福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

真実はいづこに

避難している大熊町の知り合いが心配で電話をしたところ、「直ぐに逃げろ」と言われました。公表されている数字は少な過ぎで、レベル4はありえず、今は時間稼ぎをしてるだけとのこと。100km、200kmではダメで関西まで行くべきとまで言われました。

避難エリアが拡大されてからでは遅いということで避難している役場と県に掛け合って、ヨウ素剤を地域住民に配布してもらったそうです。
当該記事です

原発の状況がどうなのかは分かりません。
大丈夫と思う根拠はありませんので、そこまで言われると自分の認識が甘いのではないかと怯んでしまいますが、とりあえず、「消防団員として地域住民の生命と財産を守る義務があるので・・・」と答えておきました。

ご意見はご意見と伺っておいて、やはり、報道や政府の判断を信じて(根拠はないですが)大丈夫と思うことにしました。

でも、会話の最後に、お見舞いに伺いますと言ったら、今はいいから落ち着いてからゆっくりと言われました。なる程、深刻な事態と思いつつ、上手く解決されると思っているようですね。やはり、安心しました。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-18 13:01 | 生活 | Comments(0)