福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

先達より学ぶ

穏やかで多くを語らない、妻方の大伯父。
相手への気遣い。身のこなしは紳士そのもので、私はいつも尊敬の念を抱かずにはいられません。その大伯父は今年で御歳94歳!、私の倍以上です。

昭和13年の日支事変で召集され、満期除隊後再召集され、終戦まで戦地にいたそうです。実に7年。中国、台湾、南方へと転戦されました。復員後は仕立て屋さんとしてご活躍され、引退後は趣味、社会貢献と充実の人生を送られています。
当時の話はとても貴重なので、お話を伺いたいと思っていたのですが、当時の話をすることは自慢話になってしまうからと、終戦以降誰にも話していないとのこと。

とは言え、この先行きの分からない不確かな時代にあって、戦中・戦後を生きた方のお話を伺いたかったので厚かましくも挨拶がてら伺ってみました。
「運が良かったんですなー」と淡々と仰られます。
戦友も同級生も殆ど亡くなられ、現代の私からすれば想像もできない苦労をされたと思うのですが、その一言に凝縮されるようです。でも、お話していて、そのお言葉の重みを実感しました。やはり、折々の決断は必要ですが、最終的に運なのですね。

最後に、石原都知事の例の発言(あの発言は被災者に発したものでないでなく、今の日本に発せられたものと解されます)を支持し、テレビのバカ番組を見るに付け「こんな日本にする為だったのか?」と嘆かれていました。
後続として、恥ずかしくない生き方をしたいと心に決めました。
[PR]
Commented by 櫻井由美子 at 2011-03-30 09:22 x
はじめまして埼玉の櫻井と申します。私は岩代の出身で、今は埼玉に住んでいますが、原発の避難で広野町や双葉町の方々が埼玉に避難してくると聞くたびに申し訳ないという思いでいっぱいです。
両親と弟が岩代の住んでいますが、今のところは「お米、水、白菜はあるからだいじょうぶだ。ガソリンもいれたばかりだし」とのんきなので私がモニタリングして電話しています。
二本松は細かくモニタリングしてくれているので安心しています。奥様の大伯父さまの戦争の話、私も祖父によく聞かされ、自慢話もありましたが、銃弾が当たった写真や傷をみせられ、戦争を間近に感じた子どもの頃を思い出しました。戸沢にも親戚がいて羽山のりんごを作っている親戚もいますが近くなのかな~と想像しています。
東北道、磐越道も開通したそうなので近々実家にも行こうと思っています。
しばらく、落ち着かないですががんばりましょう。

Commented by sekikonko88 at 2011-03-31 19:07
放射線量については低下の傾向にあるので、今のところは大丈夫だと思います。原発に然るべく処置がされれば安心なのですが。岩代出身で親戚に羽山リンゴ農家さんがいらっしゃるとは近いですね。傍から考えるより、こちらは平穏なので普段の帰省と同じで来られると宜しいかと存じます。
ご祖父様も大変な経験をされたのですね。戦後60年以上となると当時を知る方少なくなり、学ぶ機会が少なくなるのが残念です。
当面は落ち着くの信じて頑張るしかないですねぇ。
by sekikonko88 | 2011-03-29 20:45 | 生活 | Comments(2)