福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

不確かな情報が拡散していきますね

行政区の集まりでのこと。
住民の方々の世間話。
「市役所で測って貰っている井戸水、水道水の放射能値が大きく下がったんだ」
「うちもそうだ・・・」
と、ここまでも事実関係だけなので問題ないですが、ここで声の大きい方々が入り、
「何時までも値が大きいと騒ぎになるから、低く出るように機械をいじってんだ!」
「んだ、んだ」
となってきます。

現在では、県内外どこでも放射能測定できるので、そんな小手先のウソを付く必要もないでしょうに。
思い込み、憶測でしかないですね。(発想が前近代的なテイストで面白いですけどね)
でも、世間話、うわさ話の怖いところは、検証されることなく、そのまま伝言ゲームされてしまうことです。
田舎に拘わらず、ネット上で同じ事が起こっていることをみると日本人共通なのかも知れません。


この根底には何があるのでしょうか?
行政への不信(敵愾心)でしょうか?。不安を煽るのが楽しいのでしょうか?

正語は簡単ではないですが、ウソを付くと閻魔様に舌を抜かれるので、言葉は気をつけねばなりませんね・・・。
[PR]
by sekikonko88 | 2012-04-08 07:44 | 生活 | Comments(0)