福島に移り住み早8年。脱サラ夫婦2人(+子供2人)の安全安心おいしい農的生活です。コンの日記 http://nouka.blog68.fc2.com/ もご覧下さい。


by sekikonko88

フキ2

またフキネタです。

フキは皆同じかと思っていましたが、色々な種類があるそうです。
普通のフキよりも早く大きな葉っぱをつけるフキが柿の木の下に自生しています。
茎も太く食べがいがありますが、はっきり言って不味いです。
良く煮て別の味を付けないと食べれたものではありませんでした。

爺さんに、そのフキの事を聞いたら、
「あればナンバフキだ。うちにデカイフキがあるけど、あれはアキタフキだ」
とのこと。秋田の人間大のフキは有名ですね。でも、このデカイフキ共に旨くないそうです。
旨くないのに、何故野放しにしてあるかを尋ねると、春先一番にデカクなるので、昔は食用に重宝したとのことです。

なるほど。人様の山で自生できたのには訳があったのですね。
でも、今は、普通のフキの方が全然旨いので喰わないそうです。
食料事情が好転した証でしょうかね。

それにしても、山に入れば、我慢すれば(?)食べられるものが、まだまだありそうです。
e0168764_20464252.jpg

[PR]
Commented by シガ at 2009-05-13 14:46 x
オレら小・中学生のころは、学校で「蕗とり」が年中行事でありましたが、今はなくなったかしら?


小学校はPTAが、中学校はたしか生徒会が主催?で、児童、生徒一人あたり、20㎏の蕗をとりました。それを売り、学校の備品購入なんかに使ったのかな。


オレは蕗とり(山歩き)が大嫌いだったなぁ!

精々とっても、2,3キロしか採らず、あとは親まかせでした。
Commented by sekikonko88 at 2009-05-14 19:37
20kgは凄い量ですね・・・・。「蕗とり」今やっているかどうか。農協は6月に2回集荷しているようですが。学校の蕗とりは、聞いた話だと、爺さん達が孫のためにと競い合い、軽トラ一杯積んで来た人がいたんだとか。
by sekikonko88 | 2009-05-12 20:46 | 生活 | Comments(2)