福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

震災見舞い

時期を逸してますが、「遅れてもしないよりましだ」との諺もあるので、震災見舞いに伺いました。

伏拝地区は、4号線バイパスが崩れたことにより、避難指示がでました。φ300mmの水道管が破裂して床下浸水の家屋があったそうです。
福島家づくりネットワークのメンバーの方で、県産材の家の普及に尽力されてます。
避難を終え仕事を再開してますが、仕事のキャンセルの他、放射能に汚染された木はダメとの話もあり、辛い立場にあります。でも、メンバーの方々と自分達に出来ることはやって行こうと、建物の耐震検査をしつつ、仮設後の家づくりを念頭にした活動を始められています。

次に伺ったのは、ヌーベルバーグという無添加パン屋さんです。
地場産小麦でパンを作りたいとのことで、夏に当園の小麦(粉)でパンを作って頂いたことあります。震災では、街場だったこともあり、電気、水が止まる、材料が手に入らない等の問題出ましたが、早々に営業を再開させ頑張ってらっしゃいます。お店にもお客様が次々と訪れていました。やはり良いものを目指して客は来るのですね。
とても、正義感溢れる熱いマスターで話していて楽しいです。
大変ですが、それぞれの持ち場で頑張りましょう!とこちらか励まされてしまいました。

諸先輩方々、それぞれの持ち場で頑張っています。私も負けずに自分の持ち場で頑張ります。
[PR]
Commented by 植木信夫・承子 at 2011-04-17 15:14 x
お久しぶりです。以前お伺いした福島市松川町の植木です。今回の大震災の被害のひどさに心を痛めています。わたくしたちも何かできないかと思っていたところ、浪江町から避難された家族に家を貸すことにしました。
私たちも普段は横浜に居て、月一度くらいしか行けないので、誰かに住んでいただいた方が家も喜ぶだろうと考えましたので…。
避難された方は、地元では稲作農業をしながら農協にお勤めとのことです。
浪江町は、東和地区に役場機能を移転したと聞きましたので、そのうちその方と東和を訪ねるかもしれません。
 少しでもできることがあったら、していきたいと思っています。頑張ってください。
Commented by sekikonko88 at 2011-04-18 06:59
お元気ですか?浪江の方々は東和地区にもいらっしゃいましたが、今では温泉宿等へ分散し、人数は減ったようです。
一戸建て借りられたのなら避難された方も安心ですね。東和地区には空家が沢山あるので、そのまま定住されて頂けると良いのですけど。こちらも何かお役に立てることあれば何でもしますので宜しくお願いします。
by sekikonko88 | 2011-04-16 22:32 | 生活 | Comments(2)