福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

日常と非日常

同じ福島でも浜通りとここでは大違いです。
浜通りの状況は厳しさを増していることが報道により明らかになって来ています。
何とか役に立ちたいですが、身勝手せず公の動きに期待し、動ける時に動けるようにしたいと思います。

この辺りでは、地震による大きな被害もなく、原発から(直線距離で)40~50kmなので屋外退避も出ていないことから、一応、ゴミ収集もされるような平常を保っています。
ただ、状況が状況なので、学校は休みですし、燃料の供給がないので(あっても1人10リッターまでとのこと)普段より車が少ない状況です。

とりあえず何不自由なく生活できるので、普段と変わらない日常生活を送っていますが、何処まで日常のように生活すれば良いのやら。
借りている田んぼの正式な貸借の手続きもしたいところだし、農地・水・環境保全向上対策の22年度の報告書も完成させたいところですし、その他諸々の作業が山積しています。

大地震、原発事故と緊急事態であることには変わりないのですが、現在そして復旧後の普通の日常生活を考えると、やはり、そう言った事もしておかないといけない気がします。

日常生活をしつつ、被災地や原発の事を意識しつつでは、やはり落ち着かないので、しっかりと決着して欲しいと思います。

被災された方々を思えば、こんな事を考えるのは不謹慎ですね。反省。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-16 21:48 | 生活 | Comments(0)