福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

そのような事がないことを祈ります

児相の方より里子の安否確認の連絡がありました。
こちらからすると、街場に住んでいる職員の方々、実母の方が不自由していないか気になります。水が出ないところもあるが何とか大丈夫とのことでした。こう言う時は農村の方が強いですよねーとしみじみ言われてました。

下の子のBCG注射を新潟でしたい旨相談したのですが、県が違うので申し訳ないですが・・との事。
新潟から戻る時、県境近くでは凄い吹雪でしたが、運よく前を除雪車が走っていて無敵気分だったのですが、県境でUターンしていった時は心細くなりました。
それぞれ仕切りがあるので無理は言えないのは承知ですが、やはり、現場には現場の事情があるので、その時々で柔軟に運用されればなーと思います。(全くの身勝手ですが)

それはさておき、
まだまだ、安否の確認も終わらず、何十万人が避難所生活をしていて、更に原発がどうなるか分からない状況では確かな事を言えませんが、被災された方の中には、親を失い寄る辺もない子供がいるだろうことは十分想定されます。
県内の施設は一杯で、浜では施設そのものが機能するか分からない状況なので、念のため受け入れ体制を整えておきたいとのこと。
日常にかまけて考えが至りませんでしたが、悲しいですがありうる事です。
考えるだけで悲しくなるので考えたくないですが、そのような子供がでない事を祈るばかりです。でも万に一つあるならば、できることは何でもしないといけないですね。
[PR]
Commented by SUGI at 2011-03-18 13:17 x
大人達が手を差し伸べなければ子
供たちはどうすることもできないことってたくさんありますよね。子供達の笑顔は、全ての人を明るくしてくれると思います。早く被災者の子供達が心から笑える日がきてほしいです。
Commented by sekikonko88 at 2011-03-18 18:28
あの日以前に戻ることは無理にしても、一刻も早く皆が笑顔を取り戻せるようになって欲しいですね。心からそう思います。
by sekikonko88 | 2011-03-18 05:04 | 生活 | Comments(2)