福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

味覚って・・・本当に恐ろしいことです。

除染について会長が農協へ直談判に行った時には、当初の説明の時よりも柔軟な対応となっていました。
説明会での伝え方が(時間の制約で)悪かったのか?後に改善されたのか?は分りませんが、会長は納得されていたようです。私個人的には線量の高低に関係なく一律の作業を課しているのは納得できないですが、少しでも地域がまとまる方向で動けるなら、それはそれで良いことです。

ところで、この件で緊急に某所に集まった時に、お茶だなんだからと酒飲みとなり、その家の方が急場シノギの肴を提供したのですが、それはウインナーと冷凍食品のたこ焼きでした。
私は次、回るところがあったので、お酒は固辞しお茶を飲んでいたのですが、その肴を一口食べようものなら、その味付けのキツさに舌がヒリヒリしてしまいました。
酒飲みの時は感覚が麻痺しているので気がつかないですが、こんなもの食べていたのですね。
塩辛いとかの次元ではなくて、調味料等が原因だと思います。
偶然にもこんな記事がネットにありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00000023-jij-int

本当に恐ろしいものは何でしょうか?
自分の味覚が作られているのではないかと恐ろしくなりました。
消費者のニーズという美名に隠れて食品メーカーは何を企んでいるのだか?

素材の味の分る、違いの分る農業者になりたいものです。
[PR]
Commented at 2012-03-28 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sekikonko88 at 2012-03-28 22:57
こちらこそご無沙汰です。お元気ですか?
甘味料や食品添加物程度で人が死ぬとは思えないですが、問題は味覚が作られてしまうことだと思っています。味オンチは生まれ付きもあるかも知れませんが、作られてしまうのではないのかな・・・・と一寸心配しています。
by sekikonko88 | 2012-03-27 22:16 | 生活 | Comments(2)