「ほっ」と。キャンペーン

福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88
地方創生ということで、各自治体において似たような組織が立ち上げられ、様々な戦略が練られています。
国の旗振りの下、様々な計画を立て、頂けるお金は頂いて何でもチャレンジするのは良い事だと思います。

しかしながら、これまでの国主導の地域活性化の取り組みの結果が現在であると認識するなら、国の旗振りに従うだけなら、これまでと同じ結果になることは目に見えてますね。それとは別に、地方、地域の中に大小問わず自律的な経済の仕組みを持つことが、今後の地方の発展のために必要だと考えております。
そうでないと、中央からの補助金、助成金、仕組み的配慮(ふるさと納税もそうですね)がなくなれば終わりという代物になってしまいます。会議の場でお伝えしましたが、意を汲んで頂けますでしょうか?

そんな心配を持ちつつ、資料を拝見しましたら、「(4)農業の振興と経営の安定化」という中で、「有機農業・エコ農業の推進など中山間地域等における・・・」という記述がありました。エコ農業という概念は如何なるものか不明ですが、「有機農業」の文言まで踏み込むのは立派。(ま、県がそうですからね)安心しました。

とは言え、「農業の振興と経営の安定化」とは裏腹に、子供2人抱えて農業に勤しむ新規就農者のK林夫妻は、来季、東和子供園への入園を断られ、経営規模の縮小をするとのことです。
「東和は農業する人に厳しいところだ」と残念がってました。流石に、上品な彼なので「二本松死ね!」とは言いませんが、爺婆のいない夫婦の子供を受け入れないとは農業するなと言う事ですよね。
言っていることとやっている事が違い過ぎる・・・。

立派な戦略や計画があっても、それを動かす人間が育っていず、情報が共有されていなければ、何の意味もないことですね。まずは、些細なことですが、そういったことを積み上げていくことも重要だと思います。



[PR]
# by sekikonko88 | 2017-02-13 23:17 | 農業 | Comments(0)

狩猟免許試験

10年前、定住してきた時は、有害鳥獣の被害は限定的でしたが、今では自宅周辺でも普通にイノシシが目撃され、田んぼが荒らされる等の被害が続出するようになりました。
山の向こうの山木屋地区で営農されておらず食べ物がないからだと言われていますが、兎に角ひどい状況です。この冬は、罠に掛かったイノシシを既に3頭頂いたますし。

そんなことから、自存自衛のため私も狩猟免許(2月5日試験)と猟銃所持許可(2月19日考査)を取ることにしました。狩猟免許については、猟友会主催の狩猟講習会が事前にあり、懇切丁寧な指導により受講者の99%は本試験を合格します。

とは言え、試験は試験なので、狩猟読本と例題集を数日前から勉強しだしました。
法律は簡単ですが、動物の判別がやはり難しいですね。

試験なんて何十年振りなので、当日の朝は、何とも言えない緊張感。
(と言いつつ、前夜はゆんたで酒飲みで朝帰り。激しい頭痛・・・。)

落とす試験ではないので淡々と回答するだけで終了。
次は、いよいよ本丸の猟銃です。

経験者が、いい加減な勉強では落ちるよとアドバイスしてくれたので頑張ろうと思います。

[PR]
# by sekikonko88 | 2017-02-09 21:50 | 農業 | Comments(0)

信号機

震災の年に郡内の有機農家と共に「オーガニックふくしま安達」を組織し首都圏へ向け組織的出荷を開始したのですが、原発事故の影響もあり、出荷開始3年にしてとん挫してしまいました。
首都圏での販売不振を受け、軸足を地元へ移し販路開拓をしたところ、ご縁に恵まれ地スーパーチェーンと繋がることができました。
卸さんを通じた間接販売と直接搬入する直接販売の2ルートが可能となったことから、そのチェーンのフラッグシップ店のみ2年間直接販売させて頂きました。
農業しながら、月・水・土の週3回配達は大変ではありましたが消費者からのフィードバックを得られる等勉強になることが多々ありました。

その1つとして、信号機の不思議があります。

セッカチな私は、時として勢い良く走ってしまうことがあります。
移動時間そのものは価値を生まないから、出来るだけ短く済ますという奴です。
でも、勢い良く走っても、信号機は赤というのが世の常。

週3回も東和ー福島の往復をしていると、赤信号で止まることのないことに何度か出くわすことがありました。単なる幸運なのか?
その走行の記憶を総合すると・・・、確かに偶然もありますが、速度規制通りに走っていると意外と信号に引っ掛からないのですよね。
それ以来、どうせ早く走っても先の信号に阻まれるのだからと逸る気持ちを抑え、速度規制に従って走るようになりました。
単に齢を取っただけかも知れませんが、何となく良い感じです。

[PR]
# by sekikonko88 | 2017-01-31 21:02 | 生活 | Comments(0)

有機農業の推進

県庁の知り合いよりご案内を頂いたので「食と農で育む人のつながりを考える交流会」(H29.1.28開催)に参加しました。コーディネーター、オブザーバー(農林水産部長)、スピーカーとして県内の農業者、料理研究家、活動家が壇上にて熱いトークを繰り広げました。若い農業者達が、それぞれの環境で頑張っている様子が伝わってきてとても良かったです。


最後に、各自が抱負を語り、それを受けオブザーバーが、県がH29に取り組む事項について説明しました。

1.GAP、2.有機農業、3.販売強化、4.ネットの活用 とのこと。

まさか、有機農業が挙げられるとは思いもよりませんでした。


過去を振り返れば、県自ら認定機関になるなど福島県の有機農業への力の入れようは日本一だったのですが、原発事故により、安全対策、風評対策等の施策が優先された結果、冷や飯を食わされていた感は否めませんでした。しかしながら、6年が経とうする現在、いよいよ再起するのかと思うと嬉しい気持ちになります。


有機農業の普及ためには、双方波長を合わせて飛躍したいと思っております。



[PR]
# by sekikonko88 | 2017-01-28 22:04 | 農業 | Comments(0)

貴様も言うようになった

長男が勢い余ってか漏らしてしまうことがあります。
ゴメンナサイ・・・と意気消沈した感じで謝るので、特に叱りもせず大丈夫だよと流していると、「父ちゃんも小さいころ、お漏らししてたんだから良いんだよね?」とニコニコと開き直っています。
お前が言うセリフでないだろ!と思いつつ、大笑いしてしまいました。

その夜、夜更かしをしていると、隣の部屋で寝ている長男が、「おしっこ~」と寝ぼけた様子で襖を開けてやって来ました。(開けた後は律儀に閉めるのが面白いです)
おしっこ終了後、添い寝したら直ぐに寝てしまいました。
可愛いものですね。
翌朝は、オネショすることなく、「出てないよ~」と誇らしげ。

大人が言うことを直ぐに真似て(状況はどうあれ)使いまわす姿に愛嬌を感じますが、いずれは、当を得た鋭い言葉を投げかけてくるのでしょうね・・・。
自分がガキの頃と比べれば、素直で要領良く適応が早いような気がします。
子供ってのは凄いですね。

[PR]
# by sekikonko88 | 2017-01-24 22:15 | 生活 | Comments(0)