福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

戦後70年

敗戦から70年のこの年。パラオ、都慰霊堂と陛下の「慰霊の旅」は続いています。
関連はないにしても、特攻隊員の生き残りの板津忠正さん(知覧特攻平和会館の初代館長)の訃報が流れたり、戦艦武蔵の遺骸がレイテ湾海底より発見されたりと、戦後70年の節目の年に、太平洋戦争のことがクローズアップされた感じです。

当時を知る方々が段々といなくなり、戦争がイメージで語られることが多くなってきた感じがしますね。
「永遠のゼロ」では特攻を美談が如く扱っていましたが、人を捨て駒が如くの命を軽んずる作戦は、まさに愚策の表れ。死ぬ覚悟で事に当ることは重要ですが、必ず死ぬことを前提にするのはいけないと思います。

ヨメの爺さんは終戦間近、愛媛の航空隊の配属になり特攻を覚悟し行って見たら、木造の擬装機が滑走路に並べられていたのを見て敗戦を確信したそうです。このような状況であったことは上層部は分かっていたに拘わらず、自分たちの保身のために民の無知を利用して無茶苦茶させた事実。その代償は、とても大きかったことを忘れては先の大戦で亡くなられた方々が浮かばれません。

過去の同胞の失態を知るのは心苦しいですが、同じ轍を踏まぬため、しっかりと過去に学び、事実を見る目を養って行かねばならないと思っています。




[PR]
by sekikonko88 | 2015-05-30 23:43 | 生活 | Comments(0)