福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

杉を伐る

向かいの山(お隣さんの裏になります)から、チェーンソーの音、人の掛け声、バリバリと木が倒れる音が聞こえてきました。向かいの山には、大家さんの杉林とその上側にお隣さんの杉林があります。その杉を伐っているようです。
高い杉の木がなくなれば、もっと陽が当たるようになるかなーと期待していましたが、数本伐って止めてしまいました。
何とも不自然な伐り方だったので、聞いてみたところ、お宮を新築するために、設置場所の杉を伐ったとの事でした。納得しました。

田舎だと、自宅に必ず立派な神棚がありますし、敷地内に大小問わず、祠やお宮があります。
また、折々に付け餅や赤飯等を神様にお供えしたりしています。
本心からか、昔からの惰性かは、その人次第でしょうが、何とも
e0168764_201524.jpg
奥ゆかしさを感じますね。
身近に神様を感じて生きることができるのは、自然相手に農業をやってきた農民の特権かも知れないですね。
[PR]
by sekikonko88 | 2009-12-10 20:01 | 生活 | Comments(0)