福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

これを異常と言わずして何と言う

「外国人研修・技能実習制度」というのがあります。JITCO(国際研修協力機構:法務省・外務省・通商産業省・労働省が関わっているようです)という財団法人が実施しています。
年間人を受けて入れているとのこと。
日本の進んだ技術を身に付けて母国で生かして貰うことになんの異存もありませんし、是非、国際協力の一環で進めて貰いたいものです。

ただ、この制度に関わる報道をみていると実態はどうなっているのか?疑いたくなります。
7月3日付けの記事では外国人実習生の過労死が報じられていました。

更に調べてみると、09年度には研修生27名の死亡が確認されているそうです。
確か、年間、7~8万人(裏取ってません。)滞在して研修受けているとのことなので、凄い死亡率です。(交通事故の死亡者が約10,000人に1人)
http://www.jitco.or.jp/cgi-bin/press/detail.cgi?n=353&ca=&a=&y=

身近に研修生がいないので、どのよな実態か分かりませんが、
3K職場、厳しい労働環境、日本への不適応等々で辛い環境にあるんだろうなと勝手に思ってしまいました。
異国の地で亡くなるのはとても辛いことです。あらゆる面でサポートして技術を習得して元気に帰国できるような制度であって欲しいですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-09-09 07:48 | 生活 | Comments(0)