福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

引導を渡す

成り行きで、ペットとしてではなく喰われる運命で我が家へ来た鯉。
1日プラ箱で泳がせていましたがサバきの時が来てしまいました。
心の中は迷いばかり。困った時の師匠頼みと言うことで、鹿肉のお礼してなかったなーと持って行きました。
が、珍しく不在。婆ちゃん含め家族皆です。黙って置いていくのも不気味かと思ったので持ち帰りました。
そして、マナ板の上へ。
眉間を叩けば気絶するとあったので、気絶させたのですが、包丁が入ると大暴れして大変でした。慣れぬ手つきでの解体は筆舌に耐え難いものがあるので割愛致します。
人間ってとても残酷です。
e0168764_20461236.jpg

生き物から食べ物へ変わった時、眼の輝きが失われていったのが分かりました。
「頂きます」の意味を実感しました。合掌!

「喰われ糞になれ」と魚に引導を渡した禅僧がいたそうですが、そこまで達観はできそうにないです。
でも、そう言っても旨いものは旨いですね。また罪を犯しそうです。

鯉は、あっさりした肉ですが、濃厚な出汁、脂が出て、とても美味しいです。
関東人にとって「コイコク」はご馳走です。
美味しく頂くのが最大の供養ですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2010-04-04 20:47 | 生活 | Comments(0)