福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

悲しい別れ

我が家では採卵用に鶏を飼っています。
現在4羽。
6羽まで増えましたが、1羽病死、1羽は昨日旅立たれました・・・。
鶏は一般的に、産み始めて1年半過ぎると
ペースが落ちてくるそうです。

確かに、初年度入れた鶏は、満2年を迎えつつあり
さっぱり産まなくなりました。喰う量は同じなんですけどね・・・・。

ペットでない以上、ただ飯を喰わす訳にいきませんので、
自ずと運命は決まると言うもの。

古株2羽のうち、完全に産まなくなった1羽と
悲しい別れをすることにしました。

解体の仕方は、ネット上で公開されているので
ここでは触れませんが、最初に頚動脈を切るまでは
それなりに、迷うものです。
人間って残酷です。鶏さんごめんなさい。

驚いたことがあります。
羽を毟っている時、放し飼いにしてる他の鶏達が
寄ってきて、毟られた羽を一生懸命つつき食べてました。
更には、遺骸に付いている羽をも突いて食べようとしています。
自分達の将来もこうなるとは知らずに・・・。
鶏って逞しい生き物なんだなと思いました。

解体した鶏は、美味しく頂きました。
牛と違って、熟成する必要がなく、新しいほど旨いそうです。
レバーやハツはとても美味しかったです。
合掌!
[PR]
by sekikonko88 | 2009-02-14 20:40 | 生活 | Comments(0)