福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

山の神講

昔で言う「5人組」を今は「屋敷」と言い、
「屋敷」が幾つか集まって「行政区」となります。
行政区は、都会で言えば町内会みたいなものでしょうか。

私が住む「屋敷」は7軒で構成さています。
田舎暮らしでは、屋敷付き合いが重要です。
新参者の私にとって、屋敷の方々から教わることは多いし、
色々な面で助けて頂いております。

当屋敷には、古くからの慣わしで
2月、11月に「山ノ神講」
5月に「八十八夜」
が行われます。

山ノ神講は、
百姓仕事(山仕事)の安全を祈願するもので、
この地域では、飯館村にある「山津見神社」を
祭って行います。

先日も2月分が開催されました。
昔は、1日半掛けて色々な行事したそうですが、
今は、夜集まって男衆で酒を飲むだけです。
田舎では何かと飲む機会多いのですが、
屋敷だけで集まって飲むのはこの時だけなので、
近況の他、昔の話を色々と聞くことができて楽しいです。

因みに、山ノ神講は男だけの行事で、
女性が参加するのは、八十八夜のみとなっています。
何故かは今度聞いてみます。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-02-24 19:23 | 生活 | Comments(0)