福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

有害鳥獣達との対決

当地に来て10年経ちましたが周囲を見回してみると、10年来お導き頂いている地域の皆様は一様に10歳年を取り、当時と比べ勢いがなくなったように思えます。また、当時、借りることすら考えられなかった優良農地(この辺りでは日当たり良好な水田)が放棄されるようになり、売買の話が普通に聞かれるようになりました。そして更に有害鳥獣被害が急速に拡大しています。至るところ電気柵が張り巡らされ、ワナも多数仕掛けられていますが、知恵を付けた動物達は更に上を行っているような気もします。まるで人間が檻の中で生活しているようです。
この地での生活を続けていくために、地域の様々な課題に向き合わねばなりませんが、短期的な課題としては、有害鳥獣対策が挙げられます。
私の家の敷地にまでタヌキ、イノシシが侵入し、様々なものを食害していますし、子供達への危害も心配されるので、早く手を打たねばなりません。
隠れ家、進入路となりそうなヤブ退治は進めていますが、決定打ではないようです。

これ以上、連中をのさばらせる訳にはいかないので自ら狩猟免許を取ることにしました。
農塾の講義で、猟師さんに一通りお話を伺っていましたので、今年度最後の狩猟免許試験を受けることにしました。併せて、同月に実施される猟銃等講習会も受け、あわよくば同時に頂くつもりです。

まずは試験に向けて一寸ずつ勉強しています。
さて、結果はどうなりますやら・・・。


[PR]
by sekikonko88 | 2017-01-10 22:30 | 農業 | Comments(0)