福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

古賀茂明先生

時の人ですね。
一寸古いですが「日本中枢の崩壊」という本を読んでみました。
読んでみて、(良い意味にも悪い意味にも)よくもまあここまで書いたなーと思いました。
国民が知らされていない霞が関ムラの正体?の暴露というところでしょうか。

俺が正しい、組織が間違っている!との調子で、干される原因となった公務員改革の裏側を斬り、更には思い出話をしながら、悪習を斬る。斬りつけられる側は嫌な思いしたでしょうが、これも全て国民の利益のため。
憂国の士ですね。

ただ、正直思ったのが、30年間もの役人経験がありながら、「公務員改革」で失敗し干されるとは考えがたいです。何か別の理由があったのではないか?と思いました。
正論を展開し、マスコミで世論を味方に付け正面突破するのが氏の手法で、公務員改革でも同様に試みたのは分りますが、それにしてもその正論が極端すぎる・・・。独断・独善だけでは無理だと分っているはずなのに。

だから、もしかして、氏は、出世コースから外れ始めたことに、大博打と言うことで、大胆な公務員改革を打ち出し、政治家、マスコミを引きこみ、一気に抜きん出ようと策動したのではないか?なんて思ったりしました。
深読みしすぎか・・・。

そういえば、前職の悪友が、とある事務局で古賀氏と同居したことあるそうですが、「訳の分からないこと言う使えない奴だった」なんて言ってたな・・・。実際は如何に?
[PR]
by sekikonko88 | 2012-04-20 07:48 | 生活 | Comments(0)