福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

歴史探訪

東京から友人達が遊びに来ました。
伊達政宗に凝っているということで、小手森城址や霞ヶ城を案内しました。

小手森城址は、畑から見えるほど近くですが、今まで登ったことがありませんでした。
急な上り坂、階段で天辺まで行けます。
頂上は、杉に囲まれ、石垣が少し残るだけですが、伊達政宗の800人撫で斬りを思うとゾックとします。詳しくは下のHPで。
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/kanko/kanko/towa-3.html

霞ヶ城は言わずとしれた二本松藩丹羽氏の居城ですが、その歴史は天正の頃まで遡ります。

毎年、霞ヶ城で菊人形祭りが開催されるのですが、大河ドラマをネタにした展示で、今年は「龍馬伝」。箕輪門の石垣に、デカデカと「龍馬伝」の赤字の看板がぶら下っていて幻滅。
戊辰戦争時、二本松藩に攻めてきた西軍は、薩摩、長州、土佐の連合軍7,000。城下、城内で死闘を繰り広げ落城という悲劇があったことを考えると複雑な思いですね。

それはさておき、城内は立派な公園になっています。池や立派な松を愛でながら歩いていくと本丸跡に至ります。本丸の石垣に登ると360度の大パノラマで遠くは郡山のビッグアイまで見えます。城主はさぞ気持ち良かったでしょうね。

最後に、二本松少年隊の奮戦の地、大壇口に案内。北上する西軍を見下ろせる丘に陣取り戦って果てた少年隊。慰霊碑がひっそりと建っていました。

地元でありながら、余り訪ね歩く機会はなかったですが、改めて歴史の深さ、重さを感じる1日でした。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-20 10:45 | 生活 | Comments(0)