福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

自分にできること

6:00起床の青年海外協力隊の駒ヶ根訓練所。
起床15分前に鈍い揺れを感じました。心落ち着きませんでしたが、それ以外は何も変わらない朝でした。その後、炎上する街の映像が流れ事態の重大さを知りました。
阪神淡路大震災です。

協力隊員(正確には出所までは候補生です)たるもの、訓練を中止して援助に駆けつけるべきだと熱い御仁があられましたが、目的が違うのだから行くなら辞めて個人で行くべきというのが大方の意見でした。気持ちは分かりますが私もそう思います。人にはそれぞれ持ち場がありますから。

現在、東北一帯が厳しい状況におかれています。
避難所に食料、燃料がないという状況を知るに付け、家の食料や燃料を積んで被災地に向かうとか何かできることはないかと考えてしまいます。

とは言え、個人が勝手にそんなことをしても迷惑というもの。
また、今後のことを考えると百姓たるもの、しっかりと食料生産を自覚しないといけません。
自分の持ち場を守る事が一番国のためになるのでしょうね・・・。
もどかしいですがそれしかないのかも知れません。

自身の生業をこなしつつ、事態を注視していきたいと思います。
[PR]
by sekikonko88 | 2011-03-14 21:22 | 生活 | Comments(0)