤製麺さんのような小規模な加工業者は命の綱ですね。
これからも頑張って自給を助けていただきたいと思います。

歩留まりが高いこと、納期が短いこと以上に、試食に頂いた乾麺が美味しかったので
出来上がりが楽しみです。17日にはできること。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-12 07:50 | 農業 | Comments(2)

花の色は

うつりにけりないたづらに・・・・・。中学の時分、百人一首大会の決勝でこの歌でお手つきをして負けたのを覚えています。中学のガキにはまだ早すぎたのでしょうね・・・・・。

それはさておき、今インゲンを栽培していますが、
花の色は「白」です。膨れたサヤを割ってみると白い種が入っています。
頂いた阿武隈伝統野菜の「赤豆」の花は「赤」です。

なるほど、実の色と花の色は同じなんだなーと一寸発見。小躍り。

でも、自然はそんな簡単じゃないようで、
最近、開花が始まった大豆の花は、紫でした・・・・。

一体、どんな法則があることやら。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-06 20:21 | 農業 | Comments(0)

セロリーが伸びてます

無農薬野菜宅配のDを守る会へ出荷するた
e0168764_2292659.jpg
めセロリーを栽培しています。

吹けば飛ぶような小さな種を蒔いてから早3ヶ月。
着々と成長しています。
定植時の写真はこちら
http://nanaxsa.exblog.jp/tb/10443695

向かいの山にある畑なので、キュウリ、インゲンが始まってからは見に行くヒマがなく、どうなっているか心配でしたが、今日行ってみました。
マルチを張っていたため株元周辺には雑草はなかったですが、畝間にはものすごい雑草が・・・。
遠目に見て大きくなったと思っていたのは、実は、この雑草でした。

早速、鎌で草を刈り綺麗にしました。
蒸し暑い中にいると、セロリーの臭いに清涼感に似たものを感じました。

現在45cm位の大きさで、目方が500g位です。
出荷規格は1kg以上なので、丁度折り返し(重さでみた場合ですが)に差し掛かったところでしょうか。

でも、こんな臭いのキツイ野菜をどうやって食べるのでしょうか・・・・・・。
出荷できない分を自家消費していたら、体臭までセロリーになりそうですね。

欲しい方いたら、お分けしますよ。何時でも。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-08-05 22:09 | 農業 | Comments(2)