福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

木幡の幡祭り

「前9年の役」まで遡る、950年の歴史を誇るお祭りです。
役場在職中以来10年ぶりに見に行きました。

e0168764_025452.jpg

やはり雪が少ない感じは否めないですね。旧暦なら十分な雪があるかも知れないですが・・・。
とは言え、この幡祭りの時には雪が降るジンクスがあるそうで、12月1日も雪が振り、祭りに貢献しました。
やはり歴史の重さは違いますね。

現場を歩いてみると、祭りをされている方々以外に、消防団あり、運転者会ありと地元活動組織の応援あって成り立っているんだなと実感します。
針道、木幡、太田地区には大きな祭りがあり、地域の一体感?があるのですが、私が住んでいる戸沢地区にはそれがないため、一寸寂しい感じがします。


それにしても、私が何時も疑問に思っていたのですが、何故、朝廷は地の彼方である東北まで兵を送ったのでしょうか?。車や飛行機がない時代ですから、問題なければ放っておけば良いものを、わざわざ兵を送って征伐させるとは、そうさせる「何か」があったのではないでしょうか?
歴史は勝者のものと言います。習った歴史でない輝ける歴史が、この東北にあったのではないでしょうか?
西日本の朝廷らが羨ましがる程の「何か」が。
今、この辺りで生活していて、その可能性を感じています。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-12-04 00:12 | 生活 | Comments(0)